● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2013/10/23

岩手食べ物紀行 その2  銘菓 逸品

岩泉に行ったら絶対に食べるんだ!と決めていた大好物があります。

その一つが中松屋さんの「栗しぼり」

クリックすると元のサイズで表示します

岐阜(中津川周辺、高山にも!)の「栗きんとん」に似ています。
今回初めて伝え聞いたのですが、ご主人は「栗きんとん」から学んだようです。
私は元祖の「栗きんとん」よりも、この「栗しぼり」が好きなのです。

久々に頂きました♪

…ん。
大きくなってる。
形が変わってる。
甘くなってる。。。

私の気のせいかちょっと「栗きんとん」化していたのが残念。
それでもとても美味しかったですよ。

奇しくも私が岩泉入りした日が 栗しぼりの解禁日。
(夏は 水まんじゅうです。)
勝手に歓迎されてる気分です♪
私が栗しぼり好きなことを覚えていてくださって、差し入れてくださった方も!
ありがとうございました。


栗つながりでもう一つ。
今回初めて食したのですが、こちらは安家(あっか)のお祭りで買ってきてくれた「栗まんじゅう」。地域のご婦人の手づくりだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

素朴な小麦粉の皮の中には栗がぎっしり!!
う、うまい!

つぶし方が粗く、栗感が楽しめます。
味は昔の中松屋さんの栗しぼりに近い気がします。


あぁ〜いい季節に岩泉に行けたなぁ…と、滞在中何度も思うのでした。


一昨年、自分でも栗しぼりをつくってみました → 2011年10月15日の記事



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ