2008/9/29

東日本地区大会+5相ステッピングモータについて  イベント
どーもー。
はじめまして、現実逃避中の忠実なるしもべAのYOU(課題ヤバイモード)です。

東日本地区大会に参加した皆さん、お手伝いをしてくれた皆さん、本当にお疲れ様でした。

WMMCからは4台マウスを出し、4台ともクォータ、マイクロマウスの両競技で完走しました。完走者の皆さんおめでとうございます(俺を含む)


さて、今回WMMCでは(多分)初めてとなる5相ステッピングモータを使ったマウスを作ってみたのでそれについてサクッと書いてみたいと思います。

5相モータは何が良いかというと…
・同じ大きさの2相ステッピングモータよりも大きなトルクが出せる
・細かい制御が可能
・振動が小さい
みたいな感じです。
値段もそこまで高くないので、かなり優れものなのではないか!?

って思ったのが2週間前ですね。

とりあえず手半田で回路組んでみたら絶望しました。
"滅茶苦茶"複雑になります。
ドライブICがハーフピッチ基板に斜め差ししなければ付けられないとかいう面白ピッチだったので、基板の裏側はそれはそれはもう凄まじい地獄絵図でしたよ。

配線が非常に複雑だとは聞いていましたがこれほどとは思いませんでした…。

5相モータの欠点を挙げるなら間違いなく"配線が複雑"ということが真っ先に挙げられます。
プリント基板を作るのをオススメします。

あと、もう一つ欠点といえば情報が少ないということですね。


まぁ何はともあれ5相モータ自体に2相以上のポテンシャルが秘められてそうなのは確かだと思うので、これから色々調整してみます。
まだ20%もモータの能力を引き出せていないと思うので…。

11月の学生大会までにはもっとまともに華麗に走行できるように頑張りたいと思います。
0

2008/9/11

鶏軟骨カレーレシピ  活動(個人)
**WMMC標準カレーのレシピ(3人前)**
@用意するもの
・玉ねぎ  ・・・中4個
・ジャガイモ ・・・中4個
・ニンジン ・・・中2本
・スパイス付き鶏軟骨 ・・・330g
・モッツァレラミックスチーズ ・・・適量
・ルー ・・・7個
・おろしき
・米 ・・・3合半

A下ごしらえ
ア)ジャガイモの芽を取る(ジャガイモが緑色の場合はその部分を取り除く。ただし、必要以上に剥かないこと。)
イ)玉ねぎの皮を剥き、芽と根を取る。
ウ)ニンジンをおろす。(皮を剥く必要は無い)

B作り方
ア)鍋に油を敷き、軟骨を軽く炒める。
イ)水を6分目まで入れ、沸騰させる。
ウ)沸騰したら、ジャガイモを4つ鍋に落とす。
エ)玉ねぎを鍋に入れる。(ジャガイモの上に乗せるイメージ)
オ)おろしたニンジンを撒く。
カ)具材をかき混ぜ30分煮込む。
キ)ルーを入れ、手動で対流を起こす。
ク)盛り付ける。
ケ)2杯目からはチーズも盛る。

Cコメント
まず、このカレーでは箸を使って食べたほうがいいです。
玉ねぎとジャガイモは丸ごとですが美味しく食べられました。特にジャガイモの美味しさは秀逸です。
軟骨のコリコリにいかに耐えられるかが攻略ポイントかも知れません。軟骨好きも軟骨嫌いにしてしまう程のパワーを持っています。
ニンジンは出来てしまえば空気なので、ニンジン嫌いな人にもオススメ出来ます。
チーズを盛る量には食べる人のセンスが問われます。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ