● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2006/9/21

奥津温泉の楽しみ方  木版画

毎日のように通う奥津温泉。

今日は、そのいつもの温泉街の中にある初めてのスポットに行ってきました。


『河鹿園』さんの館内のギャラリーです。

温泉は何度も利用させてもらっているのですが…


かつては棟方志功や与謝野鉄幹・晶子といった文人たちに愛されてきたというこの温泉には、彼らの作品が残されています。

『河鹿園』さんにお願いをしたら、快く案内をしてくださいました。

ギャラリーは『色紙の館』『棟方志功館』『詩の館』の3室からなります。

(あと、『回廊ギャラリー』といって館内のあちこちに絵画などの作品が飾られています。)

ちんまりとした空間なのですが、内容が濃くとてもおもしろかったです。

『色紙の館』には勝新太郎やキンキン・ケロンパのものまでありました。

詳しくはギャラリーをお訪ねください。

…遠方の皆様、まずは河鹿園のホームページへ 
→→→ http://www.mto.ne.jp/kajikaen/

私もいつかここに色紙を飾られるようになりたいなぁ…なんて。


鑑賞のあとは美人の湯で締めくくり。

何ともぜいたくな時間でした。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ