2006/6/13

ヤツらの羽音のバラード  日常たわごと君
今日も蒸し暑いですね。窓全開with網戸にしてるのですが、どこかに隙間があるらしく、例のプィィィーンとかいう電子音を鳴らしながら飛来する昆虫が、室内に紛れ込んでいる模様。今年もQちゃんマシーン(カトリス)に活躍してもらわなあきません


この手の害虫駆除剤は、各社から出ていますが、対モスキート用については、どれも大きな違いは無いように思えます。カトリス、ノーマット、蚊曜日、それぞれ家で実験しましたが、ぶっちゃけ効果の違いがわかりません(笑


ま、薬剤のニオイがし始めると、それまでプィィーンとかぬかしとった蚊どもが、「プヒョロロr〜〜」とかいう羽音に変わりますので、それぞれ効果があるのは間違いないです


対ゴキブリ用は、据え置き型と噴射型がありますが、いままで試した中で一番効果があったと感じたのはコンバットでした。設置して以来、チビゴキすら姿を見たことがありません。いちおうパッケージには「効果は半年」とありますが、わしの部屋では1年以上その効果はあったようです。しかしコレ、他社製品よりもチト高めなのが難です


噴射型も、いろいろ試しましたが、CMでやってるほどの即効性は期待できませんね。きゃつらの生命力はハンパじゃありませんので、かなりの至近距離から一斉に大量噴射でもせんかぎり、瞬殺はムリです。やはり素手かスリッパですな。あとが大変やけど(汗



ところが、コンバット以上に強力な製品があると、仕事場のオバチャンに聞きました。ほほぅ、それは何かねワトソンくん?と尋ねましたところ、アース製薬の「バポナ」というブツとのこと


こやつ、プレート状になっていて、吊るしておくだけで薬剤が揮発して、殺虫効果があるらしいです。蚊どころかゴキも、まったく家に寄り付かなくなるとか。オバチャンはそう話してました


ふうん、そんなブツがあるんや。と感心してましたが、「買う時に印鑑がいるんや」と聞き、おや、それはかなりの劇薬なんではないかえ?ということは、人体にもよろしくないんではないかぇ?と思い、帰ってから調べてみました


アース製薬製品情報



うーむ



このバポナ、有効成分が「ジクロルボス」というヤツでして、DDVPともいわれます。まぁいわゆる有機リン系薬剤で、発ガン性があるとされています。注意書きに、人間が出入りする場所では使用禁止とあるそうですが、日本国内の住宅事情、一般のご家庭で「人の出入りしない場所」などあるのでしょうか??


というか、これはあくまでも業務用で、一般家庭用ではない気がするのですが。いくら効き目があるというても、あとあとエライ目に遭うのは勘弁ですよ。わしゃコンバットで十分です


【参考】
・バポナについて
・吊るすだけの殺虫剤、バポナの危険性で厚労省が注意喚起


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ