2005/4/16

酒が飲みたい夜は  音楽総合
フォークシンガーの高田渡さんが心不全でお亡くなりになった。享年56歳。北海道でライブ後に倒れて、入院先の病院で亡くなられたらしい。

高田さんといえば「自衛隊に入ろう」が代表曲とされているが、わしは「生活の柄」を一番よく耳にした記憶がある。この人は、いわゆるフォークの出ではあるが、その後はフォークという範疇におさまらない多彩な曲を書いていた。なにせバックがジャズやブルースの大御所連中である。楽曲のユニークさもさることながら、高田さんの、決してウマくはないが、独特の味と厚みのある声は、この声なくしてはその曲は成立せえへんと思えるぐらいインパクトがあった。

ライブ中に居眠りしてスタッフに起こされたり、ずっと長屋暮らしだったりと、そういうところがフィーチャーされがちな人やったが、音楽屋としての表現力の豊かさ、素晴らしさは、他に類を見ぃひんものやった。

最近「タカダワタル的」という映画が公開されていたが、フォーク世代だけやなく、若い連中にも彼の音楽やライブの面白さが理解され始めていただけに、ホンマ残念でならん。また1人、素晴らしい音楽屋を失ってしもうた。

酒が飲みたい夜は
酒だけではない
未来へも口をつけたいのだ

そんな気分やわ。ねぇ高田さん


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ