● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2008/5/16

念願のゲゲゲ  

ちょっと境港まで行ってきました。

ここは妖怪漫画家の水木しげるさんの出身地であり、
水木しげる記念館や水木しげるロードなどがあります。

私は子供の頃、ゲゲゲの鬼太郎のアニメを熱心に見ていました。
深大寺(東京調布市)の鬼太郎茶屋には行ったのですが、境港はいつでも行けると思いついつい先延ばしにしていましたが、今日やっと行くことができました。

あまり期待もしていなかったのですが、なんとまぁおもしろい!
水木ロードを通り、記念館に向かっているうちにだんだんテンションが上がってきます♪

こちらが記念館正面入り口。
開館5周年だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

結構インパクトのある水木さんのパネルが迎えてくれます。
中はかなりおもしろかったです。ちょっと怖かったですけど。
(子供、大泣きしてました。同情。)

水木しげるロードは大小130体以上の妖怪ブロンズ像があります。

こちらは石見の牛鬼。小さめです。

クリックすると元のサイズで表示します

ねずみ男は等身大。

クリックすると元のサイズで表示します

せっかくなので、手をとってみました♪

道のあちこちに妖怪スタンプがたくさんあり、スタンプラリーもできます。
スタンプ好きな私にはたまりません♪
幾つか押してみましたが、全部(36個!)押すには時間もエネルギーも足りなかったので、また改めてチャレンジしようと思っています。

妖怪ガイドブックは買いました。(スタンプ帳にもなっています)
それと、水木さんデザインの花札「妖怪花遊び」を買ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここ数年、水木さんのエッセイやマンガを読んだりしましたが、知れば知るほど興味をそそられるお方です。
そして、奥様「武良布枝」さんがとても大きな女性なのです。
今度「ゲゲゲの女房」読んでみようかな。
(ちょうど昨日ラジオで紹介されていました)

次回に備え予習復習ぬかりなく・・・。

2008/5/12

倉敷2日間  

フィールドオブクラフト倉敷、行ってきました♪
初日の天候に泣きましたが、総じてとても楽しい2日間でした。

写真をほとんど撮ってないのですが、私のお手伝いしたブースの全景です。(日曜夕方にやっと撮影。)

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日は雨風がひどく、息が白くなるほど寒くてガタガタ震えていました。
それでもたくさんのお客さんが来てくれました。
初日終了後は3人でぐったりでした。
ただただ温い湯に浸かりたかったです。

日曜日は風が強かったものの雨が無いだけでこんなにもありがたいものかと思いました。
午後からはお日さまも出てきました。
お客さんもにぎやかで、各ブースもにぎやかになっていました。
(雨天のため出せなかった作品も出ていたようです)
私も接客に大忙し。

「埼玉から来たんですか?遠いですね。」と云われれば、
「はい。13時間かかりましたよ。休み休みで…」って聞いた話を勝手に自分の話にしています。
本当は県北から2時間半ですけどね。

素敵なお買い上げシーンにも出くわし、しばらく幸せな気分でいられます♪

終了前に私も時間をもらってお買い物タイム♪

器とか欲しいものあったんですけど、今回は陶器を買うのを禁止しました。
(陶芸教室を再開するので)
で、みごとに私の心をとらえたのはコチラ。

クリックすると元のサイズで表示します

色とりどりの虫シルエットの手染めガーゼ手ぬぐいマフラー(?)です。
渋紙を切り抜き、型をつくって…染料で一色ずつ染めていく手間のかかる…手しごとならではの作品です。
かわいいし、肌触りもやさしい♪

作家さんともお話できます。
やっぱりつくり手の顔が見えるとモノに対する愛着も変わってきます。

出展側、お客さん側、どちらからも楽しめるとても素敵なイベントでした♪
遊びに来てくれた皆さん、ありがとうございました♪

2008/5/9

とんび?  

今日、夕方閉店間際の道の駅「奥津温泉」にいったら…
ガランと駐車場を大きなケモノが歩いてました。
車でそろーっと近づいたら、トンビか何かでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

うわぁ!飛んだ!!

名前わかりませんけど大きかったです。
しばらく頭上を旋回していました。
野生のコレをこんなに近くで見たのは初めてでした。

2008/3/31

春の直島旅  

春の岡山にykkさんがやってきました。

岡山駅西口で合流し、一路直島へ!

クリックすると元のサイズで表示します

彼女は初四国。
私は2005年の年末にアートイベント(なおしまアートマーケット)参加以来。
その時はイベント以外はほとんど観光もできなかったので、念願の再上陸でした。

先ずは「地中美術館」。
ここはモネの睡蓮が有名ですが、それでなぜ世界中からお客さんをよべるのだろうかと不思議だったのですが、行ってみてその理由がよくわかりました。
(この日も外国の方がたくさんいました)

モネもそうなのですが、なんといいますか・・・作品すべてが私にとって見たことのない、触れたことのない世界でした。
新鮮で衝撃でした。

私が説明するのも野暮なので、どうぞ実際に足を運んでみてください。
遠くてなかなか行けないよぅという方は、HPへどうぞ。

翌日は家プロジェクトを回りました。
これも新鮮。
おもしろい!
二人で大興奮。
非日常を楽しんできました。

さて、直島でのお宿ですが…
ベネッセハウスに泊まって…といいたいところですが、予算の関係と好奇心で、海辺のパオに泊まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

中はこんな感じです → クリックすると元のサイズで表示します

パオとはモンゴルの遊牧民の伝統的な移動式住居です。
ゲルとも呼ばれています。

初めてパオに踏み入れた時、何とも言えない可笑しみと喜びがこみ上げてきてしばらく笑いが止まりませんでした。
テンション、あがります♪

独特なパオ臭がありますが、波の音を聞きながら眠り、鳥の声で目覚めるのも良かったです。

直島を後にして、倉敷を散策し、奥津へ戻り…あとはいつまでもまったりとしていました。

2008/2/29

閏年  

2月も今日で終わり。
今年はうるう年なので、1日得したような気もします。

さて、更新が滞っておりますが、実は雪の奥津を飛び出し
東京に滞在中です。帰省中です。
といっても、あまり実家に居らず、関東を奔走しています。
写真と併せての紹介はまた後日。

あまりにブログが更新されないと
「ついに☆が雪に埋まってしまったか!?」と
ご心配をおかけしそうなので、極極簡単に近況報告でした。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ