2006/6/17

銀ぶら  マンガ

今日は、三省堂有楽町店のみつはしちかこ先生サイン会に行きました。

「小さな恋のものがたり40巻」の巻末にみつはし先生が初めてサイン会に行かれたことが書いてあって。ワタシもそのサイン会に居合わせていて。大御所のかたなのに後に並んでいらっしゃったとは!

「ああ、みつはし先生のサイン会あったら行きたい!」と思っていたら、こんなに早く夢がかなったのでした。

みつはし先生は自画像よりずっと柔らかい印象のかたでした。お召し物がアーティスティックで若々しくて。サイン会に参加されていたのも、みつはし先生と同年代のおしゃれな女性が多かったのでした。

夕方は、同じく有楽町の銀座小劇場でうわの空・藤志郎一座「雰囲気のある死体」を観劇しました。
初うわの空が「番外公演」なのはどうかと思いましたが。

マンガ家のみずしな孝之先生でなく、役者の水科孝之さんはセリフは少ないものの、かなり重要な役を熱演されていました。パジャマ姿がモ、萌え〜
それと、元・「たま」の石川浩司さんの客演も素晴らしかったです。

そんなわけで、今日はいろいろ充電させてもらいました。
明日の「サンシャインクリエーション32」、ケ−12bとりはる屋をお願いします




AutoPage最新お知らせ