2006/8/19

日本映画沈没?  エンターテインメント総合
 
映画版『日本沈没』を見てきました。ひとことで感想を述べますと




金返せ!!




な映画でした(怒。いやもうね、「人間ドラマを中心に描いた」という時点で、ある程度のショボさは予想はしてましたが、考えてたよりヒドくて最低最悪でした。CGはそれなりやったんですけど、脚本と主役の演技が破綻してまして、パニック映画にも恋愛映画にもなりきれず、ホンマにまぁ「金返せ!」な内容でした



「アルマゲドン」や「デイアフタートゥモロウ」を安物にしたような展開も気に入りません


【ネタバレ注意】
日本の沈降を防ぐため、プレートに核爆弾を仕込んで、列島とプレートを切り離すのやそうです。ほんで、その爆弾は、例によって「遠隔操作ができない」のですね。お約束ですね



というか、これやと話が「第二部」につながりませんやん。映画単発用の脚本で、「別物」としてとらえろというコトですかいな。そりゃ甘え過ぎですやろ。「フランダースの犬」リメイク版で、最後にネロ(主人公)が死なへんという展開がありましたが、それよりもバカバカしいですがな



徹底して描き込まれた原作を、2時間ちょいの映画にするのは、どだいムリがあります。それをわかった上で言いますが、どこをどう削るか、どう見せるかが、監督の手腕やと思うんですけどね。まるであきませんでした。金返せ!(涙


それにしても、これがヒットしてるのが解せないです。原作や映画版旧作の刷り込みもあったのでしょうが、「この映画はスゴイでっせ〜!!」という宣伝に乗せられた方も多いんではないかと思います



ええ、わしもその1人ですが何か? orz



ちなみに、関連して?こんな作品も公開されるそうです

■CINEMA topics online『日本以外全部沈没』

筒井康隆氏の、あのバカ小説を映画化するそうです。ヒマで金余ってたら、見に行ってやらんこともありません(不遜w



それよりも、やっぱりコレを見に行くべきでした…!

■アルバトロス・フィルム『マルキ・ド・サドの調教哲学』


わしとしたことが・・・(不覚 orz


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ