2006/1/9

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

お空の観察日記。昼の12時10分頃、方角:西、仰角:20度ぐらい。最近こういう「放射状」の雲を見かけることが多くなった。携帯画像なので、全部の雲がいっしょくたに見えるが、実際は「放射状雲」が一番下にある。

スジ雲の一種やとは思うんやけど、全天ではなく、ごく狭い範囲で放射状になっているのが妙な感じ。低い高度の雲らしいので、遠近法のような錯覚とも思えん。ここ2〜3年、やたら見るようになった。ちょい不気味(きれいやけど。


反対の東側には、キャタピラ状の雲が出てました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは「いわし雲」のバリエーションか。全天では、低気圧が接近すると出るといわれてる、いわゆる「うろこ雲」が出てた。これはよく見かける。


雨天ならエエけど、地震は勘弁。


関東方面の知人からは「ヘンな雲がよく出てるよぅ」と聞く。いわく、立ち上るような雲とか、一直線の雲、逆V字型が連なるような雲など。かの地は「いずれM8クラスの地震が起きる」といわれてるが(まぁ日本全国どこでもそうなんやけど)、近年は緊張度合いも高いらしい。南無ぅ。


ちなみに、気象庁は「雲と地震の因果関係」、つまり「地震雲」を認めていません。正直なところ、わしも半信半疑やな。「うろこ雲が地震の前兆」とか言われても、「ふーん」としか答えようがない。そんなもん、しょっちゅう見てるやん。


記憶によれば、たしか奈良の市長サンが「地震雲」ってのを言い出したような。で、その人は「富士山大噴火が迫ってる!」とか予言して、結局起こらず、ヒンシュクを買うた記憶もあり。違ってたらごみん。


ただ、古来、空の様子(雲やら星やら)を実生活に結びつけるという考え方はあるし、低気圧が近づいてくると「頭痛」になるという人もいてる。ゆえに、「地震雲」とやらが100%インチキ、とも思えん。そやから半信半疑。


ん?ほな、なんで「お空の観察」なんかしてんねんって?



ぼ、ぼ、ぼくわ、そ空がすすす好きなんだな



そういうことでして(笑。


大きな変化というのは、実は日常の、ほんのささいな変化に、その兆しがあるんやないか?という考えには賛成。人の行動や考え方も、ちょっとした言葉の端々や筋肉の動きなんかに出るもんね。それと同じことでしょう。


なんというても、今年のテーマの1つが「当たり前」でございます。当たり前にはいろんなヒントがある、と思うてます。なので、また空を見上げてみるのです。ちゃんちゃん。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ