2006/8/18

デフレスパイラル  音楽総合
 
この日記、携帯でアクセスすると、時間帯によってはかなり重たいようです。同じteacupでも、他のサーバーは比較的スイスイなんですが、starサーバーがNGな模様。ご迷惑おかけしております。盆休み中なのか、来訪者も少ないので、それが幸いですが



今日は遅番ということもあって、朝から整体へ行って来ました。待ち時間が結構ありましたので、時間つぶしに雑誌でも読むかと、「KANSAI1週間(講談社刊)」という情報誌を手に取りました。表紙に



立ち寄りラブホ特集♪



と書かれていたのに惹かれたワケではありません(笑。というか、わし、そんなん読んでも意味ないし orz



パラパラッとめくって気付いたんですが、この雑誌には、「ぴあ」や「Lマガ」でお馴染みの「ライブハウス情報」のページが無いんですね。今週はどんな音楽屋が出演するのか、ハコごとにまとめたアレです


もう1冊「Kansai Walker(角川刊)」なる情報誌もありましたが、そこにもライブハウス情報はありませんでした。これは、先行2誌との差別化のためのモノなのか、それとも、ライブハウスは、もはや大人の遊び場ではない、という意味なのか…



ま、ぶっちゃけ後発2誌(1週間とWalker)は、どーもタイアップくさい、言い換えれば商業宣伝くさい誌面や内容ですので、単に金の出せないライブハウスの情報を載せてないだけなのかもしれません



それにしても、インターネットで手軽に情報が得られるこの時代、情報誌も生き残るために「ラブホ特集」ですか。コンビニに置いてりゃ、子供も読むかもしれんのに、ある意味開き直りですな、これは


この手の雑誌で、辛うじてマトモに読めるのは、個人的にはLマガのMeetsぐらいです。あとは面白くありません。てか、ほとんど読まないのですが



などと考えてましたら…



またしても寂しいお知らせ

■LiveHouse Bahama

アースシェイカーらを輩出し、ある意味、関西ハードロッカー達の聖地でもあったアメリカ村のライブハウス「バハマ」が、今年の11/23をもって閉店するそうです。閉店理由は「もう役割は十分終えた」とのこと



また老舗が消えるよママン(涙 orz



しっかし、ライブハウス減り過ぎですよ>大阪。いったい何件残っているのでしょうか?


■yellowspan「大阪府のライブハウス」


アメ村サンホールや八尾シルキーホールが載ってなく、またジャズ系のハコも載ってない上に、なぜか沖縄のハコも紹介されていて、データとしては「??」な部分もあるのですが、ここが一番まとめてあると思います


該当69件のうち、閉店(予定分含む)と他県データを除き、上記2店舗を加えますと、65件になります。しかし「これはライブハウスか?」というモノもありますし、他に小規模なハコ(アコ専は除く)もあると思いますので、現存する大阪のライブハウスは、だいたい90件前後やないでしょうか



人口比率で考えますと、ちょっと少ない気がします。さらにこの中で、特にロック系で「老舗」と呼べるようなハコは、もうほとんどありません。時代の流れとはいえ、寂しい話です



ま、音楽関係で身を立てたいなら、ナンボ言うても東京へ出る方がエエです。なので、大阪からは、どんどん音楽屋が流出していってます。必然的に、出演バンドのレベルは下がっていきます。それでも「経営」はせねばなりませんので、クソでも「お友達動員」の多いバンドを抱えるようになります。すると、ハコに付く固定客が減っていきます。以下デフレスパイラル↓




構造上の問題でもありますので、誰がどう悪いというものでもありません。ただ、なんというか、このままやとアカンようになるでしょうね、大阪の音楽シーンは。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ