2006/1/12

昔ごっこ  日常たわごと君
インテル搭載のiMacが出るとかで、ヤバ、早まったか!と思うたが、まぁ現有機でも実用に支障はないので、誘惑には負けないことにしました。というか、買うたばっかりやし、先立つモノがありません(涙。


しかし、やっぱスタジオとかに持って行けるような、ノートMacは欲しいです。インテル入ってナイG4機でもエエです。かみさまかみさま、今年はわしのサイフに万札さんがぎょうさん入りますように。ぱんぱん(←柏手@ガラガラ付きw



書けば実現、この日記(マジですか!?



そう思っておけばシアワセなのです。



そういえば、結成当初のウチは、何かと大ボラばかり吹いてました。あ、今でも変わりませんかそうですかすいませんw。


最初はホラのつもりで本人達も言うとったんですが、その一部が何の前触れも無く実現するようなことがたびたびあったので、そのうち「ホラでも何でも、言わな損やがな!」という大阪人根性マル出しで言うようになってました(笑。


パンチくんがライブでよくやってる「アリーナ!」「2階席ぃ!」という例のヤツも、案外そのうち実現したりして。おほほ。



思い出したついでに、さらに昔へタイムトリップ。



今週の土曜、サウスで「昔なつかしい遊び大会」があるんやけど、自分がガキの頃やってた「なつかしい遊び」を思い出しました。


まず、やっぱ男の子なので「基地ごっこ」。わしらの子供の頃は、まだ「ドラえもん」等に出てくるような「土管のある空き地」や「広っぱ」などがアチコチにあって、そこに段ボールやら何やらで「基地」を作っとりました。


まぁ基地なんて名ばかりで、どう見てもホームレ(ry


それでも子供心には「ココがわしらの拠点や」「秘密基地や!」と思ってたんですよ。ぜんぜん秘密とちゃうんやけどね(笑。


ほんで、わし。よそのガキが勝手に「基地」を使わへんように、ちゃーんと表札(というか立て札もどき)も作った。「基地」と書いたつもりが




「墓地」



になってましたが orz



それともう1つは、かなり素敵でスリリングで危険な遊び。その名も





のつぼばくだん





のつぼ=肥だめのことです。そこに、直径30cmほどの石を投げ込み、その反動で周辺にウンコシャワーを降らせるという、極悪非道な遊びですwww


一番危険なのは、言うまでもなく「石を投げる」担当。逃げながら投げては、うまくシャワーになれへんどころか、届きさえせえへん。しかし、近寄りすぎると1週間以上ニオイが取れない状態になってしまう。それだけならまだエエが、間違いなく「うんこくん」とか呼ばれるようになるので、「投げ担当者」は慎重かつ大胆にやったものです。


最初の頃は、単純にシャワー状態を見たくてやってたんやけど、そのうち


「誰かアレ浴びろや」


とか考えるようになり、投げ担当者を逃がさんようにしたり、あるいは誰かをおびきよせては、突然「ばくだん」を投げ込んだりしてました。



ええ、もちろん苦情殺到しまくりちよこでしたよ orz



そんな遊びをしてたガキ時代もありました。なつかすぃ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ