2004/11/19

ヌーボー  日常たわごと君
地獄先生ではなく、ボジョレー・ヌーボー。
昨晩は恵美寿屋でヌーボーを味わう会やった。
仕事あがりのヘロヘロ状態で参加する。
野口4枚と、恵美寿屋にしては高めの会費やが、
最高級ボジョレーは出るわターキーは出るわで、
おやっさんの「この日は半分わしの男気が入っとるんや」
というバファリンのような言葉は
ウソ偽り無しやと実感させられた。

わしが行った段階で、店内はすでに激盛り上がり。
パンチ兄貴も当然来ていた。当たり前や。
酒の席にヤツがいないワケがない。

会費の元を取る、もとい、遅れを取り戻すために、
まずはかけつけ1本ワインを空ける。エエ気分や。
最高級ボジョレーもいただく。おやっさんいわく、
このボジョレーは赤のドンペリと同じ値段なんやそうや。
それを聞いてガブガブ飲み、またしても1本空ける。
ヌーボーのはずやのに、熟成されたようなコクがある、
不思議なワインや。しかし激ウマー。
クリックすると元のサイズで表示します

まっちゃんの誕生日ということもあって、
終盤さらに盛り上がる。バカ話に笑い声が渦巻き、
まさにカオスといった状態。やはり恵美寿屋はこうでなくては。
パンチ兄貴とわしの、アカペラ版「のみすぎた」も披露。
最高に楽しい夜やった。でも、帰りはヘロヘロでしたわ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ