● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2007/8/6

流しそうめん ☆彡  暮らし

明日は七夕です。
えっ?
あ。奥津では旧暦で、一ヶ月遅れで七夕まつりです。
有名な仙台七夕もそうですよね。

この七夕に併せて、みずの郷奥津湖では恒例となった「そうめん流し」やってます。

先日、この準備チームに呼び出され
「竹の内側に、子供の喜びそうな絵を描いて。カエルとか得意でしょ。」って。
…そうめん流れるところにカエルはちょっといただけないでしょう。 
で、サワガニ、アユ、アマゴ、メダカ etc… 描いてみました。

今日、設置された様子を覗いてきました♪

クリックすると元のサイズで表示します

上のほうには滝(?)もあって涼しげです。
サワガニの親子です。

クリックすると元のサイズで表示します

焼きペンが描きにくく、同じ竹でも場所によって焼け具合が違う…
なかなか往生しました。

こちらは子供ウケを狙ってクワガタです。

クリックすると元のサイズで表示します

子供の反応もそれなりにあったようでよかったです♪

青空の下での「流しそうめん」、涼しげですよ。いかがですか?
7日、14:00までやっています。

2007/8/4

一茶句版画 その2  木版画

台風は大丈夫でしたか?
今回は雨よりも風に怯えていました。
今日は何事もなかったように穏やかな晴天。
蝉がジリジリ鳴いています。

さて、今日ご紹介の版画はこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

「大蛙から順順に座どりけり  一茶」

…ってそのままなんですけど。
シンプルにまとめてみました。

2007/8/2

ぽっちょり かたつむり  木版画

ここのところ肝心な(?)版画の話が無いので、最近つくった版画を紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

75×70mmのちいさなものです。
タイトルは特につけてはいないのですが、
「大天狗の鼻やちよっぽりかたつむり」という小林一茶の句からつくりました。

最近は小林一茶さんの句に惹かれるものがあります。
俳句をよんで、その映像が広がるようです。
なのでそれをそのまま版画にしてみました。

俳句はその映像(風景または心象風景)を言葉により切り取る。
絵画は映像を画材を用いて切り取る…再現する。
同じことだったのだと今更ながら俳句の魅力を知る。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ