2006/5/20

熱!ふくわらい音楽ショウ  ライブ・活動
昼過ぎには青空ものぞき、まさに絶好のライブ日和となりました本日。とうとうやってまいりました「ふくわらい音楽ショウ」でございます!


しかし、前日までの重労働がたたり、起きた時点でプチぎっくり腰状態のわし(涙。やむなくダッシュで整骨院へ向かったところ、いつもよりガラ空きでラッキー!と思いきや、結構重傷やったようで、かなり念入りに施術されまして、病院を出たのが1時半!ぐわ、ギリギリやん!


という感じで、荷物を背負ってエッチラオッチラとClub Jungleへ。すでに現地には全バンドさんが集合(除:WOEP)。うーむ、素晴らしい気合いの入り方です(除:WOEP)。orz


素晴らしいのは集合だけやなく、リハ、進行ともに、すべてほぼオンタイムという徹底ぶりでした。事前にお願いはしてましたが、みなさん自主的に管理したはりました。4組出るイベントでは、これはなかなか出来ません


あとは、どれぐらいのお客さんが見に来てくれはるか、です。だいたい60人近くは来てくれるかな?と思うてたんですが、なんと79人もお越しいただきました!ありがたやー!



クリックすると元のサイズで表示しますトップバッターは、約1年ぶりに活動再開したSPOON。わし、自分のゲスト出があったので、ステージ脇で待ってました。なのでステージ写真じゃなくてすません orz

新曲を1発目にもってきて、お休みしてた間の変化をみせてくれました。お客さんも、終始笑ってます

そして、今回の企画である「他の出演者の曲をカバーする」で、SPOONが選んだのはウチの『長屋(ゲスト:わし)』でした。ちいさんがアルトSAXを吹き、これがまた軽快なスカバージョン。いやー、エエ感じです

エエ感じ指数の上昇とともに、舞い上がったはぴしんさんが、慣れた曲の歌詞をド忘れというお茶目さも見せてくれ、なごやか&わくわくムードにww



クリックすると元のサイズで表示します2番手はザ☆ローリング豚ズ。ああっ、画像中央に白い人がいますっ!霊じゃ、霊の祟りじゃ!(違w

トンズさんは、初っぱなからブッ飛ばしてました。個人的な意見ですが、これまで見たトンズLiveの中では、ハジケっぷり、演奏のワイルドさ、グイグイ引き込み具合など、どれもナンバーワンやったのではないかと思います

で、トンズが選んだカバー曲は、またしてもウチの『花太郎(ゲスト:ちいさん)』。ありがとgざいまうs。これがまた、ブルージィでナイスなアレンジで、ウチのメンバー一同「やられたー」でした

このテンションで続けていってほしいです。いや、サイコーでした。客席もグググと盛り上がり、さらにエエ感じ指数は上昇


演奏終了後、キービーさんが「サイフがなぁい!」と大騒ぎしてたのは、ココだけのヒミツですよwww(←結局イスの上にありましたw



クリックすると元のサイズで表示しますそしてヒポポタミ。いきなりやってくれました、カバーはウチの『焼酎(ゲスト:淳平さん&ちいさん)』。しかもド演歌調(笑。これまたあrがとうございmす

しかしこの時、わしはキービーさんのサイフを探して(略 ww

ヒポポタミは新曲を連発。スペシャル感満載です。というか、ライブ本数がハンパやないので、さすがにもう貫禄さえあります。たーぼーも、ついにMCで「しttこ」とか「うnこ」とか言い出しましたしww

そしてマコちゃんは、髪の毛の中からハトを出すという手品を見せてくれました。すいません、ウソつきました。そんなことはしてません orz

ハイテンポの「飛行機雲」と新曲で、またまた場内のエエ感じ指数をアップさせてくれたのでした



クリックすると元のサイズで表示しますラストはWOEPです。画像撮影:HIROKOさん。さんくすです。さすがに演奏しながら自画撮りはできませんw

客席後方のみなさんは、延々と踊ってくれたはり、まぁありがたいやら感激やらでございました。それとアレだ、異常に笑い続けてる人もいてましたよw

ウチがカバーしたのは、ヒポポタミの『An Owl(ゲスト:TURBO)』。ラウドバージョンで、グランジ&ハ−ドロックみたいに演りました。どやったでしょか?

セットリストは以下の通り

・燃える男の唄
・洗濯機
・桜
・Kiss(新曲)
・無職
・An Owl(カバー)
・サンバで行こうぜ



ウチの演奏が終わると、アンコールをいただきました。しかしながら、他のバンドさんはアンコール無しやったので、ウチだけというのは不公平です。そこで、意地悪なわしは一計を案じましたww


SPOONはぴしんさん、トンズのキービーさん、そしてヒポポタミKumiちゃんをステージに呼び、たーぼーとWOEPリズム隊を残して、わしとパンチくんは客席に戻り「飛行機雲のロックバージョンやってくれ〜」と言いました。えへへ、これは企画外のサプライズ


これがまたバカ盛り上がりでして、ラストの締めにはふさわしいものとなりました。ご来場いただいたみなさまへの感謝の言葉を述べ、これにて「ふくわらい音楽ショウ」終幕となりました



終わってから、客席を回ってご挨拶してたのですが、みなさんホンマに喜んだはって、もうなんというか、やった甲斐がありました。そして、出演者も「今日はホンマよかった!」と口々に言うてました。4つのバンドが志を1つにしてやれたのは、月並みな言葉ではありますが「感動」でした


エエもん見せたい!喜んでもらいたい!という音楽屋の想いと、その音楽屋達を応援したい、楽しみたいというお客さんの気持ちがあってこそ、こういうカタチになったんやと思います。ご来場いただいたみなさま、そして共演者のみなさま、本当にありがとうございました。おかげさまでイベントを成功、いや


大 成 功


させることが出来ました!


おっちゃん気合い入れて、「ふくわらいパート2」もやるで!



来年やけどね(汗



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ