● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2010/1/15

`09 11 うしくその2  展覧会・イベント

第二会場は女化青年研修所。女に化けるで[オナバケ]と読みます。
ちょっとドキッとする地名です。由来が知りたくなります。

懐かしい感じのする木造校舎・・・以前は小学校の分校だったようです。
校庭と教室を使っての展示。

こちらでも西村さんの作品がありました。
校庭に四角く大きく掘られた穴のなかに版木を展示してあります。
深さは80センチくらいあったでしょうか・・・
きっちり掘られた四角の穴はさながら大地の額縁のようでもありました。
中に入ってもいいと言われましたが、版木を踏むことができませんでした。


靴を脱いで、ストーブの火に集う方たちに会釈をしつつ教室の一つに入ります。
そこで開催されていたのは「佐久間あすか展 日常の集積」。
ひと目で惹かれ、じっくり見てまた惹かれる世界でした。
第一会場でも目をひく靴下を使ったオブジェがあったのですが・・・

日常よく目にするパーツが形作る 驚きの集合体といえばよいのでしょうか・・・
嗚呼、自分の表現力の乏しさが悲しいです。
言葉でも写真でもその迫力は伝わりにくいのですが、関連のページを勝手にリンクさせていただきます。

佐久間さんのホームページ TEA TIME 紹介→http://www5c.biglobe.ne.jp/~suka/works-p2.html

この作品は春に西村さんのアトリエで拝見した写真に写っていて、とても気になっていました。
飲み終わった紅茶などのティーバッグを干してくっつけていった塊です。
その制作によせる思いを読んで、なるほど・・・と。

いくつも衝撃の(?)造形物があったのですが、私があれこれいうのも野暮ですので、ご興味のある方は佐久間さんのホームページの[WORKS]をご覧ください。
そして機会がありましたら、ぜひ本物を見ていただきたいと思います。
第16回うしく現代美術展でも見られるのでしょうか・・・?

佐久間あすかさんのホームページ→http://www5c.biglobe.ne.jp/~suka/

[STATEMENT]や[WORKS]のCONCEPT を読んでいただけたらと思います。

そして、今もTEA TIMEは少しずつ大きくなっているようです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ