2006/6/2

うさことマイク  日常たわごと君
昨晩は、うさこが小屋の床をダカダカ踏みならしてくれたおかげで、ほとんど寝てません(涙。うさこの暑さ対策でアルミ板を敷いてますので、爆睡してても飛び起きるほどデカイ音になるのですよ。最近はお利口さんにしてたのですが、なぜか時々、思い出したようにやってくれます。ウルトラ迷惑です orz


とりあえず、鼻ピンの刑に処しておきましたw


しかし、うさこのコレは、どうも病気っぽいです。というのも、床を踏み鳴らしている時、うさこは首をゆっくり振りながらボーッとしているのです。クリックすると元のサイズで表示しますこの症状はウチに来た時からありました。ほんで、「これこれ何をやっとるのかね?」とアタマを撫でると、ハッと我に返るような感じでして


前にも書きましたが、こやつは遺伝異常がありまして、後ろ足の指本数が足りないのと、目の色が赤みがかっています(アルピノでない限り、通常うさぎの目は黒っぽいです)。里親のショップからは「他にも異常が出てくるかも」と聞いてますので、ひょっとしたら脳にも障害があるのかもしれません


でもまぁ、床ダカダカさえせえへんかったら、めっちゃカワイイんですけどね。相変わらず「おかえりのチュウ」もしてくれますし(笑。おやびんの安眠のためにも、早く学習してもらいたいもんです(切実 orz




ところで、マイクを買おうと思っています。いや、定番マイク(SHUREのSM57とか)は持ってるのですが、新たに歌入れ用コンデンサーマイクを仕入れようかと。今回ばかりは、さすがに新品で考えてますよw


アナロガー計画のために揃える機材は、あとイコライザーだけになってるのですが、なかなかコレといったブツが見つからず、入手がずいぶん先になりそうなヨカンがしてきましてね。それやったら、探してる間に「音の入り口」であるマイクも、いっそのこと新調してしまおうかと思うたんですわ


とは言え、例によって貧者な身分ですので、ノイマンのような高級メーカーのブツが買えるはずもなく、安値でパフォーマンスの高いブツを物色せざるを得ません


しかしながら、各マイクを試せる店なんぞ、そうそうありません。とりあえず、知人の持ってるマイクをいろいろテストさせてもらってます


試したブツの個人的なインプレですが…


RODE NT-2
:安いコンデンサーマイクの中ではヒット商品なんですが、うーん。どうもハイ(高域)が耳につきます。決して悪い音ではないし、伸び感はあるんですがね、好みの音ではありませんでした。声が細めで高域中心に歌うヒトならエエかもしれませんね

AKG C3000B
:安値コンデンサMICの入門機とされています。さすがAKGだけあって、音には安定感があります。しかしながら、NT-2とは違った感じの「ハイが耳につく」感もあります。なんかムリに高域を引っ張ったような、そんな音です。まぁキライな音ではなかったので、候補に挙げときます

MXL V67
Marshall Electronicsという米国メーカーのブツです。アンプで有名なマーシャルではありませんw。上記2つに比べると、逆に高域は物足りなく、ちょっとアレな感じです。女性Voにはキツイかも。ただ、ボーカルで一番オイシイ中音域はシッカリ出てて、ドン!と来る感じでした。これも候補

SEIDE PC-Me
:「ザイド」と読みます。某雑誌でノイマンU87に近いという評価を受けた(らしい)マイクですが、うーん、これはNT-2よりもシャリ感が耳につきます。U87は、こんなに倍音を強調したような感じではないので、やはり雑誌記事は鵜呑みにしてはイカンな、と(笑。これはパスですな



以上の4つを試してみました。あくまでも個人的な感想なので、どうかご理解をば。他にお勧めありましたら、安値なブツ限定でw、教えてくださいまし


クリックすると元のサイズで表示します
せっかく作ったので掲載…(呪w



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ