2005/4/10

サンホール  ライブ・活動
いえーいっ晴天!魔力というよりも、オラにチカラを貸してくれぇーのおかげか、お空にも元気玉が輝いておる。ありがたやー。

てなわけで、本日は超久々にサンホールでのライブ。マトモにやるのは3年ちょいぶりや。好天に恵まれたので、たぶんメンバーも気合いバッチシなことやろう

と思ったら、パンチ兄貴はお寝坊さん。電話口で「アンバ、すまん、ホンマにすまんー」と寝起きまるわかりな声でお答えなオチャメさんである。しかし、なんとかリハにはギリギリ間に合う。まるで、きゃつの人生そのものだ。

出演は5バンドと、やや多い。んが、サンホールのブッキングマネージャーである西川氏が「気合いを入れて集めた」というだけあって、どのバンドもエエ感じ。ブッキングでコレは珍しい。特に、東京から来たme-ismというバンドは演奏もよく、見てても面白かった。

さて我らがWOEP。ハコでのライブの際には、いつもオープニングSEとして北島三郎氏の「竹」を流してたのやが、ちょいと変えてみようということで、あろうことか「死ね死ね団のテーマ」を採用。

花見帰りの白浪会ご一行も来てくれ、Spoonのはぴしんさんも来てくれ、ケツの出にもかかわらずお客さんも結構残ってくれで、気温以上に熱く盛り上がる。パンチ兄貴の弾き語り版「花太郎」もエかったねー。どうでもええが、わしのMC(曲紹介)より、お客さんに先に曲名を言われたのが複数回・・・orz うーむ、どうやら読まれてるようやのぉ(汗。

来ていただいた方々も満面の笑み、対バンさんやハコからも絶賛をいただき、うむ、古巣に帰ってきたな。と実感した。てか、居合わせたみなさんの笑顔が、なんちゅーても一番嬉しかったですわ。

ありがとう、またよろしくね!

クリックすると元のサイズで表示します


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ