2006/8/17

星に願いを  日常たわごと君
  
台風10号のおかげで、ここ数日、ちょびっと涼しげな風が吹いています。今年の夏は短いで〜、盆過ぎたら秋やで〜、と思ってましたが、まだまだ残暑は続きそうです



さて、本日の注目ニュース

■nikkannsports.com「太陽系の惑星は12個、IAU認定へ」


すいきんちかもくどってんかいめー


じゃなくなるの?


どうもそうらしいです。これまで太陽系内における「惑星」の定義は、あいまいやったそうですが、このたび「十分な質量があってほとんど球形になり、恒星(太陽)を回る、恒星や衛星以外の天体」と定義し直すらしいです。直径800Km以上のヤツが「惑星」になるのやとか



これにより、新たに火星と木星の間にあるセレス(小惑星の親玉みたいなヤツ)、冥王星の衛星とされていたカロン、米国が冥王星の外側に発見して「第10番惑星」と主張していた2003UB313の3つが「惑星」として加わることになります


合計12ケ


セレスといえば…




痛くなったらすぐセレス♪(違w


ローマ神話に出てくる女神の名前やそうです(ケレスともいいます)。豊穣の神様やったような記憶が。



カロンといえば…



「カロンの渡し守」by スコーピオンズ♪


これは星のネーミング由来そのまんまです。カロンはギリシア神話に登場する冥府の川の渡し守。ちなみに、冥王星とカロンは互いに互いの周りを回ってるのやとか


どうでもよろしいが、2003UB313って、めっちゃ読みにくいし覚えにくいですよね。冥王星の外側にあるので、いっそのこと「黄泉星」とかどないでしょね。どんどん不吉になりますが(笑



ただ、2003UB313のさらに外側にも、こたびの「惑星」の定義に該当する星々があるらしく、どうも12ケでは済まない模様です。セドナやクワオアーって星もあるんですが、たぶん2003UB313より外側にあったはずです。まだ他にもあるのでしょう


それぞれ


獄門星


悪霊星


八ツ墓星


病院坂の首くくりの星



などと勝手に命名し、子供達に覚えさせたいものですww



セレスもカロンも、カタカナっちゅーのが粋やないですね。セレス=豊穣=大黒星(七福神からw)、カロン=渡し守=六文星(三途の川の渡し賃から)ってのはどないですかね。なんとなく庶民的でよさげなんですが(笑


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ