● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2006/7/30

明日の神話  想うこと

クリックすると元のサイズで表示します


先日、汐留へ岡本太郎さんの「明日の神話」を見てきました。

スペインのホテルのロビーに飾られるハズであった巨大壁画です。

本当に大きいです。

学生の頃、W先生は「大きいというのは名画の条件だ」とよく仰っていた。

しかし、この作品が今の私にはあまりビビビとこないのです。

なんででしょう?

たぶん「野十郎ショック」が大きかったのではないかと思っています。


それと、損傷の大きかったこの「明日の神話」、修復を重ねることで、当時の勢いが失せてしまったのかもしれませんね。

岡本太郎さんは大好きです。

会場はいろんなイベントもしていて、お祭りっぽい雰囲気で、気軽に名画(?)を楽しめます。(無料です♪)

こういう企画、いいなぁと思います。

私も一人でスタンプラリーを回り、「Be TARO ステッカー」を獲得!


その後、汐留駅の地下道で芸大生が自分たちの作品を出展しているところに出くわしました。

その中に甲虫を石膏取りしてつくったアクセサリー、金工作品がありました。

私はカブトムシのメスに一目惚れしました。

…購入しました。


カブトムシ(♀)の造形的な愛らしさと作家の虫への愛を感じます。


作品の良し悪しは大きさではないと私は言い切ります。





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ