● ブログを引っ越しました →  雨玉舎もよう

2007/3/7

でゝ虫とも  木版画

こんにちは。
またまたなかなか更新もせず…うっかり月一回ペースになりそうです。(-_-;)

来週より岡山県南の玉野市にある[Glass studio & gallery cafe Mother's]さんでの版画展が始まります。

準備万端!…と言いたいところですが、これからが本番、ラストスパートです。
最近はアウトプットよりもインプットな日々でした。
特に先月はスゴイモノを見ました。
今月もスゴイモノ見ました。
上を見ると、てっぺんが見えなくてその道程の長さに焦りのような気持ちを持つ。

そんな時にたまたま知った「かたつぶりそろそろ登れ富士の山」。
小林一茶の詠んだ一句です。
他にも「蝸牛とも気永に不士へ上る也」なんていうのも。

あぁ、そうだ。
自分の出せる一歩一歩の積み重ねることが大切なのにね。
上ばかり見て、足元の…一歩を疎かにしていなかったかな?

そんな気持ちを版画にしました。
クリックすると元のサイズで表示します
タイトルは「でゝ虫とも」。
一茶の句にかたつむりのことを「でゝ虫」と呼んでいるものも複数あって、なんだかかわいいなぁと思ったので。
気永に(気長に)いきますね。

最近気になっている人物は「一茶さん」と「運一さん」です。
運一さんについては改めまして。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ