● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2009/1/13

蔵書票をつくろう  展覧会・イベント

本日も雪の中からこんにちは。
奥津は今日も雪です。冬ですからね。

さて、昨日はそんな雪の郷を脱し、天神山文化プラザ(岡山市)へ「版と型の可能性2009」を見に行ってきました。
いろいろな完成作品がその[版]や[型]と共に展示してあり、とても面白く勉強になる企画展でした。
そして、今回のもう一つのお楽しみは「シルクスクリーン体験〜オリジナルの蔵書票をつくろう」というワークショップです♪
講師は版画家の高原洋一さん。同じく版画家の高原彩子さんもサポートしてくださいました。

シルクスクリーンも版画です。孔版と云われる類で、分かり易いものだと「プリントゴッコ」もそれにあたります。
今回は手描きの原稿を写真製版しました。
私も詳しくないもので…興味のある方は技術の詳細をネットなどで検索してみてください。

蔵書票(EX-LIBRIS えくすりぶりす)は本の所有を示す小さな紙片です。
その多くが版画でつくられています。
今回はハガキサイズで、蔵書票としては大きいものでしたが参加者11名の楽しい作品がならびました♪
私のはこちら↓

クリックすると元のサイズで表示します

2つの下絵を用意して臨んだのですが、先生のアドバイスでそれらを両方盛り込みまして、なんとも賑やかになりました☆結構満足な出来です♪
3版3色刷りです。

デカデカと「江美蔵書」って描いてありますけど、「欲しい!」と云う方があれば差し上げます。
サイン入りで抽選で3名さまに☆(1月20日締め切りです)

メールでおしらせくださいませ。 → ugyoku-shaあっとorange.zero.JP

雨玉舎ホームページ、右下の鳥のマークをポチっとしたら簡単にメール送信できます。
雨玉舎ホームページ

抽選するほど希望者もいないとは思うんですけど…笑って見守ってください。


版と型の可能性2009

会場:天神山文化プラザ(岡山市天神町8-45 電話086-226-5005)
期間:2009年1月7日(水)〜18日(日)
時間:9:00〜18:00(最終日は16:00まで)

入場無料

今回のワークショップでつくった蔵書票も期間中展示されます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ