2006/4/6

ブート  PC、ネットなど
あぐぅ、強烈な筋肉痛でごわす(涙。今日は家でおとなしくグラマーの入力でもしていよう。それにしてもミシミシいうてますよマジで orz


さて、アップルコンピューターから、このようなお知らせが

アップル、Boot Campを発表


なんでも、アップルからリリースされた「Boot Camp」というソフトを使えば、インテルMac上にてWindows XPが動くようになるそうです。


ん?それやったら今まででも、バーチャルPCなどのエミュレータソフトで出来とったやん?激しく重たかったけど。それとはまた違うん?


と思ったら、このBoot Campというヤツはエミュレータではなく、どうやらハードディスクにパーテーションを切って、Mac&Winのデュアルブート(2つのOSで別々に起動)を可能にするらしいのです。もうちょいわかりやすく言うなら、同じPC上にOSXとXPと、両OSの起動ディスクを作ることが出来るんですわ


これで、Mac上でもWinのソフトがそのままバリバリ使えるっちゅーわけですな


しかしちょっと待て



これは「あり」なんですか??



OS含めて「Mac」やと思うんやが、そのOSがウィソドウズになってしまえば、ガワだけ「Mac」になってしまうんとちゃうのん?いうてみれば、Macという名の「VAIO」とか「DELL」とかと変わりませんやんか。これは意味あるんですかねぇ


アップルさんにしてみれば、これでWinユーザーをmac側に取り込めるシメシメ。とでも構想してるんでしょうが、「Mac OSXも使いたいから」という理由で、わざわざ割高で遅いMacへWinユーザーが乗り換えるとは、あまり考えられません


というか、Mac&Winのデュアルブートが出来ることで、MacユーザーがWinへ流れてしまう率が高くなると思うんですが。それに、例の山田オルタみたいなウイルスに、Macユーザーもバリバリ感染していくわけで、エエことってそれほど無いように思えますがいかに?



あ、Macでエロゲームが出来るようにはなりますねww



アップルさんは、iPodの好調もあって、どうもこのところ本気でWinの市場を取りに行ってるようです。新規開拓も結構なんですが、その影で、古くからの既存ユーザーをないがしろにしてきてるのも事実です。OS9→OSXへの移行による切り捨て、IBM→Intelへの移行による切り捨てと、ウィソドウズなら大問題になるようなことを「ユーザー数が少ない」という状況を逆手にとって、これまで平然とやってきています。正直、もうええかげんにしてくれ、とさえ思います


個人的には、DPがWin対応になるんなら、もうMacにこだわることも無いかなぁとさえ考えています。わしが使いそうなソフトで、Macだけに対応してるのってDPぐらいですし、何よりもWin機の方が安いですもん。あのウインドウデザインは嫌いなんですが(笑



旧来の顧客を大事にせえへん会社は、先行き知れてまっせ>アップルさん


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ