2006/8/22

プラモギター続報  音楽総合
 
長い長いサーバーメンテナンスが終わり、男前日記も復活でございます。タダで借りてるので文句を言うのもアレですが、1日サーバーが止まるというのは、さすがにマズイっしょ>teacupさん。ま、携帯からもアクセス良好になりましたので、その点はエエのですけど



さて



8月も下旬になりまして、こころなしか朝晩の風にも、時折涼しさを感じたりしています。単に暑さ慣れしてきただけかもしれませんが、まーなんとなく秋の気配もありにけり。どこからともなく、コオロギや鈴虫の音色も聞こえてきますし


今年も、あと4ヶ月ちょいとなりました。おぉ早ぁ。と思わず言うてしまいます。そういえば、年頭に立てた予定・計画のうちで「夏までにはなんとか」とほざいていたものもありましたね。はっはっは




まったく出来てません orz




くまヒッツ2(ライブアルバム)も、ボチボチな制作進行ですので、ひょっとすると来月でも難しいかもしれません。今年中には必ず出しますが



ほんで、途中でストップしたままの1つがコレ
↓(画像1)
クリックすると元のサイズで表示します


新しくギターを1本作っちゃお☆計画。プロジェクト名「プラモギター」です。フロントピックアップ(弦の振動を拾うマイクのこと)が決まらず、めぼしいブツがあっても高値のため入手せずで、のびのびになっていました



しかしながら、ようやく目当てのフロントPUを安値でゲット。ダンカンの初期型「'59」というブツです。これで一気にカタをつけてやるぜ!…と思ったら、今度は予定していたセンターPUの高さが、ボディの座掘りと合いません orz


やむなく代替品として、以前持ってたフェンダーJのPUを仮装着することにしました。どうせこのギターでは、センターポジションはあんまり使わんでしょうし、またメボしいブツがあれば交換すればエエだけのことです



配線中(画像2)。クリックすると元のサイズで表示しますギターの内部配線はシンプルなものですが、この作業ではハンダ付けが最大のポイントとなります。とりあえず、神業ハンダは健在でした(笑


手前に見えるグレーの物体は、ニチコン製のオイルコンデンサ。このコンデンサは、いわゆるオールドトーンは出ないんですが、音の輪郭はシッカリあり、エフェクトとも相性がエエです。数値と全配線は、企業秘密なのでご容赦をば


テスターで全部の導通をチェックしてみましたが、とりあえずOKの模様。理屈の上では、これで音が出るはずです(汗



あとはネックですね〜。例のスキャロップドネックを付けます。さすがにこれは自分では出来ひんので、またヒマを見てリペアショップに持って行きます。年内お披露目なるか!??


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ