2005/5/5

昇圧回路に新たな発見  活動(個人)
僕のマウスの昇圧回路は不具合であったが、原因を確かめるべくテスターでチェックしていたところ、新たな発見があった。それは、

昇圧IC(LT1170)の3番ピン(GND)と5番ピン(Vin)は常に導通している。

ということだ。実際に買ってあった新品で確かめたら本当にそうだった。回路をテスターでチェックする際は、ショートと勘違いしやすいので、気をつけるべし。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2005/5/5  20:16

 
新入生向けのゼミ配布資料を2日間かけて書き終えた後に部室へ。昇圧回路不具合の原因を突き止めるため、テスターで念入りに調べる。導通チェックの際、コンデンサの影響を避けるため、3箇所ほどジョキジョキ切ってからチェック。

最初は入力電源(Vin)とグラウンド(G... 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ