2005/12/8

衣類の整理中でおます。いや、整理というほどのモンやなく、単に「うーむ、これはほとんど着とらんのぉ…どないしよっか」という葛藤&決断という作業。しかし、小物を分類・整理するよりも、はるかに楽チンですわ。


恒例?のリストアップをしたいところやが、残念ながら、ブランドものがあるわけでもなく、大したモンはございませんのよ。


それでもいちおう挙げときます。

・赤のタートルニット(かなりタイト)
・黒いGジャン(ショート丈・女性用)
・こないだの納会Liveで着てた赤いショート丈ジャケット
・記念すべきWOEP-1stライブで着た金&黒のプルオーバー
・黒のPコート
・黒いエナメルのダウンベスト
・金色のナイロンジャンパー
・迷彩の厚手シャツ


欲しい方はコメント欄から連絡ください。迷彩シャツとエナメルベストはお勧めかも。


衣類というモノは、知らん間にぎょうさんたまっていく。それも、なぜか似たようなデザインのモノが多い(汗。女性やったら、わしの比ではないやろうな。


さすがに20代の頃のように、ばかすか服を買う、などというコトは、もうしてへん。というか、あんまり買わなくなってしもた。別に外見に構ってへんというワケやないですよ(笑。


まぁなんというか、手持ちで不自由することもないし、流行にさして興味もないし、ヘンにカッコつける必要もなくなったし、ってトコロですか。


こういうヤツがいてるから、紳士服の売上げが悪いのですな(汗。



そこでチト思ったのやが



デパートなんかの紳士服売り場、ぶっちゃけイメージがよろしくない。スーパーや量販店になると、さらに「うええ」みたいな感じのところを多々見かける。


まず商品レイアウト。一部ブランドものを除き、たいてい基本に忠実すぎて面白くない。まぁスーツがメインなので、変化をつけるのも難しいとは思うのやが、それでも何とかならんのやろうか。


次に雰囲気。暗い、どんよりしてる、まるで窓際族(古っw)のようや。若者向けのガチャガチャした音楽を流されたり、家電量販店のように店名を連呼されると不愉快きわまりないが、せめてもう少し「色」とか「華」が欲しいところ。


あとはコンセプト。クールビズとかウォームビズなどという、トップダウンに甘んじてどうするね?お父さんの休日はゴルフなどという、前時代的な考えもエエ加減捨ててもらいたい。


そういう保守的なコンセプトにしがみついてるゆえ、色も華も少なく、面白みに欠けるのやと思う。



そこで提案。これからの紳士服は



休日のお父さんはロッキンローラー!



これに限る。脱ゴルフ服。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ