● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2009/8/30

木版漫画なるもの  木版画

先日、所用で京都へ行ってきました。
用事を済ませて時間があったので、ずっと行きたいと思っていた恵文社一乗寺店へも行ってきました。その途中、気になるお店があったので立ち寄りました。
[ガケ書房]という外観にインパクトのあるお店。
外観だけでなく、中身も個性的で充実したお店でした。

そこで見つけた『パラソルの微風(かぜ)』という木版漫画。
名前の通り、原画が木版の漫画です。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなジャンルが、こんな活動をしている人がいるのかと嬉しくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

中身はあまり見せてはいけないのかもしれませんが、木版ならではの表現が物語にピッタリです。
レトロなノートっぽい装丁もステキです。

いろいろな刺激を受けた京都ステイでした。

2009/8/27

はたけ図鑑7 オクラ  植物

前記事を読んで「オクラの花ってどんなかしら?」と思った方もいらっしゃるかも…
と、画像をアップします。

クリックすると元のサイズで表示します

オクラ好きな私も花を見たのは昨年が初めて。
今年はいっぱい食べたくて、苗3つの他に去年の残りの種も蒔きました。
(時間差での収穫を狙いつつ…)

今では苗からか種からかわからないくらいみんなスクスク育ちました。
ちょっと目を離すと大きくなりすぎて堅くて食べられなくなります。

この花が散ると数日後には美味しいオクラが実ります。

2009/8/24

はたけ図鑑6 わた  植物

いいかげん農法にもかかわらず、たくさんの恵をもたらしてくれている畑の野菜たちに感謝の日々です。ナスとゴーヤは不作ですが。
さて、今日は綿の花が咲いていたのでご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

春に和綿の種をいただいたので蒔きました。
種は綿に覆われていてフワフワでかわいらしかったです♪
4つ芽が出たのに、間もなく2つが消滅していました。
理由はわかりません。

残りの2つが育ちまして…花を見つけてうれしくなりました。
ワタはオクラと同じ[あおい科]なのでオクラの花によく似ています。
(大きさはかなり小さいです)
この赤と白の花は同じワタの木に咲いています。
ワタの花は開花1日目は黄色、2日目はピンクに変わりしおれるそうです。
綿吹く日が楽しみです♪

2009/8/21

ポチ袋展2009  おしらせ

来月、京都[哲学の道]あたりで開催のポチ袋展のDMが届きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回で3回目のポチ袋展。
私は昨年より2回目の参加です。

2010年寅年のポチ袋3種組と新作 文鳥豆ぽち3種組を出品します。

どうもこの「3種組」が私にちょうどいいみたいです。
いくつかの寅案(文鳥案)の中から3つ、どれを選ぶのかが毎度悩みどころ。
これじゃパンチが足りないなぁ…とか、まとまりを考えたらこっちかなぁ…なんて。
今回使えなかった案はまた12年熟成しておきます。

お近くの方、おついでがございましたらぜひお立ち寄りくださいませ。
近々各お店(ネットショップも!)でも販売予定でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

ポチ袋展2009
−カタチいろいろ十人十色−

出展作家(五十音順 敬称略)
AMU 一花 雨玉舎 S&L 河本十四子 樺澤かおる 
千田佐知子 中尾エイコ 野村洋子 VINゆみ 豚頭巾
松岡康二 まるめろ社marmellow マンサナ 柳田もとい 
若生奇妙子 他

2009.9.9(水)〜14(月)会期中無休
11:00〜17:00(両会場とも)


※DM有ります。ご入用の方はコメントかメールでお知らせください。お送りいたします。

2009/8/17

クラフト版画教室  木版画

先日、岡山駅近くにある環境学習センター「アスエコ」さんで親子対象の版画教室が開催されました。
わぁ。楽しそう♪
参加したいなぁと思っていたら、講師は☆でした。

ワークショップ好きな私は今までいろいろ参加して楽しんできましたが、講師は初めての体験です。

ひょんなご縁でお声を掛けていただいた当初は「エコ」な観点から廃材や間伐材でできないかというお話でしたが、
小学生が中心なのと、時間が短いこと(2時間)…廃材や間伐材は木版画の材料としては向かないこと(水分量、堅さ…)いろいろ考えて「葉っぱ」を主にしたの版画を提案しました。
葉っぱ版画…自分でもやったことなかったんですけど。

クリックすると元のサイズで表示します

「葉っぱ」はあらかじめ家の周りでいっぱい拾ってきました♪
いろんな葉っぱの形からイメージをひろげます。

クリックすると元のサイズで表示します

ダンボールを布で包むように縫い、ゴムひもの持ち手をつけた「バレン」を用意してきてくれた方もいました。かわいい♪

今回は版画の特性として、「同じモノが摺れる」「見当を使って2つの(複数)の版を重ねる」…これを葉っぱ版画でも再現できるように工夫しました。

さて、どんな作品ができたのでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは男の子の作品。
鳥の翼に葉っぱをうまく使っています。
鳥の黄色い線は版(ボール紙)に両面テープで凧紐を貼り付けています。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは女の子の作品。
海の世界を表現してくれました。
凧紐でつくったタコや2枚の楓でつくったヒトデなど。
むぅ。アイディアマン!

アスエコさんで用意してもらった「エコばれん(?)」はこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

四角く切ったダンボールにテープを巻いた簡単なものですが、これがなかなかどうして!いい仕事をしてくれます。葉っぱ版画に最適です。

クリックすると元のサイズで表示します

自分でも見本としていろいろな葉っぱで見本をつくっていきました。
葉脈がきれいに出て、感動。
色はスタンプインクでつけています。

まだまだ可能性が拡がる葉っぱ版画。(葉拓というのでしょうか?)
参加者のみなさんにも楽しんでいただけたようでよかったです♪



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ