今日のウード

2009/11/9 | 投稿者: とんくり猫

ペルシャのウードという弦楽器とレクという打楽器の演奏会に行きました。ウードは低音のDとGが少し耳に残り、印象はいまいちだったんですが、レクという打楽器にはもう、もう、感動しました。

でもどちらも優れた楽器で、優れた楽器の最低条件は、やはり強弱と音色のコントロールが精密にできること。。これは打楽器も同じですね。

電源の力を借りる楽器は、いずれもダメです。駄楽器です。(^。^)

ところで、お会式という仏事で、チャールダーシュの起源とも思える声明の合唱を聞き、またまた感動しました。
そうですよね、マジャールの人々は東洋起源ですものね。

いずれも、世界の文化の中心を探る旅のような、充実した音楽会や仏事でした。(^^♪

仏事では、ついでにハイポの快癒祈念のお札も、いただいてきました。(^_-)-☆
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ