2012/3/31

株式投資が嫌われる本当の理由  

1日1万円稼ぐために必要な3つの方法!!!
株式投資方法を今だけ無料公開中!

今だけ無料公開中!



株とり引きには証券会社を通じて行なうことになりますが、万が一証券会社が倒産してしまったらどうなるでしょうか。

株式会社証券ほかん振替機構という場所があるのですが、略してほふりと言う場所に株というのは預けられていますから、万が一証券会社が倒産したり不渡りりを出してしまっ立という場合でも、株が強制執行のターゲットになったために価値がなくなるとか、株主が損をするというようなことにはならないのが株のシすてむです。

証券会社というのは、会社と株主の株とりひきの間に入っているだけですから、証券会社が倒産してしまっ立としても、特に株そのものに影響は出ないのです。

証券会社が倒産してしまった場合には、会社が倒産し立ときと同じで、株の価値もなくなって、今までのとうしが水の泡になると思っている人もいるかも知れませんが、そうではありません。

分別監理といいますが、顧客から預かったお金と証券会社の運営資金というのは別々で監理されていますから、倒産してしまったからと行って、預けていたお金が、しさんも倒産といっしょになくなるということはありませんので安心して大丈夫です。
http://keibaclub.h01.jp/
証券会社をとおして会社から株をかうことになるのですが株そのものは、証券会社が持っているということではありません。

破産してしまった証券会社の財産そのものというのは強制執行されてしまうのですが、それは株とりひきをしていた人には何ら問題がありません。

株のとりひきを行っている証券会社が倒産してしまっ立としても、持っている株の価値などには影響は出ません。

証券会社が万が一倒産してしまっ立という場合には、このほふりと言う器官から株を受け渡されますので、あらたにこれからとりひき仲介に入って貰うための証券会社を選んで、そちらに移管することになるのです。

証券会社に預けていた口座の中に遭った資金については、証券会社の倒産の影響を請けるのかと不安になる人もおおいと思いますが、こちらのしさんについても、証券会社そのものの経営資金とはきちんとわけて監理されているしくみです。

顧客から預かっていたお金や、株というのは強制執行ではターゲットにならないのでしさんは守られるというわけです。

こちらの資金については、とうし家保護基金というところがあり1000万円しかほしょうしてもらえませんが、1000万円までなら保障してもらえますから、万が一に証券会社が倒産してしまっ立としても、それほどあわてることはないので安心してちょうだい
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ