● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2007/10/6

続 十年一昔  想うこと

前投稿の「わたしの世界」に続きまして、もうひとつ。
同時期につくったものです。

クリックすると元のサイズで表示します

「セロ弾きのゴーシュ」です。
同じく中学生用の指導要領づくりの授業でした。
こちらは木版画です。
30×45cmと少々大きな作品です。
最近私がつくっている木版画と違い、油性絵具&ローラーをつかって摺っています。
(今は水性絵具&刷毛です。)

確か、物語のワンシーンを木版画で再現するという内容(教材)だったと思います。
で、またまた中学生に戻った気分でのびのびつくったら…

チェロと弓を持つ手が逆になってました!
版画は彫ったものが反転して摺り上ります。
☆さん、基本ですよ!

いやいや。ゴーシュは左利きだから。
と言い訳も苦しく。
…チェロは左利きでも弓は右手に持つんだよ。って言われました。

この版画も担当の教授、iti先生に思いがけず褒められました。
「ネコがいい!」って。
当時は「そう…なのか???」って思いました。
10年経って見てみたら
うん。無邪気で頭の良くない(?)感じがよく出てるよな。
ネコの声が聞こえてきそう。
もう自画自賛炸裂。
で、片付けが進みません。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ