● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2009/4/30

立原位貫木版画の世界展  展覧会・イベント

昨日、新見美術館へいってきました。
現在「立原位貫木版画の世界展」開催中です。

クリックすると元のサイズで表示します

一週間ほど前、立原位貫(たちはら いぬき)アーティストトークと題し、ご本人のお話を伺える機会があるとラジオで知りました。
!!!
版画に関する情報は流れずにちゃんと入ってくるのに我ながら感心します。
そして、鼻息荒く会場に向かったのでした。

立原さんは名古屋市生まれ。
現在は京都で制作を行っています。
ジャズサックス奏者だった25歳の時、一枚の浮世絵に感銘を受け、版画の道に転身。
以降、独学で江戸時代の手法や材料を研究し、再現してきました。
オリジナル(創作版画)をつくるときでも「下絵」「彫り」「摺り」全ての工程を一人で行います。
ちなみに人生を変えた一枚の浮世絵は歌川国芳のものだったようで、国芳の復刻がいっぱいありました。とても美しく圧巻でした。

さて、アーティストトークに登場した立原さん。
スラリと長身の格好いいお方でした。
木版画家というよりはサックス奏者のような風貌でした。
(偏見?)
朴訥とした喋り口も素敵です。

「自分の作品を解説してもおもしろくないから…」と
随時質問を受け付けつつ話を広げていくというとてもラフなスタイルでした。
もちろん、私も質問しました。(抑えて抑えて…2つほど。質問魔です)
学び多きひと時でした。

今月24日まで新見美術館で開催しています。お近くの方はぜひ♪

お近くでないかたは…

■関連のテレビ番組・展覧会情報■

■NHK総合
 『ワンダー×ワンダー 幻の色 よみがえる浮世絵』(仮称)
 2009年5月16日(土) 22:00〜22:48

M&Y記念館(岡山県津山市)
 『立原位貫 浮世絵復刻特別展』
 2009年4月21日(火)〜6月21日(日)
 津山市東一宮13-8
 0868−27−3239

工房Ikuko(岡山県倉敷市)
 『立原位貫木版画展』
 2009年5月23日(土)〜31日(日)
 倉敷市中央1-12-9
 086−427−0067
 

何といいますか、創作意欲の中でもいつもと違う部分を刺激されました。
この感動が褪せぬ間に行動に移さないと。

2009/4/28

ははにはんこを  木版画

そんな訳で先日空振りに終わった(?)というはんこの写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

マッチ箱風のギフトパッケージに入れて…
手前のブックマッチ風のものはおまけのメッセージカードです。

10円玉と比べるとわかりやすいかと思いますが、小さなはんこです。

クリックすると元のサイズで表示します

ときに10ほど図柄を考えて持って行きました。
文房具屋さんやお土産屋さんにある名前入りはんこにはまず自分の名前はない。
とおっしゃる方には喜ばれました♪
三文判で自分の苗字を見つけたことがないと言う方も。
(しばらく珍しい名前の話で盛り上がる・・・)

名前のほかにも「封」とか「済」とか「THANKS」とか「OK!」なんて入れてもおもしろいかな?

また新たなサイズや図柄も加えて出直します。


ちなみにこのマッチ箱&ブックマッチは鳥羽房江さんの「ゴムはんこワールド」(技術評論社)という本を参考にさせてもらいました。
定規とカッターを手に、ひとつひとつ手作りです。

2009/4/26

雨の市  木版画

昨日、「きりきり 春の市」が無事に終了しました♪

一日雨で店内での開催となりましたが、オープンと同時にたくさんのお客さまがお越しくださいました。
毎度準備不足の私は朝から夕方までイゴイゴしておりまして、気がつけば写真を一枚も撮らずに終わってしまいました。

今回は母の日が近いこともあり、[母の日ギフト]として、セミオーダーのはんこを初めて企画販売したのですが・・・空回りしてしまいました。
ご自分用にお求めいただく方ばかりでした。
(母の日パッケージしか用意していかず・・・)
晴れならば外で実演しながらその場でお名前を入れてお渡ししたかったのですが、今回は店内でスペースもなく後日郵送という形にさせてもらいました。

小さなはんこだったのですが、足を止めてくださる方が多く、今後も広げていきたいなぁと思いました。
はんこ屋に転身か?
いえいえ。何でもありの雨玉舎でいこうと思っています。

また写真でご紹介します。

ご来場くださったお客さまを始め、きりきりスタッフ、出展作家さん・・・
皆々さま、どうもありがとうございました♪

2009/4/20

郵制記念日に際し  想うこと

今日、4月20日は[郵制記念日]だとラジオで聞きました。

近代日本の郵便制度は前島密により1871年(明治4年)4月20日にイギリスより導入され、東京〜大阪間で始まる。翌1872年には全国展開が図られ、飛脚やかごに取って代わる。
これを記念して1934年(昭和9年)に制定。この日から1週間を「郵便週間」として、郵便業務のPR活動などが行われる。同じくこの日から1週間「切手趣味週間」も始まる。
日本記念日協会 Wikpedia から引用)


私は手紙が好きなんです。
[書く]のも[もらう]のも嬉しい♪
手紙について書くと新しくブログを立ち上げないといけないほどなので、今日のところはサラリと流します。

子供の頃から切手が好きで、[前島密]氏の一円切手はとても馴染み深いものです。
一円切手50枚貼り付けてハガキを出したり、
朴葉(飛騨の朴葉味噌のアレです)に切手貼ってハガキにしたり、
郵便屋さん泣かせなこともやりました。

今でも切手はできるだけ季節や相手、封筒便箋などに合わせて記念切手を選ぶことが多いです。最近は[特殊切手 ○○シリーズ 第○集]といって様々な図柄がどんどん発行されます。
あれはちょっと感心しません。…もっと一枚一枚の質を上げるというか、愛情を込めて発行して欲しいなぁと思います。もちろん、それも使いますけど。昔は…ちょっと前までは一枚一枚が宝石のように美しかったのに…。最近の切手を蒐集している人もいるのかなぁ…。

切手の他には[風景印]がお手紙のアクセントになります。
奥津温泉の郵便局にも風景印がありましてね、たまに押してもらいに行くことがあります。
足踏み洗濯の絵の入った少し大きめな消印を押してもらいます。
最近、町内の別の郵便局にも風景印があることが判明!
こちらは[足踏み洗濯]と[泉山]と[スノーモービル]の絵が入って盛りだくさん。
訊いてみるものですね。

皆さんの町の郵便局にも[風景印]あるかもしれませんよ。
郵便物を持っていって「風景印ありますか?」って聞いてみてはいかがでしょう?
いつもと一味違うお手紙を届けることができます♪

…ってだいたいがヒトリヨガリ。
気づいてもらえてないかもしれない…

それでも先日封書30通全部に風景印をお願いするというまたまた郵便屋さん泣かせなことをしたのでした。

今週末、土曜日は[きりきり 春の市]です。
お手紙が楽しくなるようなアイテムを持っていきます♪ ・・・たぶん。

2009/4/17

卯月も半ば過ぎ・・・  想うこと

そうでした!
4月の指針、お知らせするのを忘れていました!
帰省したり何したりでパタパタしておりまして・・・
と、言い訳もそこそこ。
そもそもこのカレンダーの指針(標語)を楽しみにしている人がいるのだろうか・・・
と、ふと思ったりしてみたり・・・

あ。でも自分が好きなんで、構わず続けますよー♪
えーーっと今月は

「思い悩むよりも行ってみよ
  行動の中から途が開ける」


(おもいなやむよりおこなってみよ
 こうどうのなかからみちがひらける)

です。

そうそう。悩んでいても何も始まらない。
えいやって始めないといけないこともあります。

しかし、この[悩み気質]は簡単に変わるものではありません。
少しずつ少しずつ・・・。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ