● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2013/5/31

天空の湯 にて  おしらせ

早速、梅雨の中休みのようです。
今日は程よく暑く過ごし易いです。

さて、今度の日曜日に鏡野町は富地区にある のとろ温泉でイベントがあります。


■のとろ温泉「天空の湯」10周年祭

【日時】2013年6月2日(日)10:00〜15:00
【会場】のとろ温泉「天空の湯」一帯
【内容】天空の湯ご入浴者には、花のプレゼントやガラポン抽選会に参加できるほか、餅&お菓子投げも開催。さらに地元グルメや特産品が楽しめる屋台村も出現。隣接するログハウスでは木版画家「雨玉舎」星江美さんの作品展、無料ヨガ教室も。イベントへの参加は無料です。
●入浴料 大人(中学生以上)600円 小人(4歳以上)300円

【お問い合わせ先】のとろ温泉天空の湯 TEL 0867-57-2006

詳細はホームページへ→ http://www.mirakuru.ne.jp/onsen/

そんな訳で5時間限りの版画展を開催します。
6畳ほどのこぢんまりとしたログハウスです。
色々お楽しみイベントもあるようなので、私も楽しんで来ようと思います。
お隣のログハウスでのヨガ体験が気になりますね〜

今回は新作の展示はありませんので、あらかじめご了承くださいませ。


岡山県で一番空に近い温泉です。
見晴し良く リフレッシュできます♪

では、会場でお待ちしております。


[おまけ]

クリックすると元のサイズで表示します

最近の七色樫。いい黄に輝いています。

2013/5/29

丸亀うちわのご紹介 その2  木版画

続きましてまたうちわのご紹介です。
(…おしらせを溜めてしまいました。。。)

四国 香川は「うどん県」ですが、丸亀市は「うちわ市」だったのです。
(骨付鳥市 とも言うようですが…)
丸亀市は全国シェア90%を誇る、日本一のうちわ処です。

一昨年末から始まった うちわ職人中田さんとのコラボレーション、一年数ヶ月の間に7本のうちわが出来上がりました。
倉敷意匠さんとの4本の他、こちらの3本。

クリックすると元のサイズで表示します

左から「小ざるのつなひき」「蛙の左団扇」「うどんねこ」です。
中、右の2本は昨年ご紹介しておりますので、そちらを参考にしてください。

丸亀うちわとコラボ(星と雨 2012/07/21)


今回はまだご紹介していなかった今年の冬にできあがった「小ざるのつなひき」です。
近づいてみると、こんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

小ざる、けなげに綱を引いています。


サル


サル


サル



クリックすると元のサイズで表示します

裏面にはこんな讃岐らしいオチがついてます。


準備ができたらブログ店の方で販売したいと思っています。

梅雨明け前には・・・・
という弱弱しい目標です。

2013/5/28

丸亀うちわのご紹介 その1  木版画

中国地方が梅雨入りしました。
やたら早いなぁと思っていましたら、昨年より12日早いそうです。
最近は日も長くなり、蛍の話題などが出てきますと嗚呼夏も近いのだなと思います。

夏の必需品といえば うちわ です。(と、言い切ります)
ご紹介が遅くなりましたが、倉敷意匠オリジナルの「木版摺 丸亀竹うちわ」4種を作らせていただきました。
うちわに仕立ててくださったのは熱きうちわ職人、中田さんです。


クリックすると元のサイズで表示します

左から「子猫と沢蟹」「蓮の葉に雨蛙」「金魚鉢」「アスパラ」
それぞれのうちわに近づいてみます。





■子猫と沢蟹

クリックすると元のサイズで表示します

幅29.5×27cm 「一文字」という形のうちわです。
かなりインパクトがあります。




■蓮の葉に雨蛙

クリックすると元のサイズで表示します

25×34cm 「唐月」と云います。一般的なサイズと形です。
左の端に雨蛙が座っています。
(耳紙は淡いピンクです)



■金魚鉢

クリックすると元のサイズで表示します

17×35cm 「小判」。小ぶりでスマートです。
全体を金魚鉢に見立てました。
(実物の手前の金魚の線はもう少し濃い灰色です)




■アスパラ

クリックすると元のサイズで表示します

19×27.5cm こちらも「一文字」です。コンパクトなので携帯用にも♪
最初に図案が浮かんできたのはこれでした。
雨の降るアスパラ畑の涼やかな爽やかさをうちわにしたいと思いました。
雨、見えますか?

クリックすると元のサイズで表示します

このうちわのみ裏面にも絵があります。
ツバメ、飛んでます。
柄の上(付け根?)のところに貼ってあるニャンコの手のような色和紙は「ギボシ(義宝珠)」と呼びます。アスパラ色です。


すべてのうちわにサイン代わりにカタツムリのようなハンコを押しています。
「星江美」と入れました。

クリックすると元のサイズで表示します

この右下の色和紙は「耳紙」と呼びます。
優しい茶色を選びました。
(子猫と沢蟹のギボシもこの色です)




これらのうちわは倉敷意匠さんでお求めいただけます。

倉敷意匠分室 第6編「作りごとカタログ」に掲載されています。

使って涼しく、飾って涼しい(若しくは 楽しい)うちわを目指しました。
もしよろしければこの夏 傍らにお気に入りの一本を置いていただけたら嬉しいです。

2013/5/25

会津を愛した清さん展  展覧会・イベント

先日「斎藤清のあゆみ」を見に岡山県立美術館へ行ってきました。

斎藤清さん(1907-1997)は会津生まれの近代日本を代表する世界的な版画家です。
主に木版画なのですが、油彩、水墨画、コラグラフの作品も少々ありました。

清さんのことはもちろん以前から存じ上げており、作品も幾つかは拝見したことがあったのですが、今回は220点!もう大大大満足でした。
本当に多様な表現をされており、最晩年まで制作に没頭し、探求を楽しんでおられた様子が伝わってきます。

会津は私にとっても縁ある土地なので、より魅せられてしまいます。
しかし、会津の風景だけではなく、外国の風景も人物も猫もハニワも…あらゆる対象物に真摯に向き合い生まれる作品はどれも素晴らしいものでした。
感動しました。

今まで、一番好きな版画家は平塚運一さんと云ってきましたが、この日から斎藤清さんも並ぶことになりました。
順番なんていいんですけど、他にもいっぱい好きな版画家さんがいるのですけどね。
やっぱり版画が好きだなぁ…とわかりました。

そう遠くないうちに清さんの作品をたくさん収蔵している福島県立美術館と やないづ町立斎藤清美術館に行こうと思います。

お知らせが遅くなったのですが、この展覧会は本日までなのです。。。
こんな素敵な展覧会を企画開催してくださった岡山県立美術館の方々に感謝いたします。

創作意欲を大いに掻き立てられた一日でした。

2013/5/8

ご来場、ありがとうございました!  想うこと

ご報告が遅くなりましたが、「かがみの手づくり市」無事に3日間の会期を終えることができました♪

いつも何度も覗いてくださる方、遠方から訪ねてくださった方、奥津に帰省中の方々…今回もあちこちで様々な出会いがありました。

回数を重ねるに出展者さん同士の交流もより楽しくなっていきます。
作品だけでなく、作家さんも本当に素敵な方ばかりなんです。
(そして、おおらかで温かな方が多いのです

そしてご報告を…と思い、写真をチェックするも、あまり使えるものがなく…この一枚です。。。

クリックすると元のサイズで表示します

手づくり市のブログでのご報告と併せてご覧ください。

かがみの手づくり市ブログ


皆さまのご協力があり、回を重ねることができました。
これからも変化しながら続けていきたいと思います。

どうもありがとうございました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ