【次回公演】2014.9.7 第12回京都さがの手話まつり@全国手話研修センター

【定期ワークショップ】毎月第一・第三水曜19〜20時、兵庫県三ノ宮の高砂ビル306号室にて開催中

2012/7/5

「USJに情報保障をつける会」  ことば・ぶんか

「USJに情報保障をつける会」

。。。こんな会があったのね!!



各アトラクションで、そのアトラクションの特性に合わせて
手話通訳、台本の指さし、ノートテイク、PCテイク、iPhoneでの字幕表示を試しまくり、

その感想をまとめ、USJをほんとのユニバーサル!!にするために活動している、とのこと^^



例えば。。。

◎スペースファンタジー:搭乗前の説明や注意に字幕をつけた

→「きこえない人にとってはただの乗り物だが、きこえる人にとっては夢や勇気を
送って動かすストーリーのある乗り物。この差が気になる。」

という意見。確かに!!!




遊園地苦手やから(落ちる系全部ダメw)あまり行かないけれど、
確かに、搭乗前の説明やアナウンスで気分を盛り上げるのって、
けっこうあったような気がします。



これからどうなっていくのかな?
楽しみです>▽<


http://www.cilmsa.com/lic/with2011usj.html
0

2012/5/27

「ココロとカラダのワークショップ」  ことば・ぶんか

旦那プロジェクト「ココロとカラダのワークショップ」
終了しました☆


呼吸を意識したワークを予定してたのに咳がひどくて、
どうなることやらと思ってたけど、
なんとか?無事に終わりました^^;




私はカラダのワークショップの担当。

「呼吸と自分の身体のつながり」
「言葉も吸う吐くの呼吸でできている=対話とは、言葉以前に、呼吸する身体同士の対話であること」

を、なんとな〜くでも感じてもらえたらいいなと、
セルフ/二人一組の2種類のワークを体験してもらいました^^




他はおばあちゃんが先生。

一緒に畑でタマネギを収穫×200個!(おばあちゃん談)
無事に全部吊るせて、おばあちゃん大喜びでした^^

次はスイカと瓜を食べに来て全部こいで帰ってもらおうと、今から画策中らしいです(笑)




畳に寝転がったときのザラザラ感とか、土に触るとか、家の中と外の温度差とか

そういう感覚が新鮮という感想もあって、


あって当たり前で過ごしていると気づかない感覚に、
改めて気づかせてもらってこちらも新鮮でした^^





何かの施設を使ってるわけじゃなく、リアルに住んでる家でやること。
制限や限界も、もちろんあります。

でも、だからこそ、のココロとカラダの交流もあるわけで^^



今後の展開は今後次第やけど(笑)、何か善い循環になっていけばなぁと思います^^



写真は、庭の切り株から成長した柿の枝。秋には立派に柿の実も生ります!
自然の力ってすごいですね〜


クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/5/18

マリー・ローランサンとその時代展  ことば・ぶんか

小磯美術館へ「マリー・ローランサンとその時代展」を観に行ってきました。
今日は国際博物館の日とやらで、入館無料だったので☆


で、行けてよかったです。


色彩が繊細で柔らかく「かわいらしい」画を描く方で、
この質感はチラシやHP上の、ツヤッ☆とした光沢の絵を見ててもわからなかった。

実物は、とってもキュートでした>▽<




しかも、この時代はバレエ・リュスが活躍してた時代とかぶるそうで、
彼女のデザインしたバレエ衣装のデザイン画等も並んでてテンションアップ♪


あまり時間がなく、駆け足で観てまわったので。。。
もっとゆっくり観たかったな。





バレエと美術だけじゃなく、様々なアートが盛り上がって、それぞれに影響を与え合ってた時代を生きていた人。

踊るって身体だけじゃなくて、衣装や背景や小道具や照明や。。。いろいろ合わせた総合芸術なんやなって改めて実感。。。


手話パフォーマンスも、いろいろ工夫していきたいなぁ>▽<





常設展も、ひとりの画家の作品が年代順に展示されていて、
その画風の変遷がとても興味深かったです。




「マリー・ローランサンとその時代展」
7/8までです〜おすすめ〜^^

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/koisogallery/tenrankai/


クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/5/8

カラダとココロのワークショップ  ことば・ぶんか

そして今回の帰省のもうひとつの目的。

うちの隠居で、旦那さんプロジェクトのWS準備(というか、せっせと掃除w)。



自分には見慣れた、
むしろ古めかしく不便に感じていた光景や環境が、

都会の人には新鮮だったり気付きや癒しを感じるものだったりするそうで。



人って、つくづくないものねだりですね(苦笑)



とはいえ、この環境が自分の原風景なのもまた事実。

今月末、この隠居で、
風を感じながら、カラダやココロと対話するワークショップをします^^

何かしらの、善循環の一端となれたらいいなぁ^^

クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/2/14

ちびっこと手話  ことば・ぶんか

バタバタがようやく一段落♪、と思ったら

風邪ひきました(^-^;



むしろ忙しいくらいのほうが

気合いで元気でいられるらしい(笑)




さてさて、そんなこんなな中にも

ちょいちょい動かせてもらってます☆


ここ最近は、ちびっこに
手話やら手話歌やらを教えることが増えてきました。




子供の吸収する能力って、ほんとにすごい、と思います。



覚える早さだけじゃなく、
まだ教えてもないのに勝手に応用を始めたりとか。

そして、その大半が言葉として合ってたりとか。
(たまに爆笑な間違いもあるけどw)




聞こえの問題も、そういうものかとわかったら

自分なりに対応方法考えてあれこれ工夫したりしてて。



目をみはる、と同時に

こちらが勉強させられてます(*^-^*)




言葉の臨海期。

言葉は、学ぼうと思えばいつでも学び始められるものではあるし、大人から学び初めてバイリンガルな人だっているけど、


言葉やコミュニケーションを獲得する、
「より適切な時期」って
ほんとにあるのかもしれないって


半分遊びながら勝手に覚えていっちゃう子供達を見てると、思ってしまいます(笑)




と、同時に

好奇心の塊になってる子供達の

そのワクワクをいかに継続させ
「知りたい、学びたい」という気持ちを
発展させ続けられるか?


それが、教える。。。というか成長を見守る立場が考え続けなきゃいけないことなんだろうなって思います。




自ら学ぶ意欲ってのが、やっぱり強いんやなぁって

それもまた子供達から教えられたこと☆


こちらも楽しいし、気が抜けないね(≧∇≦)




そして、
新しい言葉を使えるようになる、という純粋な喜びと

ほんの少しの難しさと

それを必要とする人達のことと。



脳みその柔軟なうちに伝えておきたいことは、たくさんあります☆



言葉はコミュニケーションだから

勉強で終わりじゃなく、

どんどん関わっていってほしいし♪




そんなこんなで、日々勉強です☆

出会いに感謝(≧∇≦)




さて、来週は幼稚園だ〜(^-^)/


(それまでに、風邪治すぞ〜w)






--------------------
sent from WILLCOM 03
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ