● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2009/1/31

山陰一人旅(中編)  木版画

第一の目的地、島根県立美術館。
宍道湖のほとりにある、開館10周年を迎えた美術館です。
ここの企画展は私のツボを押さえたものが多く、遠い割りに結構来ています。
いつも季節はなぜか冬〜早春。

今回は[版! ― 魅惑の近現代版画 ―]
「版」とは何か。またこの版を使った絵、「版画」ならではの魅力とは何か。
所蔵作品の近現代版画を中心に版種の違いによる「版の表情」に着目し、いろいろな技法の版画を広く紹介しています。
むぅ。いい版画もっていらっしゃる。

あれもこれもよかったのですけど、浜口陽三さんの「22のさくらんぼ」(…だったかな?)がとても勉強になりました。
浜口陽三さんはカラーメゾチントという独特な銅版画を制作、発展させたことで知られています。私も学生時代、ほんのちょっとだけ銅版画をかじったので、メゾチントという技法も習いました。しかし、あのカラーメゾチント、どんな版をどんな風に刷るとあんな風になるのか皆目見当がつかなかったのです。それが今回は色版ごとに展示してあって、よくわかりました。わかったらなおさらスゴイと思いました。

そして美術展といえば私の好きな記念講演会やワークショップ。
今回は2月8日に銅版画家の中林忠良さんが「遠くて近い版の絵」と題した講演会をします。
同日、銅版画の制作実演もあるそうです。
詳しくは島根県立美術館の公式サイトへ → ぽちっ

行ーきーたーいーーー!!
だけど、この季節。県境の峠はお天気の好い日にしか越えられません。
行ける時に行っておかねば!と、今回は中林さんをあきらめました。
残念無念。

そうは云っても充分満足な収穫。
宍道湖の美しい夕焼けと下弦の月を見て松江をあとにしました。
(↑これも写真撮り損ねた…夕焼けの橙から上に藍のグラデーション。細い白茶の月)

2009/1/30

山陰一人旅(前編)  暮らし

先日、お天気のいい日を選んで1泊2日、山陰一人旅に行ってきました。
目的は2つ。
一つは松江にある島根県立美術館で開催中の[コレクション探検 版! −魅惑の近現代版画−]の鑑賞。
もう一つは鳥取県南部町にある[祐生出会いの館]です。

何せ、この季節ですので雪道…とくに県境が怖いのです。
頑張れば日帰りできるのですが、頑張らずに米子で一泊して、余裕をもって行きました。
朝晩の道路の凍結は命取りですから。

初日は9:00出発。天気も良く暖かだったので、蒜山高原を抜けて行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは大山(ダイセン)ですよね。きっと。
(注:正しくは上蒜山のようです。失礼しました。 ^-^; 詳細はのうてんきさんからのコメントをご覧ください。)

とても美しかったです。
ドライブ中、たくさんの美しい風景に出会いました。
写真はほとんど撮らず、心に焼き付けました。なんて。
(ただシャッターチャンスを逃しただけです)

木々の枝全体を覆う霜が美しいのですよ。
もう桜満開(?)のような感じです。
氷桜と命名しました。

あと、雪に覆われた畑か野原か…そこに霜に覆われたススキが絶妙な配置で立っているのも素晴らしかったです。どちらも輝いてました。

このコースを走ると「江府町」を通ります。
ここ、私と同名のお城と神社があるんです。(→過去の記事

なんだか素通りできなくて、お参りに寄りました。
そこでこの神社の「氏子さんの総代会長」さんに会いました。雪で折れた樹の様子を見に来られたところでした。「まぁ、よく参ってくださって。」と神社のことを色々伺いました。

江美神社、この周辺の村のお社を合祀してできた比較的新しい神社なのだそうです。(明治〜大正の頃)ここが「江尾(エビ)」という地名で、そこから名前を取ったのですが、江尾以外の神社もあるわけで、[尾]の字を[美]に変えて、読みも正しくは「エミジンジャ」なのだそうです。わぁ〜ますます親近感♪戦中には「武運長久」の祈願祭をしていたこともあり、今では「長寿」のご利益があるのだとか。
そして、江美神社の宮司さんは[金持神社]の宮司さんでもあるそうで…
[金持神社]、カモチジンジャと読みます。ご存知ですか?その縁起の良い名前から、全国に有名です。(たぶん)
そして、会長さんは「お参りいただいたので、おかげがありますように」と家に戻って金持神社の根付と特製黄色いハンカチを取ってきて、私にくださいました。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな訳で、私、お金持ちになってしまいそうです。
思いがけぬ出会いを後に目的地、松江に向かいます。
途中、春にも出会いました♪

クリックすると元のサイズで表示します

2009/1/21

まずい まずすぎる  暮らし

私は概ね偏食知らずです。
甘い、辛い、酸いい、苦い、臭い etc…おいしくいただきます。
そんな私をして「不味い」と言わしめた[柿の菓子(?)]をつくってしまいました。

柿をいただいたので、ジャム以外のお菓子にしたいとネットで検索したレシピ…
あまり忠実につくらなかった所為もあるのですが、それにしても不味かったです。
…残りの柿はそのまま生でおいしくいただくことにします。

さて、先日の蔵書票。
嬉しいことに「欲しい」とメールをくださった方がおられました♪
抽選するまでもありませんでしたが…
メールをくださった方には近日中にお送りいたします。
Yさん、Kさん、Hさん、ありがとうございました♪

2009/1/18

アンドリュー・ワイエス展  想うこと

アメリカの画家、ワイエスさんの訃報が今朝届きました。
16日の夜、91歳の生涯を閉じたのだという・・・

彼の名前を知ったのは1995年、Bunkamura ザ・ミュージアム(東京 渋谷)で「アンドリュー・ワイエス展」が開催された時でした。
周りの友人たちが研究室で招待券だか優待券をもらって浮き足立っていて…
私も一緒にもらったものの、聞いたこともない名前。
ワイエス・・・YS ?(…正解はWYETHです)
興味もそこそこにいった会場、その作品の数々に感激して、出口を通る頃には好きになっていました。
それから、授業でも何かにつけてワイエスを取り上げてみたり、にわかワイエスファンでした。

あれから14年、また日本で大きな展覧会を開催している真っ最中でした。
Bunkamuraでの開催は昨年末で終わってしまいましたが、以下のとおり巡回しています。
お近くのかた、足を運んでみられてはいかがでしょうか。

2009年1月4日(日)−3月8日(日)   愛知県美術館
2009年3月17日(火)−5月10日(日) 福島県立美術館


今日は14年前に購入した展覧会図録を眺めることにします。

2009/1/15

ジョセフ日和  暮らし

クリックすると元のサイズで表示します

今朝も除雪車の音で目覚めました。
窓を開けるとしっかりと積もっています。

お昼ご飯を食べてからエンジンがかかり、今日もジョセフです。
厚着して、紫外線対策もぬかりなく…
掻き甲斐あります。

久々に裏に廻ってみたらツララもいっぱいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

頭上注意です。うつくしいがおそろしい・・・

好天での雪かきは愉しいです♪
頭も体もリフレッシュ。
体もぽかぽかしてきますしね。(汗だく?)
寒も今日が底だとラジオで言っていました。
雪道の運転はくれぐれもご注意を!!(自戒)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ