【次回公演】2014.9.7 第12回京都さがの手話まつり@全国手話研修センター

【定期ワークショップ】毎月第一・第三水曜19〜20時、兵庫県三ノ宮の高砂ビル306号室にて開催中

2013/7/3

コトバを越えたパフォーマンスを求めて  サインアート

ひさ〜しぶりに見たtwitterで見つけたツイート。

演劇的なダンス」には様々なやり方があるが、テキストの意味や説明に寄りかかっている作品も少なくない。それでは原作の翻案の域を出ない「力負け」なのだ。(By乗越たかお)




サインダンスにも、同じことが言えるな。と感じました。



歌詞の翻訳だけでは、それ以上のものはうまれません。

これは、ずっと抱えてきたもどかしさでもあります。




手話は日本語の代替品なんかじゃありません。


それそのものが、生きた言葉であり、

身体と空間に描く、豊かな世界があります。



手話から、語る身体から、視覚から、新しい歌・表現を創りたい!




。。。そんなことを思っていたら、

今度はこんな舞台を発見しました☆



【シレンシオ】
http://www.nevula.co.jp/silenzio/

小野寺修二と首藤康之のタッグで創作される作品。

そこに、女優・原田知世も参加。



ほとんどセリフを使わず、言葉以上に感情を表現する繊細かつ緻密な動きでイメージを紡いでいく。

とのこと。



パントマイマーとダンサーと、女優。

ほとんどセリフを使わず。。。どんな表現の世界が展開されるんでしょうか?


観たい!!!>▽<
1
タグ: 手話 ダンス アート

2013/6/28

7月WSのお知らせ♪  公演・WS等のお知らせ

===7月WSのお知らせ===


声で歌う人や演技する人がボイストレーニングをするように、

手話の表現には身体のトレーニングやダンスが効果的☆




歌詞に描かれた情景をイメージしながら。。。

身体と空間を使って、

全身で思いっきり表現して楽しみましょうね!!!^^




ちなみに最近は、「身体がほぐれる〜」という、

冒頭のゆるストレッチ部分での効果に、

予想外のうれしいご感想をいただいてます。




手話で歌うベースは、自分の身体。

常にほぐしてメンテして、

より自由で豊かな表現を目指していきましょうね☆




7/3(水)ー210号室
7/17(水)ー411号室



●時間:19時〜20時
●内容:ストレッチ、ダンス基礎、サインダンス&サインアート
●参加費:千円(初めて参加の方は500円)
●場所:三ノ宮、高砂ビルスタジオ
http://www.100ban.jp/map/index/


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: ダンス 手話 ライブ

2013/6/28

大阪大学「からだトーク」  ダンス

先日は、大学に潜入!



大阪大学で、「からだトーク」というゼミ?に

参加させていただきました^^

クリックすると元のサイズで表示します




テーマは、「そわせる」


今回は、お皿、コップ、ペットボトルに「そわせ」て

ダンス&音楽。


クリックすると元のサイズで表示します




触れ続ける「外」を感じながら動くことで、逆に、

身体の「内」の軸とか各部位のつながりや関連性を

強く実感する不思議。



制限は、同時に可能性でもあるのかも?

そんなことを感じました^^







そして、もうひとつ感じたこと。





ダンスするのも、楽器を演奏するのも

同じ「身体」同士。




踊る身体を「見る」「感じる」




踊る動きの軌道と呼吸。



音を出すために動く身体の軌道と呼吸。




ダンス/音

別物のようでいて、実は「身体を使う」という

究極の共通項があるなぁと

ここ数年特に感じていたことに

何か一歩触れた感覚。




大阪大学「からだトーク」。ありがとうございました(*^^*)



■からだトーク2013春夏/そわせる
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/2013/000571.php
0
タグ: ダンス 手話 ライブ

2013/6/28

映像×ダンス 「カゲム」  情報

映像×ダンス

って、こんなこともできるんですね!



2Dの映像×3Dの身体。

まだまだいろんな可能性がありそう。。。わくわく^^



■ダンスと映像 完全シンクロ アートダンス「カゲム」
http://www.youtube.com/watch?v=WyRN8ATrLS8
0

2013/6/25

神戸ろうあ協会後援会総会でパフォーマンスでした^^  サインアート

神戸ろうあ協会後援会総会でのパフォーマンス、

終わりました☆

ありがとうございました!





前回の兵庫県立美術館では、

手話を知らない人にはどう見えるんだろう等

不安とプレッシャーでいっぱいでしたが(T_T)



今回はみんな手話がわかる。

なんというか、安心感!(>▽<)




テンション上がって、久しぶりに

ウィッグ付でパフォーマンスさせて頂きました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します



やりたい放題の私を、

いつも暖かく見守って頂いてありがとうございます^^




盲ろうの方へも、私のパフォーマンスを

触手話で通訳して伝えていただいてました。


笑顔で楽しんでいただけててよかったです(*^ ^*)


■触手話
(手話を使う相手の手に軽く触りながら、手話を触読する)






いろんな聞こえの人がいて、

様々な方法での情報保障がある。



これまでは、それが当たり前のところで

パフォーマンスをさせて頂いてきました。




美術館で公演をさせて頂いてはじめて、

自分のこの「当たり前」が

世間一般の当たり前ではないことに

ようやく心底気がついて^^;;



周りの方を巻き込んで奔走しながら、

いろいろ考えさせられ、勉強になりました。



そして、普段自分が

どれだけ守られたところで

パフォーマンスさせて頂いてきたのかも。




短期間に両極端なところで公演させて頂いた6月。

これから自分に何が出来るのか?

改めて問い直す、大事な機会を頂いたんだと感じています。



パフォーマンスを磨く。だけではなくて。




これからも、がんばります(^^)/



お声掛け頂いて、ありがとうございました(*^^*)
0
タグ: 手話 ダンス アート



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ