2007/11/29

わびれもの  

発売中のまんがライフMOMO1月号より、小坂俊史先生の新連載「わびれもの」スタート。
「わび」+「さびれ」スポットを独自の視点で紹介する、否4コマエッセイコミック。
第1回は「相模湖」。
4ページ目最初の4コマに強く魅かれるのは、さびさび人間だからでしょうか?


2007/11/27

真のペアマグネット  

まんがライフMOMOコミックスフェアの「あぼばクリニック」と「千秋しまってこー!」のペアマグネットが届きました。
ありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/11/26

あずまきよひこ先生サイン会@電撃15年祭  マンガ

11月25日幕張メッセで開催の「電撃15年祭」の中でおこなわれた、あずまきよひこ先生サイン会に行ってきました。

事前抽選で15時からの回に当選したものの、集合場所に行くとかなりの人が待機中。ついにイベント時間内に終わらず、17時に特別会議室へ移動することに。
騒がしい会場から一転、BGMもない静かな場所。まだかまだかと待つファン100人。
あずま先生にとってものすごいプレッシャーだったかも。

「遠方からお越しのかたはお申し出ください」とスタッフのかた。
すると、「おうちかえりたい、おうちかえりたい」と泣く子供の声が。
すぐに子連れのかたが優先され、危機回避。

列に加わって約3時間、やっと自分の番がまわってきました。
メディアワークスのかたらしい「15歳」Tシャツを着た女性に「今回のサイン会、競争倍率はどれくらいだったのですか?」と尋ねると、「詳しくは申し上げられませんが、ン十倍です」とのこと。

すると、あづま先生が「一分で描ける絵柄にしたつもりが一分三十秒かかってしまって、お待たせしてすみません」…いえ、いえ、直筆がいただけるだけでもありがたいです。

そんなさわやかなあずま先生、ちょっと「安田大サーカス」のアノ人と似ていると思いました。(失礼)


クリックすると元のサイズで表示します

2007/11/25

第2回島人間コンテスト  音楽

11月24日夜、以前、わがサークルの同人誌付録CDに参加してくださった「うたの小さなお兄さん」¥Cuスタ平主催のライブイベント「第2回島人間コンテスト」に行ってきました。

6組、約4時間の長丁場でしたが、全アーティスト飽きることなく観続けました。ほかのお客さんも同じ想いだったらしく、途中で帰る人いなかったですね。

「芝生」
メタル系アニソン特撮ソンカヴァーバンド。
全員「怪物王女」のチームコスプレで登場。(メンバーは全員男性w)
しかし、演奏メチャウマ。今回だけの結成が惜しまれる。

「MOE−K−MCZ」
「神様家族」などで知られる小説家・桑島由一氏率いる、女の子三人組の萌え系ラップユニット。
アニメ声のカワイイ三人組が「お兄ちゃんが好きー」と叫べば、ここ秋葉原で盛り上がらないワケ無い!

「すぺらんかー」
「ZERO−ONE」であれだけ盛り上がるとは…
すぺらんかー氏はミクシィ「まんがタイムきらら」コミュの管理人さんでもある。

「中野アニソン燃/萌ギター研究所」
男性二人のアニソンメタルギターオフヴォーカルユニット。
ナウシカのアレがイングウェーマルムスティーンみたいだった。

「のみこ」
アニメ「もえたん」エンディングの歌姫。
女のワタシも「ヌッハー」と鼻息を荒くしてしまったかわいさ。

「¥Cuスタ平」
久々に生歌の「AkibaJustis」聴いて涙出そうになったのは、公然の秘密だ!

イベント終了後、¥Cuスタ平にうっかり言ってしまった…「ありがとう」と。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/11/25

重野なおき先生サイン会@横浜  マンガ

11月24日、横浜・有隣堂書店の重野なおき先生「GoodMorningティーチャー」9巻発売記念サイン会に行ってきました。

はじめて「髪が伸びてアフロ」の重野先生を見たような(笑)

今回は一人一人にキャラクターのほぼ全身、細かいキャラリクに応えていたようで、知人は「メイド服の舞先生」という本編にはありえないものを描いてもらっていました。

ワタシは「吉崎番長withねこ」を。
ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ