● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2008/9/30

栗  暮らし

今朝のこと。
玄関の方から「☆さーん、☆さーん」と聞きなれない声がします。
ドアも叩かず、玄関も開けず…この辺の人には珍しい…
誰かな?と玄関を開けると、山の上のymsさん。
いっぱいの栗で両手が塞がっている様子。

「出掛けにそこの木の下で拾ったんじゃ。昨日の雨で落ちたんだろうよ。
めずらしいんで。あっこの(あそこの)はいつもイノシシに先に取られるんじゃ。
いつまでも持ってるわけにもいかんし、もろうてくれぇ(もらってね)。」…って。

手から手へ。
今度は私の両手が塞がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

栗ご飯にしようかな?
一緒に届いた三つ葉が嬉しい♪
ありがとうございました。

2008/9/26

元気です  

こんにちは。
ちょっと更新が滞っております。
書くことがまるでないような、いっぱいあり過ぎるような・・・
ここ数日、脳内が混沌としているので整理中です。

やりたいことがいっぱいで何から手をつけていいのかわからなくなることがたまにあります。

晩秋に向けて、少し大きい版画をつくりたいなぁとクロッキー帳に落書きをしてみたり、
ホームページも充実させていきたいなぁ・・・と中途半端に触ってみたり、
半年程、計画的に進めていた(?)2009年カレンダーの制作が気に入らなくなって白紙に戻したり(代案無し)、
突然思い立って着手した版画の下絵を何度も見返してみたり(うっとり?)、
それをパソコンに取り込んで手探りで着色してみたり(完成イメージを制作)・・・

こうなると、しばらく放っておくしかないみたいです。
そんな訳でブログの更新ははかばかしくありませんが、元気にしていますのでご安心ください。

2008/9/17

ミノリノ秋  暮らし

二代目イネコも実りの季節を迎えております。

クリックすると元のサイズで表示します

この一粒一粒が三代目ってことかぁ…

2008/9/11

むかしもいまも  木版画

哲学の道にある2つのギャラリー、「ギャラリー高野」さんと「ギャラリー花いろ」さんで開催されました「ポチ袋 むかしもいまも 2008」が終了いたしました。

たくさんの方々にお越しいただいたと伺っております。

私はぽち袋のみの参加となりましたが、はるばる岡山から会場へ足を運んでくださったA+Aさんにお写真を拝借いたしましたので、ご紹介いたします♪

クリックすると元のサイズで表示します

こちらがギャラリー高野さん。
「むかしポチ」のコレクションをお楽しみいただけます♪
そして、川沿いに哲学の道を散策すること数分、左手に…

クリックすると元のサイズで表示します

ギャラリー花いろさんです。
赤い扉が鮮やかです。
窓も大きく、開放的なギャラリーです。
その奥には畳のスペースがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

わぁ!
ポチ袋がいっぱい♪
そして、雨玉舎コーナーはコチラ☆

クリックすると元のサイズで表示します

近づいてみると…

クリックすると元のサイズで表示します

素敵に額装をしていただきました。
こちらは新作の2009年の丑年用ぽち袋です。
キャプションの「ポチ展開図的縁取り」もかわいいですね♪

お。
またまた真ん中のポチは「判じ物文様」のようですね。
この距離でお判りになった方はスバラシイ!

また、追ってご紹介いたします。
来月には増刷しますので、また、よろしくお願いいたします。


…と臨場感溢れるリポートをお送りしましたが、
行けなかったのです。
行きたかったのです。

A+Aさんをはじめご来場いただいた皆さま、そしてギャラリー高野さま、ギャラリー花いろさま、どうもありがとうございました。
いっぱいの感謝を込めて。

2008/9/8

玉兎  銘菓 逸品

先日いただいた「玉兎 たまうさぎ」というお菓子。
15mmほどの小さな球体の菓子、和紙でひと玉ずつ包んであります。
食べようと包みを開けると…

クリックすると元のサイズで表示します

あぁー!! かわいい♪
うさぎが2兎。
(腹合わせで包まれているんです。)

ちょっとだけためらったものの、口に運ぶとまた美味しい♪
和三盆です。


これは新潟、弥彦神社に縁深い銘菓です。
弥彦観光協会さんのHPから「玉兎の由来」を引用させていただきます。


大昔、霊峰弥彦山に沢山の兎が棲んでいたが、毎日、里へ下りては神領農民達の大切な田畑を荒らす為に、ほとほと困り果ててしまった。
 農民達の苦しみをお聞きになった彌彦大神様は、早速弥彦山にいる兎達を全部集められて、大切な田畑を荒らすことのないようにとお諭しになったので、すっかり恐れ入った兎達は、以後絶対に里へ下りていたずらをしませんと固く誓い、それから後はぷっつりと被害が無くなったと云う。
 神領の農民達は彌彦大神様の御神徳を大変感謝し、大神様のお諭しを聞いて畏まっている兎達の丸くなった姿を米の粉で形作って献上した所、大神様はこの菓子を喜んでお召し上がりになられ、「良幸餅(うさちもち)」と名付けられたと云う。
 良幸餅・・・ウサギ餅は、彌彦大神様の宏大無辺の御神徳を今の世まで語り伝える弥彦の名産品であります。
(弥彦名産玉兎組合)

かしこまっているんですね、うさぎさん。かわいい…

そんなわけで新カテゴリー「銘菓 逸品」を追加してみました。
このブログ、またまた木版画から遠のきそうです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ