2006/4/5

パソコンにアナログ  PC、ネットなど
22日にサウスで「えせCDデビューぱーちー」がありますが、念のために言うときますと、その場でCDを作成→お渡し、というワケではございません。今回は、あえてアナログ媒体(カセットテープ)で録音しますので、いったんわしの自宅に持ち帰って編集→CD-R焼き→後日店でお渡し、となります。よろしくです


わし宅でアナログ音源をCD-R化するには、1)民生用/音楽用CDレコーダーに接続して焼く、2)ハードディスクMTRに取り込んでからCDライターで焼く、3)パソコンに取り込んでCDライターで焼く、の3つの方法があります。一番簡単なのは1)ですが、使用メディアがちょいと割高なのと、編集しにくいのが難。


2)の方法も楽なんですが、わし所有のHDD-MTRはヘタレな音質ですので、イマイチです。まぁ3)が、面倒ですけども、一番無難ですかね



パソコンに音楽を取り込むには、どうすればええのでしょうか?CDでしたら、そのままPCにブチ込んで読ませればしまいですが、カセットやLPレコードなどのアナログ音源やと、そう簡単にはいきません


PCによっては、オーディオ入出力端子を備えたものもありますが、ぶっちゃけ音がよろしくないモノが多く、パソコン本体のノイズが乗る場合もあります


クリックすると元のサイズで表示しますゆえに、画像のような「オーディオインターフェース」という装置を経由して、パソコンに音源を送り込みます。接続先は、インターフェース(I/F)によって、USBのものもあればFirewire(IEEE1394)のものもあります。個人的には、Firewire接続の方が安定しててエエように思います


ちなみに、うちにあるI/Fは両極端です(汗

上:Roland UA-30。むっちゃ古いUSBのI/Fです。音質は「えへへ」という感じなんですが、コンパクトなので簡易録音にはいまだに現役。デジタルIN/OUTもありで、ドライバなしでもOS Xで使えてます。中古やと結構安いみたいです

下:MOTU 828。多チャンネル入出力が可能なFirewireのI/Fです。上記UA-30とは比較にならんぐらい高音質で、もちろんDPでのレコーディング用に購入。しかし、DPが動かない今では、部屋の隅っこでおねんねしてます(涙




アナログ音源の取り込み=録音するには、インターフェースだけでなく、録音用のソフトも必要です。ま、ステレオで録音できれば十分でしょうし、インターフェースに付属してくるもので、たいていは間に合います


フリーソフトなら、Audacityがお勧めです。わし、簡易録音時やと、Macユーザーには馴染みの「Peak」というソフトを使うてたんですが、いまいち使い勝手がよろしくありませんでした


しかし、このAudacityはナイスです。とてもフリーとは思えんぐらいエエ出来で、使いやすいので重宝しています。あ、Macだけやなくて、Winにも対応してますよ。波形編集もできますので、いっぺん試してみて下さい。マジお勧め



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ