● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2010/5/4

お田植え祭デビューと今月のアレ  暮らし

ここに住んで7年めですが、今回初めて[お田植え祭]に行きました。
近くの神社で毎年この時期に行われます。
今回も諸事情(?)があり、見送るつもりでいたのですが、ご近所さんが声をかけてくれたので、ご一緒することにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

簡単にご説明しますと、
お神輿が出て、神事が行われた後[お田植え行事]に入ります。
田んぼに見立てた土俵状の砂盛りに暴れ牛(に扮装したおじさん)と牛使いが出てきて会場を沸かせます。【上の写真】
その後、鍬代で田をならし、苗に見立てた杉の枝をみんなで両手に持って砂盛りの周りを囲み、杉枝を上下させながら、ゆっくりと周ります。
ベテランさんたちのうたう[田植え歌]に合わせながら…
最後にこの杉枝を各家に持ち帰り、苗代田(田んぼ)に立てて豊作を祈念するそうです。

初心者の私は見ているだけの予定でしたが、促されるまま杉の枝を両手に持って、皆さんと一緒に周ってしまいました♪
なかなか楽しかったです。

せっかくなので、杉枝をいただき、始動したばかりの畑に立ててみました。



世間では連休も終盤。
ああ、そうだ。
アレ。アレ。

「終始一貫した親の姿勢から
子供は生き方を学んでいく」


と、今月のカレンダー師匠が申しております。
そうなのかもしれませんね。
まだ子供の目線ではありますが…

今日のこのお田植え祭でも
みんなで地域に残る行事を大切にしている大人たちの背中を
子供たちは見て学んでいたことでしょう。


と言ってはみたものの、この標語を指針に今月の私はどう行動をとればいいものやら
とりあえずは終始一貫で。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ