2006/6/14

中は見ないでぇ〜  音楽総合
6/14は「バケレンタインデー」ということで、今日からコワイ話が解禁になるそうです。うそです。でも、蒸し暑くなってきましたので、涼を取るためにも、またスキを見て霊バナシでもしますww


さて、ちょっくらエフェクターボードの中を整理してました。最近はライブのたびに、使うエフェクターや接続を微妙に変えてますので、何をドコへやったのか、ちゃんと整理しておく必要があるのです。なんせ迷路のような部屋ですんで(汗


エフェクターというのはアレですね、ギターなどの音色に、何らかの効果を与える機材(またはアプリ)のことですね。とりあえずギター歴だけは長いので、わしの手元には、やたらとコンパクトエフェクターの類があります


中にはマニア垂涎なブツもあるのですが、そういうのは当時には大して人気がなく、かなりの安値かギター購入時のオマケで入手しました。わざわざクソバカ高いプレミア付きで買うほど、わしは機材フェチではありませんし、そんなゼニもありません orz




ところで、みなさまはエフェクターの「中身」をご覧になったことはありますか?中には小人がぎょうさんおって、それぞれ役割分担しながら仕事をしているのです。なワケないですね

クリックすると元のサイズで表示します

画像1)左:BOSS HM-2、右:ARIA ADT-1

別にレアものなブツではありません。中古市場でも安値で買えるような、まぁそれほど人気のない機種です。ちなみに両機とも、かな〜り昔から使っています


いちおう簡単にインプレしときますと…

■BOSS HM-2
:Heavy Metalという名前の、いわゆるディストーションです。しかしながら、出てくる音は70年代ロックそのものという、名前とは違ったサウンドキャラクターで笑えます。ピッキングニュアンスもちゃんと出せまして、ボス特有のコモった音質を除けば、意外にもブルースなんかで使えるような音です。ただし、シングルPUとは相性エエのですが、ハムではしんどいです。あと、これは初期型なのでノイズ対策を施しておらず、ジーガーうるせえです。ほんの一時期ですが、クラプトンも使ってたそうです


■ARIA ADT-1
:これも同じくディストーション。当時モノの宿命として、しっかり音痩せしてくれます。ただ、ボスのDS-1のようなカリカリした音ではなく、やや丸みを帯びた音で、個人的にはコチラの方が良かったので残してあります。どちらかといえば地味な音質なんですが、シングル&ハムとも相性が良く、今風のモノよりも使い勝手の良いディストーションやと思います。最大の問題は、ケースがプラスチックなこと。割れるゆーねんww

アリアブランドのエフェクターは、なかなか良いモノが多いのですが、「アリア プロ2」ブランドになった途端、一気に品質が落ちました。なんででしょね?



それでは中身を公開

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

裏側(底)のパネルをはずします(画像2)。ネジ4本留めの簡単な構造です。フタをパカッとはずしますと、基盤の裏が見えます(画像3)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

左(画像4):BOSS HM-2、右(画像5):ARIA ADT-1、こんな感じです。HM-2の方が発売が後やったこともあり、複雑な回路をしてますね。同じディストーションでも、ADT-1は、ヘたこくと夏休みの工作のようにシンプルな回路です。シンプルな分、ノイズは少ないですし、改造の余地もありますが



そして何のオチもないまま、本日の日記はおしまいww


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ