2006/9/30

飛込  

児童文学出身の人気作家、森絵都さんの「DIVE!!」(講談社・角川文庫)を読みました。

マイナースポーツである「飛び込み」でオリンピックを目指す少年達の話なのだけど、

「だって、メロスはさ、早めに出発して普通に走ってれば、余裕で間に合ってらくらく友達を助けられたわけじゃない。でも、妹の結婚パーティを楽しんだり、のんきに眠ったり、鼻歌を歌いながら歩いたりするもんだから、最後にあわてることになったんでしょ。あれは絶対、作戦だと思うんだよね」
「作戦?」
「うん。余裕じゃダメなんだ。もっとギリギリの間一髪の、もう絶対絶命ってくらいになんなきゃメロスは燃えないんだよ」

こういう「斜に構えたスポーツ小説」、好きだわぁ。
このセリフを言った少年は、本当にギリギリまで自分を追い詰め、しかし、微笑ましい結末を迎えます。

ワタシ・すとう春美は三十代、独身、無職。
かなり崖っぷちに立っているのですが、この小説を読んで、もっとその先に行けばなんとかなるような気がしてきました。

9月の緑丸さんの画像upします。

それから、某4コマ誌のサイン本プレゼントに当選しました。
昨日届きました。
大手出版社発行なのに、地元では売ってるところすら見たことなかった本だったのでありがたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/29

感謝  マンガ

よつぎりポテトさんでわがブログが紹介されました。(去年の「小町2かいめ」がらみで。)

人気4コマブロガーさんに紹介されるなんて、とりはる屋成長したな…これからも精進します。

2006/9/28

児文  マンガ

小坂俊史先生「れんげヌードルライフ」最新エピソードのおかげで、山中恒先生の「おれがあいつであいつがおれで」(旺文社・理論社)を猛烈に思い出し、読みました。

そう、大林宣彦監督映画「転校生」の原作。

映画の一夫と一美は中学生ですが、原作では小学六年生。
れっきとした児童文学なのです。
詩的で美しい大林監督の映画と違い、原作は荒削りで大胆なセリフがポンポンと飛び出します。

「よかった!おれ一美を愛してる」
「あたしもよ。この世の中で、だれよりも、一夫君が好きよ!」
「ようし!おれ、いまから、立ちしょんべんするからな!」
「やって、やって、見ててあげる!」

しかし、「自分を大事に」、「相手を思いやる」ことの大事さを少年少女に教え、余韻のあるラストを迎えるのです。

この作品と「なんだかへんて子」(映画「さびしんぼう」原作)も細田守監督がアニメ化したらかなり面白いじゃないかしらん?

テレ朝は「めぞん一刻」ドラマ化するより、同じ山中先生原作の「あばれはっちゃく」平成版やってほしいー

2006/9/27

注意  マンガ

よんこま小町3かいめカタログのご注意マンガをわれらがエロ師匠妄文社・だあうえさんが描いています。オリジナルで絵柄のインパクト弱いのが気になったものの、上手い。同じジャンルでとりはる屋の1.5倍売れている人は違うぜ(笑)
肩ロース!肩エロス!

それから、とりはる屋・大阪地区下僕とわだりんさんが電○大王11月号読者コーナーで「よんこま小町3かいめ」を堂々とPR。主催さんに感謝されました↓

http://www.yonkoma.com/pc/bbs.html

同人活動はされていないとわださん。
せっかくわがサークルの下僕にしてやっているのだから、何か頒布してください(笑)

2006/9/26

鳥飯  

クリックすると元のサイズで表示します

「よんこま小町3かいめ」のサークルチケットならびカタログが届きました。

とりはる屋ブースは承12、お隣りは承13「くれいじぃくらいまぁ〜」さん、承14「ハチマキ球団」さんの三十路独身4コマファンサークル三連荘ダァー!

新刊は「とりぱんつ」
「火星ロボ大決戦!」・「カニメガ大接戦!」のペンギンコマンダーたちと「雅さんちの戦闘事情」雅鳥蔵が出会っちゃいました?みたいなー。




AutoPage最新お知らせ