2006/4/13

セットアップ!  音楽総合
クリックすると元のサイズで表示しますえせダミーヘッド「さくらちゃん」に、耳たぶとマイクをセットしました。外耳の素材は、当初スチロールを予定してたんですが、やはりココは、ちょびっとでも本物の人間に近づけたいということで、皮膚→皮→革/レザー→ギターのストラップを使いました。ずいぶん前、ライブ中に切れたストラップをサウスに展示してましたので、それを持ち帰ってカッターでチョキチョキしたんですのよ


しかし、画像のとおり、マイクが耳たぶよりもデカく、どう見てもヘッドホン状態(汗。マイクに合わせて耳たぶを作ると、さくらちゃんがダンボになって不格好ですし、のちのち本モノのバイノーラルマイクを手配した際にジャマになります。なので、今回はコレで妥協しときましょう


さて、サウンドチェックです。ステレオマイクですので、まずは変換ジャックを使ってモノラルに。電池チェックOK。レコーダーは、本番使用予定のカセットMTR・TASCAM424にして録音


んー?


どうも新しく買うた方のマイク、やや感度が悪い模様 orz


これはインプットレベルで調整せなあきませんな、本番も気をつけとこう。あと、マイクの向きも重要なようなんですが、いかんせん、マイク本体がデカイため、向きの調整にも難ありけり(涙。ここも妥協。ああ…orz



ま、雰囲気ですよ、ふ・い・ん・き♪(違w



ところでみなさん、カセットMTRで録ると聞いて、「えぇ〜、いまどきカセットぉぉぅ??」と思ったのではないでしょうか。カセット=アナログ=音が悪い/こもってるという図式が、まぁ一般的なイメージですもんね


し か し


カセットあなどりがたし!なんですよ実は。特にカセットMTRは、音質向上のため、dbxなどのノイズリダクションに加え、テープスピードを倍速に出来る機能も備えてますので、聞いてみると「え?これがカセットの音??」と驚くぐらい、意外にエエ音で録音でけます



さあ、それでは聞いていただきましょう。えせダミーヘッド「さくらちゃん」で録音した音を!うまく後方感が出ているでしょうか?アナタの耳でご確認くださいまし。※MP3ファイルですので、パソコンのみです。また、PC環境によっては聞けない場合もあります。めんご。※いったん「対象を別名で保存」してみて、iTunesなどで再生すると聞けるかもしれません


接続:さくらちゃん→TASCAM424→MOTU828→Audacity
処理:Audacityでノーマライズとリバーブをかけました。イコライジング、ノイズ処理はしていませんので、ほぼカセットそのままの音です。コンプレッサーがかかってるように聞こえますが、これはテープによるコンプレッションです



ヘッドホンで聞いてね

コチラです♪



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ