慰安婦裁判、2度目の判決  政治関係

韓国の「元慰安婦」たちが、
日本政府に賠償を求めていた2つの裁判で、
1月8日に、被害者一人当たり
1億ウォン(約970万円)の支払いをせよとの
判決が出された。
1月13日に判決予定だった、
もう一つの同様の賠償請求の裁判の方は、
判決の2日前になって延長されたが、
その延長された裁判の判決が4月21日に出された。
1月8日の判決と同様に、
日本政府に賠償を求める判決が出るかと思いきや、
一転、原告たちの訴えを退ける判決が出た。

判決の理由は「主権免除」で、
主権免除とは、「主権国家は、他国の裁判所に裁かれない」という国際法上の決まり。
たとえばAという国の政府は、
Bという国の法律では裁かれない、
つまり、他国の裁判で被告にはならない、
というもので、ごくごく自然な国際法の法理だ。
そもそも法律は国ごとに規定するもので、
他の国を自国の法律で裁けるなどと考える方がおかしい。

従って、二つの裁判について、
日本は裁判に応じなかった。
裁判の通知も受け取らなかった。
そもそも裁判そのものを認めていない。
そこで、裁判所において通知文を掲示して、
通知したものとみなして裁判を開始。
つまり、欠席裁判だ。

1月8日の裁判では、
このような(慰安婦のような)「反人道的犯罪行為」においては
主権免除は適用されない、というリクツで
日本政府に賠償を命じた。

そして、4月21日の判決では、
一転して、「主権免除」を理由に、
原告の訴えを門前払いすることになった。

同じ内容の二つの裁判で、
異なる判決。
しかも同じ裁判所での「ねじれた判決」

予兆はあった。
ソウル中央地裁が原告に対して、
ある決定文を通知していたのだ。
それは、1月8日の判決に関し、
同地裁が訴訟費用確保のために
韓国内の日本政府資産を差し押さえるのは
「国際法に違反する恐れがある」と指摘、
執行されれば「憲法における国家安保、
秩序の維持や公共の福祉と相反する」と
懸念を示したのだ。
結論として、「日本から徴収できる裁判費用は存在しない」としている。
日本政府への強制執行に
韓国司法が慎重な見解を示し、
事実上のブレーキをかけたと言える。

決定文は3月29日付で、
判決を下した地裁判事とは別の判事が職権で出した。
決定文は、賠償に充てるための日本政府資産の差し押さえについては
言及していないが、
強制執行手続きを進めることに対し国際法上の懸念を明確にしたことで、
賠償手続きでも強制執行は難しい見通しとなったものだ。

実際に差し押さえなどが行われた場合、
「我が国の司法の信頼を阻害するなどの重大な結果をもたらす」
と明確に書いている。

1月8日の判決を出したものの、
実際には日本政府から賠償金を取ることは不可能で、
韓国内の日本政府の資産(具体的には大使館の土地・建物・備品など)を
差し押さえることなど出来ないと判明。
その上、国際法を守らないとして
韓国の信用が国際的に失墜することから、
その影響が今回の判決に反映されたと思われる。
あるいは、3カ月間の間に
国際法の学習をしなおして、
これは無理と判断したのか。

ようやくまともな裁判官が出てきたか、という感じだが、
門前払いを食わされた原告側はショックで、
訴訟当事者として出席した例の李容洙(イ・ヨンス)おばあさんは、
中途で退席。
法廷を出た李さんはソウル中央地裁の前で、
慰安婦問題の国際司法裁判所付託を改めて強調した。
「この裁判の結果が良く出ようと悪く出ようと、
国際司法裁判所に行く。必ず行く」
と。
誰が知恵を付けたのか知らないが、
この李おばあさんは、最近、
国際裁判所への付託を盛んに口にする。
国際裁判所は国家間の係争を裁くもので、
個人や団体の訴えは受け付けないのを知らないのか。
まあ、裁判所まで行くことは誰にも出来ますけどね。

先ほど「例の」と書いたのは、
この李おばあさんという人は、
慰安婦になった経緯が
証言の度に変わる人で、
最初、赤いワンピースと革靴につられて家出した、
と話していたのに、
いつの間にか、
日本の軍人に強制的に連れ出されたことになってしまった。
本人も記憶が刷り変わり、そう思い込んでいる節がある。
私は秘かに、この人のことを「偽慰安婦」と呼んでいる。

そもそも、韓国は「選択条項受諾宣言」をしていない。
選択条項受諾宣言は、その宣言をすることで、
裁判への応訴を自ら義務とする制度で、
この宣言を行った国は、時間的、事項的な範囲が
同一である限りにおいて、
同一の宣言を行った他の国を、
一方的に裁判に服させることができる。
しかし、宣言していない国は、提訴されても応訴する義務を負わない。
日本は宣言したが、韓国はしていない。
従って、日本が竹島問題を提訴しても、
韓国は応じなくてもよい。
事実日本の付託の提案を韓国が拒否してきた。

今回、李おばあさんの話に乗って、
国際裁判所に訴えたりしたら、
逆に日本の竹島問題の訴えに
応じなければならなくなって、大変だと思うが。
それは分かっているのか?

ところで、韓国メディアの報道は、ややまともだ。
保守系最大紙、朝鮮日報は22日付で
「反日であれば、国際法を無視した判決でも良いというやり方ではダメだ」
と題する社説を掲載した。
社説は「この裁判は日本の有無罪ではなく、
韓国の裁判所が日本政府を裁けるのかという
『主権免除』の適用が焦点だった」

とした上で
「1月の判決は国民感情に、今回の判決は世界の裁判所の普遍論理に従った」
と論じた。

ソウル新聞は社説で、
1月と今回で判決が正反対になったことについて
「主権免除の認定が裁判部によって違えば、
裁判所をどう信頼すればいいのか」

と批判した。

この判決が出ても、政権の反応は変わらず、
与党・共に民主党のシン・ヨンデ報道官はこの日の論評で、
「日本は、慰安婦被害者に誠意ある謝罪とともに
反省の姿を見せなければならない。
我々は、慰安婦被害者たちの
完全な名誉回復に向けて努力することを約束すると同時に、
日本政府に心からの謝罪と
被害者の名誉回復のための実質的措置を求める」
と強調した。

日本に反省と謝罪と補償を求めるという、
莫迦の一つ覚えのような、
いつもの論理。
日本が何回謝罪しても、
そのことは忘れ、更なる謝罪を求める。
その繰り返しに、
日本人がうんざりしていることを知らないのか。

日本政府の主張ははっきりしている。
1965年の日韓基本条約締結時に、
徴用工の問題も慰安婦の問題も解決済み
慰安婦については、相手があまりいつまでもしつこいので、
2015年に、10億円を拠出して、財団を設立し、
「元慰安婦」の援助をすることに決定し、
「不可逆的に」解決したとする。

しかし、度々蒸し返し、
そのたびに「話し合い」をし、
「解決方法を模索しよう」と持ちかける。
そして、国際司法裁判所に訴えるぞ、などと恫喝する。

日本がこれ以上譲ることはない。
あとは韓国内の問題で、裁判が起こされようと、
どんな判決が出ようと、
それは韓国内で処理してもらうしかない。
それが「合意を守る」ということだ。

韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)外相は21日、
2015年の慰安婦合意について
「日本政府は、韓国が合意を守らず国際法違反だと
理屈に合わない主張を続けている。
日本にそのような資格があるのか」

などと述べ、日本政府を強く批判した。

合意に従って日本は10億円の拠出金を出し、
財団を設立した。
その財団を勝手に解散したのは韓国政府。
事実上の合意の反故だ。
だから、「国際法違反だ」と言っているのだ。
理屈にはちゃんと合っている。
日本はそう主張する「資格」はある。

そんなことが分からない、
随分程度の低い人が外相になったものだ。
先が思いやられる。

鄭氏は、大統領府の国家安保室長を務めた際、
数回にわたって非公開で訪日し、
日本政府の高官と元慰安婦問題について協議したと明かしたうえで、
「毎回、現実的な案を持っていったが、
日本が自分の主張だけを押し通す交渉態度に驚いた。
協議を壊そうとしていた」

と語った。

非公開で行われた両国間の協議過程を公開するのが
そもそもルール違反だが、
日本の姿勢が強硬なのは、
既に「合意が成っているのだから、それを守れ」という当然のもの。

しかし、今回の判決が出たことで、
韓国司法の混乱が明らかになった。
大丈夫か? と心配してしまう。
更に与党の広官の発言、
外相の発言を見ると、
頭、どうかしていないか?
と更に心配する。

いよいよ文さんの黄昏は近いようだ。


橋本新会長  政治関係

東京五輪・パラリンピック組織委員会の
森会長の後任に、
橋本聖子参議院議員が決まった。

あらかじめ発表されていた
「新会長に求められる5つの資質」は、
次のようなものだ。

@オリンピック・パラリンピック、スポーツに対する深い造詣があること
Aジェンダー・イコーリティー、ダイバーシティ、インクルージョンなど
 オリンピック憲章や 東京大会の理念を実現し、
 それを将来にレガシーとしてつなげていくことができる人
B国際的な活動の経験があり、国際的な知名度や国際感覚があること
C東京大会のこれまでの経緯や準備状況について理解していること
D組織運営能力や関係者の調和を図る調整力を備えていること

このような敷居の高い条件を付けられては、
橋本さんしかいないことは、
当初から明らかなことだった。
選考過程の「透明性」が問題にされているが、
選考委員を委託して、選んでもらい、
その選考過程も公表しているのに、
なぜ透明性が損なわれたことになるのか。
選考会をオープンでやれとでもいうのだろうか。
ならば、そういうメディアも、
取締役会を株主に公開してやってみたらいい。
ついでに「男女平等」を言うなら、
率先して、取締役を男女同数にしてみたらいい。
出来ないだろう。
自分に出来ないことを人に求めることはやめた方がいい。

なにはともあれ、
橋本さんに決まったが、
ただ、この人、脛に傷がある。
7年前の2014年、
ソチ五輪閉会式後の打ち上げパーティーで、
酔ってスケートの高橋大輔選手対してふるまった行為だ。
さっそく、決まる前から週刊誌ネタにされている。↓

クリックすると元のサイズで表示します

その写真は、今もネット上で見ることができる。
このブログにも転載しようと思ったが、
あまりにも醜悪でおぞましい写真なので、
武士の情、掲載を差し控えた。
カミさんに見せたら、
この件を知らなかったカミさんは、ショックを受けていた。

「差別じいさんの次は、
セクハラおばさんかよ」

とネットにも書き込まれている。

当然、海外メディアにも、
この写真は流出、拡散しているはずで、
新たな日本の恥が広がると思うと、
気が重い。

酔った上でのこととはいえ、
衆人監視のもとで行われたセクハラ行為は、
もし男性が女子選手にしたことであれば、
その人物は社会的に抹殺されるだろう。
その点、この問題に関しては男女平等ではない。

しかし、過去の過ちをいつまでも言っていては、仕方がない。
それでは韓国と同じになってしまう。

ただ、行動の結果が世界的に拡散され、
過去のことも蒸し返される時代だ。
上に立つ人は、心して、
自分の行動に心配りをするべきだろう。

本人は、こう言っている。
「当時、スケート連盟会長であり、
日本選手団会長という立場にかかわらず、
大変軽率な行動を取ってしまった。
当時も今も大変深く反省している。
国民の皆様に信頼していただけるように、
自分自身の気持ちを入れ替える」

また、こうも言っている。
「過去の私自身の軽率な行動については
当時も今も深く反省し、
厳しい声も受け止めている。
多様性や男女平等の問題を解決するには
自分自身が身を正し、
東京大会でどのような改革を打ち出せるかにかかっている」

                                        
その発言を正面から受け止めるしかあるまい。
自民党に離党届けを出し、
会長の報酬(最高200万円)も辞退するという。
その志は褒めていい。
公平性の確保なら、
離党届けで充分で、
議員辞職までする必要はない。
自分の過去の行動を蒸し返されることを承知の上で、
火中の栗を拾った橋本さんに
貧乏籤を引かせるわけにはいかない。

一方、東京五輪開催是か非かについては、
紀尾井町戦略研究所の最新調査では、
「賛成」が27.3パーセント、
「反対」が72.7パーセント
という結果が出ている。

いつから日本人は、
こうした「国難」に対して、
みんなで力を合わせて克服しよう、
ではなく、
無責任にはやし立てるような国民になってしまったのだろうか?
開催のために努力と苦労をしてきた人々のことを
思いはかることはできないのだろうか?

その象徴的な例が島根県の丸山知事だ。
県内で実施する予定の聖火リレーについて
中止の意向を表明した。
県議会にもかけておらず、
地元市町村の首長には全く根回していない。
「透明性」どころの話ではない。
知事の心の中だけでの、狭い決定だ。
まして、聖火ランナーの人たちに一言の断りもない。
走ることを楽しみにしていた人もいただろうに。

その理由がまた、わけが分からない。
感染拡大地域と、島根県など感染者が少ない地域には
支援に差があり「不公平」だというのだ。
聖火リレーを実施するための条件として、
県内の飲食業者も同等に支援するよう求めたという。
なんのこと?
支援要望のためにリレー中止を手段として使ったのか。

こういう開催の機運の足を引っ張る
スタンドプレー的人物は必ず出てくる。
島根県民は、次の知事選でよく判断してもらいたい。

最後に産経新聞の主張(社説)。

「消沈した五輪への開催機運を盛り上げるために、
国民に前を向かせてほしい。
いまの日本に必要なのは、
「現実的な選択を」といった
中止ありきの消極的な議論ではない。
10年単位の歳月をかけて
招致と開催準備に取り組んできた五輪に向けて、
社会と経済を前に動かすための前向きな議論である。
国民が五輪に寄せてきた期待感は薄れ、
開催の意欲は揺らいでいる。
トップ交代は、
恐らく風向きを変える最後の機会だ。
オリンピアンの橋本氏だからこそ打ち出せる
メッセージがあるはずだ」


危うし、東京五輪  政治関係

「口は災いの元」と言うが、
このたびの森喜朗東京オリンピック・パラリンピック競技大会
組織委員会会長発言問題ほど、
そのことを痛感する事態はない。
ほんのわずかな軽口
それまでの実績も名誉も全て葬り去らせてしまった

森会長側の人間は、
「発言の一部を切り取っている」と批判しているが、
2月3日の五輪委員会の臨時評議員会での発言を
森会長の名誉のために全文掲載しよう。

これはテレビがあるからやりにくいんだが、
女性理事を4割というのは文科省がうるさくいうんですね。
だけど女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。
これもうちの恥を言いますが、
ラグビー協会は今までの倍時間がかる。
女性がなんと10人くらいいるのか今、5人か、
10人に見えた(笑いが起きる)5人います。

女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。
誰か1人が手を挙げると、
自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね、
それでみんな発言されるんです。
結局女性っていうのはそういう、
あまりいうと新聞に悪口かかれる、
俺がまた悪口言ったとなるけど、
女性を必ずしも増やしていく場合は、
発言の時間をある程度規制をしておかないと
なかなか終わらないから困ると言っていて、
誰が言ったかは言いませんけど、そんなこともあります。

私どもの組織委員会にも、女性は何人いますか、
7人くらいおられますが、みんなわきまえておられます。
みんな競技団体からのご出身で
国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。
ですからお話もきちんとした的を得た、
そういうのが集約されて非常にわれわれ役立っていますが、
欠員があるとすぐ女性を選ぼうということになるわけです。
             

この全文を読んで、
何だ思ったほどではないではないか、
前後の関係性を見れば、
発言自体は問題ない、という人がいるが、
私はそうは思わない。
何度読んでも、この方の中に
女性蔑視が色濃くあることが分かる。
何度読んでも。
「解釈はいろいろあって」も、
やはり女性を下に見た発言だ。

競争意識を持つのは男も女も同じだし、
発言が長い男性もいれば、
短い女性もいる。
それを女性は〜
という一括りにした言い方に問題がある。

女性である前に、男性である前に、
一人の人間でしかない。
女性にもいろいろな人がいるし、
男性にもいろいろな人がいる。
だから、発言したがって、
時間がかかるのは、
女性も男性も同じだ。

それを「女性は」と限定して批判すれば、
それは差別をしたことになる

そのあたりの何がいけないのか、
森さんは、今だに分かっていないだろう。
どうしても理事会が長いことを嘆きたいなら、
「競争意識がある人が発言すると時間がかかる」
と言えばよかったのだ。
女性と限定せずに。

なによりも、そういう発言をすれば、
どういう反響を呼ぶか、
その判断力というか、想像力というか、
それが欠如しているとしか思えない。

心の中で思うのは自由だ。
それは全くの自由そのもの。
それだからこそ人間だ。
しかし、それを口にすれば、責任を負う。
まして、高い位置にある人が発言すれば、余計責任が伴う。

森さんが日頃「どうも女がいると会議が長くていかんな」
と心の中で思うのは勝手だ。
せいぜい許されるのは、
身内の中でそう言うことくらい。
それだって、夫人や娘や孫から
「駄目よ、そんなこと言っちゃ」とたしなめられるだろう。

しかし、発言の場は、正式な評議会、
全くの公式な場所での発言だ。
問題にならない方がおかしい。

そんな判断力がない人が会長のままの方が恐ろしい。
世間は、そう判断したのだ。

その後の記者会見もお粗末だった。
喧嘩腰の応対。
「反省は口だけだ」と思わせた。

その上、後任人事でまた追い撃ちだ。
「やめていく人間が後任人事に口出しをしてはいけない」
という規律さえ持ち合わせていない。
川淵さんを、森さんが推薦しなければ、
理事会ですんなり川淵さんに決まっただろうに、
それを阻害した。

後任が決まらないということは、
それだけ森さんの存在が大きかったことの証明にもなっているが、
だからこそ、発言には気をつけてほしかったのだ。

政治家というのは、
どうも口が統制できない人が多い。
位が高くなるほど、
取り巻きがそれを許しているからだろう。
森さんは、2000年に「神の国」発言で総理を辞任した。
あの発言のマスコミの取り扱いも、
一部を取り上げたもので、
全体を見れば、妥当だと思う。
しかし、ああいう発言をすれば、
こう扱われる、という見通しの甘さが問題なのだ。

森さんが組織委員会で大きな役割を果たしたことは認める。
しかし、その功績を超える事態を起こしてしまった。
「こんな女性差別者が会長をしているのが、
東京五輪の組織委員会だ」
海外メディアは批判する。
五輪の評判まで落としてしまったのだ。

後任人事は難しいが、
要件は、「この人なら、応援したい」
と国民が思うような人であることだ。
そんな人はなかなかいないが。

どうも東京オリンピックは、ケチが付き過ぎだ。
メイン会場の設計変更、
予算の肥大、
エンブレム問題、
マラソンコースの変更、
新型コロナ、
そして、決定打が、今回の会長発言だ。
開催まで150日を切った段階での会長辞任。
これが一番の痛手だと思う。
森さんは、最後の最後に
みんなに迷惑をかけて、晩節を汚したのだ。
つまらない軽口で。

ここへきて、「中止」を言う勢力が増えた。
確かに東京五輪が重荷になっている感もある。
政権批判、反日の勢力にとっては、
「中止」を期待しているだろう。
この私でさえ、「無理ではないか」と思い始めている。

しかし、もし中止になったら、
どんなことになるか考えてほしい。
長期に渡る努力が徒労化する。
なにより、
恥ずかしい姿を海外に見せたまま終ってしまうことの
国民の落胆の精神的影響が大きい。
韓国が大喜びすることは、想像するだけでもおぞましい。

それを好転させるのは、大会を成功させること
それに尽きる。
問題を乗り越えて立派にやり遂げれば、
全ては「過去の話」となる。
ここは、全国民が力を合わせて成功させなければいけない。
その底力を日本人は持っている。

そういうことをどうしてマスコミは言わないのか、
不思議だ。
人を批判するだけではなく、
世の中を良くするための提言をどうしてしないのか。

今、「中止」を口にする人の無責任さを排除して、
とにかく死に物狂いで
五輪を成功させなければ、
日本は滅びてしまうだろう。

改めて言う。
全ての事態の打開策は一つ。
国民が力を合わせて五輪を成功させることだ。


あゝトランプ大統領  政治関係

御存知のとおり、アメリカの大統領が交代した。
「選挙の不正」を証明できなかったトランプ前大統領は退いた。
最後の抵抗が、結局「悪あがき」になってしまったのは残念。
あそこで潔く身を引けば、
「次」という目もあっただろうに。
それでも「返り咲き」を恐れる人々は、
退任後の大統領を弾劾裁判にかけるという、
不思議な行動を取っている。
バイデン政権が失政をして、
「それみたことか」と、
4年後に再登場することを心配しているらしい。

日本では、トランプ大統領はアメリカを分断した
「悪の権化」みたいな扱いだが、
ちょっと待ってくれよ。
先の大統領選挙の得票数は拮抗、
つまり、アメリカ国民の半数が支持した人物だということだ。
それまでのワシントンDC的政治に嫌気を差した人々が
トランプ大統領を支持したのだ。

コロナがなければ、
確実に再選されていた。

そこの点を忘れて、
アメリカの左派報道を鵜呑みにする
日本の報道はあやうい。

ネットを拾ってみると、
評価する声が多い。

○よくも悪くもとてもインパクトのある大統領でした。
4年前はどうなることかと思いましたが、
中国や北朝鮮への扱いなどトランプならではだったと思います。
暴走しつつある中国にどう向きあうか。
今後が不安です。

○ドナルドトランプ大統領4年間の実績

・50年ぶり失業率を3.5%に
・700万人の雇用を増やした
・世帯所得が平均60万円増
・他国と戦争を一切しなかった
・給料は全て教育機関等に寄付
・中東和平に向けて多大な功績
・拉致問題を米国大統領が初の国連の演説で訴え
・現役大統領で過去最多の7400万票

○コロナウィルスを唯一中国ウィルスと言い切った人。
賛否両論あると思うけれど、個人的には応援していました。
これからも応援したい人です。

○トランプ大統領は減税し、景気を上げ、
失業率を大幅に下げた。
中国がばら撒いたコロナがなければ間違いなく再選していた。
先頭に立ってウイグル、チベット問題に取り組み、
利権にしがみつく日本の政治家のように、
自分を守ろうとはしなかった。
トランプがいなくなったら、
誰がウイグル、チベット、香港を救えるのだろうか?

○日本の腰抜けの政治家が中国に物を言えない中で、
毅然と正しい事を堂々と言う、
日本からすると羨ましい政治家だった。

○政治家としての評価は分かれるとこだが、
「アメリカはこうあるべきだ」という意志は強かったトランプさん。
日本の閣僚に、ここまでの意志を持った人がいるのだろうか。
・・・いないなぁ。

○精神力だけは逞しいね
内容はともかくとして
日本の首相にもこういうリーダーシップは必要だね
なんだかグタグタ言う首相はみっともなくて恥ずかしい

○日本人も大統領選挙に大きな関心を寄せてたが、
それよりも中国がバイデン政権になった直後に
武器の使用を以って尖閣の領有を主張するという報道が
個人的に気になる。
中国に及び腰な今の与野党のリーダー達では
簡単に明け渡すだろうし、
最近公開されたトランプの機密文書には
中国の他国への侵略と同盟国の防衛が記されていたので、
中国としては良いタイミングだろうね。
日本は本当に大丈夫か。

○トランプ元大統領が良くも悪くも我儘にも
常にタイムリーにトップ決断を下し
チャイナを抑え封じ世界のアメリカで纏め統括してきたのは事実。
大統領報酬は要らないと申し出たがそうは出来ないとなり
年間1ドルで激務を続けてきたことも事実。
超規格外もの凄いお方ということも事実。

○賛否両論あるだろうけど、個人的には良い大統領だったと思う。
減税、失業率の低下、戦争をしなかった、
中国への厳しい対応などは良かったと思う。
過激な発言もあったが、自分の利権より
国民に寄った政策だったと思う。
日本の政治家も自分の利権や、
一部の大企業や金持ちの為ではなく、
一般庶民優先で政治をして欲しい。

○良くも悪くもスカッとする大統領でした。
中国に対しての態度は本当に日本は学んだ方が良いと思う。

○お疲れ様でした。
北朝鮮の拉致問題に言及してくれたことや、
中国に毅然とした態度で対応してくれたこと、
なにより戦争をしなかったこと。
いき過ぎた発言もあったけど
行動は素晴らしい大統領でした。
ここからの4年、アメリカが心配でならない。
言論弾圧など共産主義っぽさが出始めている。

○いかにもなアメリカの大統領だった。
貫禄と風格があり、
あの国旗が良く似合うのはトランプ以外に見当たらない。
あの中共と対峙できるのも彼だけ。
最後までカッコ良かった。
早く返り咲いて欲しい。

○近いうちに戻るんだね。
3月4日のことだと信じて期待している。
JFKも、影から力になってくれるはず。
給料1ドルで仕事をしながら人類最大の敵と戦ってくれている。
戦争を起こさなかったことが、
人類最大の敵の怒りを買ってしまったのかな。
間違いなく、歴代最高の大統領だよトランプ。

○かつてこのような大統領はいません。
拉致被害者家族と面談したオバマの対応は、
皆さんご高齢なのでイスを用意してもよろしいでしょうかという
外務省役人の提案に「NO」。
面会時間も数分。
一方でトランプ大統領は大統領自身がイス用意するようにと指示。
面会時間も1時間以上。
北の将軍様に直接拉致の話題をぶつける。
めぐみさんの父親が亡くなった際も直筆の手紙を送る。
国連の演説の際も拉致問題をスピーチするなど
人情味溢れる実行力のある大統領です。

○トランプ氏、ひとまずお疲れ様でした。
間違いなく今までで一番信頼できる大統領でした。
ここまで情がある人を追い出したマスコミだけは許せない。

○アメリカ国内の混沌を招いた様に見えるが、
ただ単に臭い物にしてあった蓋を取っただけなのでは?
アメリカの人達の真実を見た気がする。
4年間の実績を見れば、
直接的間接的に平和や和平に貢献したと思う。
少なくとも、平和賞を貰った前大統領よりは遥かに実績がある。
スマートさに欠け、人に媚びなかっただけなのではないか。
寂しくなるなぁ。

○アメリカが一番大事ってとても分かりやすかった。
いい悪いは別として、他国の顔色を気にしないところは
少し日本も見習って欲しい。

○政治家ではないのに、選挙公約をほぼ実行し、
合衆国憲法を遵守する歴代代表する大統領でした。
メディア相手にほぼアウェイの選挙で
ここまで票を取るというは凄すぎると思います。
選挙本当に負けたのかは謎ですが正直、とても悔しい。

○皆さんの意見を読ませていただくと、
トランプは日本でも人気ですね。
私も同意見です。
強いアメリカを体現してました。
なにより天皇陛下に拝謁した際の真摯な態度は忘れません。
オバマが拝謁した際の不遜な態度も忘れない。
バイデンは日本を責め続けたオバマの側近ですからね。
さてバイデンはアメリカをまとめられるのだろうか。
中露は歓迎してるだろうなぁ。



あゝ蓮舫サン  政治関係

1月27日の参院予算委員会で、
あの蓮舫サンがまたやらかした。

菅首相に対して、蓮舫サンは、
自宅療養中、もしくは宿泊療養中に亡くなった人が
全国で29人いることに触れ、
「29人の命、どれだけ無駄になったんでしょうか。
総理、その思い分かりますか?」
と質問。
菅総理は「そこは大変申し訳ない思いであります」と答えた。
すると蓮舫議員は「もう少し言葉はありませんか」と再質問。
菅総理は「心から、申し上げましたとおり、
大変申し訳ない思いであります」
と答えた。
これに蓮舫議員噛みついた。
「そんな答弁だから言葉が伝わらないんですよ、
そんなメッセージだから国民に危機感が伝わらないんですよ。
あなたは総理としての自覚、責任感を言葉で伝えようとする思いはあるんですか?」

と問いただした。
すると菅総理は「失礼じゃないでしょうか」と反論。
「私は少なくても総理大臣に就任してから、
なんとかコロナ対策、1日も早い、安心を取り戻したい、
そういう思いで全力で取り組んできた」
「必死に取り組む中、私自身、出来る事はさせていただいてきています」

緊急事態宣言発出などで「いろいろな批判はある」と承知しているとも語り
「私自身、悩みに悩んで悩んで悩んで判断させて頂きました」
との思いも吐露。
「言葉が通じる通じないは私に要因があるのかもしれませんが、
私自身は精一杯取り組んでいるところであります」

と毅然と回答。
与党席からは拍手も起こった。
これに蓮舫議員は「その精一杯は否定しません。
ただ伝える努力が足りないと言っているんです」
と捨てゼリフ。
                                        
その後、蓮舫サンは28日、ツイッターを更新。
前日の参院予算委員会での質疑について
「想いが強すぎて語気を張ってしまう」ことを「反省」するとつぶやいた。

想いが強かろうが、語気を張ってしまおうが、
年長者、目上の人への礼儀を欠いてはいけないことは当たり前だろう。
野党は政府のコロナ対策を批判するが、
批判するのは楽だ。
後手後手だ、とか、方策が的確でないと言っても、
未知のウィルスとの闘いで、
後手に回るのは仕方ないことだろう。
なにより、政府は批判に対して逆襲はしない。
それを知っていて、追い立てる。
まことに卑怯だ。
「29人の命」を盾にしての質問は、
相手を追いつめることはあっても、
建設的なものではない。
「総理、その思い分かりますか?」
との質問は、自分が29人の命を悼んでいるのではなく、
相手への攻撃の材料にしているだけなのは、明白だ。
大体、「その思い分かりますか?」と訊かれて、
どう答えろというのだろう。
どんな人でも、こんな質問をされたら、言葉を失う。
面前で泣き崩れる姿でも期待したのだろうか。

世界を見回すがいい。
世界中の首脳が、迷いながら対策をしている。
どの指導者も手さぐり状態だ。
その指導者を支えようとするか、
批判して引きずり降ろそうとするか、
そこで人間の質が問われる。

そういう意味で日本の国民は賢明だ。
政府のやり方に不満はあろうが、
とにかく自粛して、政府に協力している。
野党のように、政府の失策を騒ぎ立て、
批判ばかりするのとはわけが違う。
感染者数増をはやしたてて、
不安を煽るマスコミとも違う。

今、日本で一番コロナ禍を解決しようと心を砕いている人は、
やはり総理大臣たる菅首相と言っていいだろう。
その重圧、責任の重さは想像することも出来ない。

その総理に蓮舫サンのような言いぐさは、気力を奪うだろう。
「あなたは総理としての自覚、責任感を
言葉で伝えようとする思いはあるんですか?」
あるに決まっているではないか。
しかし、口下手で、その思いをうまく伝えられないでいる
首相の気持ちが分かるか。
「そんな答弁だから言葉が伝わらないんですよ、
そんなメッセージだから国民に危機感が伝わらないんですよ」
とは何事か。

総理という立場への尊敬も慮りもなく、
ただ、政敵としてだけ攻撃の材料とする。
やはりこの人には、
日本人としてのDNAが欠けているとしか思えない。

心ある国民なら、
蓮舫サンの言い方に眉をひそめるだろう。

ネットの書き込みに、それはよく現れている。

○批判するより何をするか。
具体的な話をして議論を高めて欲しい。
企業に置き換えたら、
なんの発展もしない会議をずーっとやってる事になります。
倒産しないからやってるの?
こういうやりとりが、税金の無駄。
野党も何の為にいるのか分からない。
こういう状況だからこそ、議員が協力する事が何故できないのか。
野党は反対するだけでなく、
協力して状況を改善する事を何故できない?
やらない?
国民の代表なんでしょ?

○「もう少し言葉はありませんか」という、
どうにも返しようがない言葉に対して、
続けて「そんな答弁だから気持ちが伝わらない」と言うのは
最早ご自身で最初からそのように言って
批判のパフォーマンスを取りたかったのだとしか思えませんが。
野党として直接総理から意見を聞き出せる、
意見を述べられる立場であるのならもう少し建設的な議論をお願いしたい。

○亡くなられた方への哀悼の意をただ表面上の態度で示せばよいというものではない。
確かに菅総理の淡白な言動は不満だしリーダーとしての資質が疑問視されるが、
さすがに申し訳ないとの言葉自体がウソではないだろう。
申し訳なさが伝わらないという追及に一体何の意味があったのか。
代表質問はただ相手を責め立てるだけの場ではないはずだ。

○昨日は辻元、今日はこの方。
立憲民主党はいつも同じような人が質問している感じですね。
しかも常識はずれで感情むき出し。
これを見て支持者が増えると思っているのでしょうか?
マスコミはもっと野党に厳しくあるべきです。
そうしないと本当に政権を担える野党、政治家が育ってこないでしょう。
マスコミの責任はとてつもなく大きいと思います。
立憲民主党とともに淘汰されるしかないのかもしれません。

○感情でしか答弁できない野党議員、
これだから日本の政治はよくならない。
近い将来日本で女性首相が誕生するためには、
質のいい女性議員を選ばなければならないが、
なぜこの人が毎回当選しているのか謎。

○命の尊さはわかる。
それを救うため国会で方針を速やかに決める必要がある中、
総理に謝罪求めてどうするの?
今必要なのは一丸となって今の状況をどう打破するかでしょ?
コメンテーターが批判するのはわかるが、
国会議員が批判ばかりでどうするの?(ましてや自分の文書先上げは一切無視して)
それよりワクチンの話や、
2/7以降の緊急事態宣言をどうするかとか、補償の話とか色々あるでしょ?
もっと具体的な方針、目標を有意意義に話し合って欲しい。

○国会て何の為に開催されているんだろう? といつも思います。
今国会で話し合う事は、もっと他にあるのではないですか。
批判、揚げ足取りで時間を使うよりもっと議論を交わして頂きたいものですね。
もう一つ、お亡くなりになられた方々に対する感情論を
他人がするべきではないんじゃないですか。
このままでは立憲民主党も旧社会党の様に不要になり
他の野党に淘汰されますよ。

○立憲民主党には前向きな提案を出来る国会議員を
代表質問に立たせるという意識は無いのでしょうか?
それとも、立憲民主党には
前向きな提案をしようとする国会議員など存在しないのでしょうか?
緊急事態宣言下の国会質疑としては、あまりにもお粗末だと思います。
多分、ワクチン接種やコロナ感染症の抑え込みよりも、
優先順位が政権批判にあるのだと思います。
残念ながら。

○これ、蓮舫議員は「29人の命が無駄になった」って言ってるけど、
「無駄」って亡くなった方に相当失礼だと思うよ。
立憲にとって蓮舫はかなりのマイナス要因なんだけど、何で気づかないのかな?

○確かに菅さんは口下手ですが、
少なくとも蓮舫よりはコロナ対策に対し真摯に取り組んでいると思いますよ。
成果はともかく。
いかに菅さんを攻めるか、どう失脚させるか、
そんな事に情熱を注ぐ蓮舫よりは、菅さんの方が数段マシだと思います。
蓮舫は議員を辞めて政治評論家にでもなって批判だけしてればいいのではないですかね。
○蓮舫にしても辻元にしても、いたずらに非難するというか、
言葉が悪辣すぎます。
その悪辣な質問の仕方が国民受けすると勘違いしているおぞましい人たちです。
人間性のかけらもありません。
質問するのと、言葉汚くののしるのは違うということが分からない
低俗な人たちです。
この人たちには良心という心があるのでしょうか?
質問を見ていて、その低俗な質問に吐き気さえ覚えます。
それにしても、立憲民主にはこのような方たちが目立っているから
絶対政権なんて取れっこないし、政権担当させる気にもなりません。

○本当に立憲って批判とパフォーマンスだけ
やって欲しいのはコロナ収束に向けての議論
医療従事者の負担を減らす提案
国会では与党野党での対策・提案を議論して
昇華させた対策を纏めて欲しいの事です。

○「その精一杯は否定しません。
ただ伝える努力が足りないと言っているんです」
なに? 「伝える努力」だと?
この人は、企業でも役所でも、なにか仕事をやるとき
「精一杯」努力するということより、
「伝える努力」を評価するというのか。
聞いてあきれる。ここが立憲民主党が
国民からそっぽを向かれる原因だということが分からないのか。
だが、これはある意味、この人たちらしい言い方だ。
つまり「精一杯の努力」より
パフォーマンスを評価するというのだろう。
まさに、この人たちがやっていることだ。

○訥弁でもいい。人気取りなど不要だ。
菅首相には、人からどうみられようと、何を言われようと、
国民の健康と命のために、今までの方針で実績を積んで欲しい。
くれぐれも国民に「伝える努力」などという
まやかしの言葉に惑わされることはないように。

○なぜこんな人が国会議員、国民の代表なのでしょうか???
自分の謝罪は人にさせて、つまらない内容の無い喧嘩を吹っかけて‥‥‥
野党国会で何している。 
誰も蓮舫を止めれないのか?
立憲も終わりですね
命の話をしているなら批判では無く
命を救うための前向きな話を出来ないのか? 野党

○政府だってコロナを早く収束させたいわけで、
そのために休むこともほとんどなく働いている。
蓮舫さんみたいにTwitter で揚げ足取りの文句ばっかり呟いてる人は、
国会でも口喧嘩レベルの質問しかできない。
本気で取り組んでる人なら、
もっと建設的な質問なり提言なりができると思う。

○大事な場面の国会で、
やり込めてやろうという目的だけで返り討ちを受ける…
ショー目的なら二度と無駄な国会に参加しないで頂きたい。

○失礼と云うよりは無礼である。
蓮舫は自分を何様のつもりだ。
国民代表みたいなつもりなのかも知れないが
支持率が10%も無いのに図々しい限りである。
それにいくら菅総理の批判しても立憲の支持が増える事はない、
むしろ下がる事だろう。

○野党もコロナ対策を進める質問・議論をしてくれ。
批判のための批判は、この時期は時間の無駄でしかない
議事の上での時間の浪費は、
居眠りや読書している議員よりもある意味たちが悪い。

○本当に批判しかしない人。
どうしたらいいかの具体的な発見は
一切無しで、申し訳ないの言葉を
批判し出したら答えようがない。
分かった上での意地悪な質問に
本当に無駄な時間だと思う。

○こういうクレーマー的発言の連発で党の、
野党の支持が向上すると思っていますかね?
レンポーさん。内閣支持率がいくら低下しても、
お付き合いでお宅の党も支持率が低下しているんですよ。
具体策で、我々国民・有権者が
「これなら野党の方がいいじゃん!」
って思える事を大声で語れないかね?

○蓮舫の指摘はくだらない。
たいしたことも無いのに良く見せるために反論してる感じで邪魔だ。
立憲民主党は菅首相と同様勉強もしてない議員なので目立たないようにして欲しい。
こんな感じの蓮舫議員に期待?している立憲民主党は情けない。
支持率が上がらない要因の一つですよ。
もっと素晴らしい議員を見つけ、蓮舫は役職から外すべきです!!!

○このコロナの国難に総理を勤める方はだれがやっても大変だと思う。
判断に誤りがあることもあるかもしれないが、
確かに一国の総理に対してもう少し敬意を表してほしい。
そして国会議員はこの国難に対して
協力して早期に感染を抑える為の議論をしてください。
つまらない上げ足取りや非難は辞めておきましょう

○特に案を出すわけでもなく人の悪口だけ言ってる人に、
責任感だの努力が足りないだの言われたら誰だってムカつきますよねぇ。
そんな答弁とか偉そうに言う前に、
政治家としてもっと建設的な答弁が得られる質問をして欲しいです。

○私もちょっと総理大臣に対して失礼なんじゃないかと思いました
野党ならなんでも言っていいと言うわけじゃないのでは?
菅総理自身に何かしらの重大な落ち度があったわけではありません
この時期になんの迷いもなくリーダーシップをとれるリーダーはいないと思います
なんていうかヤジでもちょっと引きますが
公式な議員の発現として人を貶めるようなことを言うのは品性を疑います

○なぜ立憲民主が支持されないかを体現したようなやりとりだ。
人を罵倒だけして建設的な事は何もしないような人間は議員失格だし、
それを許す党にも問題がある。
こんな事を国会でするんじゃないよ。
時間のムダ。

○本当に失礼ですね。人としての良識を疑います。
何もできない人が、何かをしている人を
どうやったらこんなに責められるのでしょうか。
蓮舫さんは人として最低限の矜持はないのでしょう。
党首の責任問題です。

○これだからいつまで経っても与党になれない。
一度やらせてみて下さいと言ってなった与党時代は惨憺たるものだったし、
今も野党というより野盗と言って差し障りのない無法者の集団なので、
どれだけ自民党が不手際を起こそうともまだマシだと思ってしまう。

○国民、医療関係者、保健所関係者、地方自治体は
苦しみながら一生懸命やっている。
そんな中、仕事もしない、報酬の返還もしない、
人の批判ばかりする国会議員がいます。
そんな議員がなぜ質問するのか???

○本国会はとにかく酷い。
政府与党のコロナ対応より、
野党の的外れな追及の方が時間のムダ。
国会が開かれる事は、解っているのだから、
政府与党の批判より、
事前に現状の問題点の解決策を固めて欲しかった。
これでは、いくら政府与党が失策しても、
あまりに頼りない野党では、政権交代は、無理。

○今日TVの国会中継を見ておりましたが、
蓮舫議員はまず先日の自分の犯したフライングの件で、
謝罪と説明から入るのが国会議員の常識ではないでしょうか?
蓮舫議員のあの鬼の首をとったような感情的な揚げ足取りの質問の方が
コロナで亡くなった方のご家族や
現在も苦しんでおられる方々の感情を逆なでされたのではないでしょうか?
全く自覚が感じられません。
今は与野党を超えてコロナを1日も早く収束させ
国民の命と財産を守るかを知恵をだしあうのが国会議員の仕事です。
それができないのならとっとと辞めて下さい。
単なる税金泥棒です!

○立憲共産党は議論なんて二の次。
総理を罵倒し、恥をかかせることが目的で質問に立ってる。
それが国民から支持されると思ってるのだろうが、
それは立憲支持者だけで同じ日本国民でも一緒にしないで欲しい。
とにかく野党は口汚くて、不毛の時間だ。

○昨年政府は病床を増やそうと10兆円を用意しましたが、
コロナ感染者が夏場に減少した事もあり
蓮舫さんは額が大きすぎると反対して廃案にしました。
批判・反対しかせず、対案を出さない野党は必要ないと思います。
重箱の隅をつつくような事ばかりでなく、
政策で与党と対峙しない限り、
国民の支持は上がりません。
今の3%の支持率は高すぎます。

○辻元、蓮舫氏の物言いが聞くに堪えない。
見るに堪えない。
こんな問答を繰り返してどうなるというのかね。
もっと与野党ともに連携してこの国難に立ち向かうという
建設的な討論に出来ないものか。
情けない。
いつも思うのだがこのようなことで
野党の支持率が上がるとでも思っているとしたら大間違いだし、
かえって悪い方に向かうよ。もう少し考えた方がいい。

○出た! 蓮舫奥義・お涙頂戴戦法!
もうそんなパフォーマンスで国会の貴重な時間を使わないでくれ、頼む。
立憲民主はいつもそう。
パフォーマンスで批判して、ベターな案は出せない。
批判だけして、内閣の支持率下げるのに必死。
もういいよ、立憲民主はホントにもういい。
早く他の政党が野党第一党になって、
建設的な議論を国会でやって、より良い国にしていってください。
誰も足の引っ張り合いは見たくないんだよ。
頼むわ。ホントにお願いします。

○蓮舫氏が、菅首相の施政方針演説原稿を
ツイッターで流した件はどうなの?
それに政策を攻撃するならまだしも、
話し方の追及など国会でのやり取りではない。
自民党の失点が続くのに、立憲民主党の支持率が下がるのは
蓮舫氏の影響も大きいと思う。

○今日の質問の冒頭に、
フライング投稿の件の謝罪があるのかと思ったが、
どうやら自分の口から謝罪と説明をするつもりは毛頭ないようですね?
国会では通用しても、
一般社会ではこんな非礼は通用しません。
政治家以前に社会人としての常識です。
あなたのことを「他人に厳しく自分に甘い」との
批判や指摘がありますが、確かあなたの座右の銘は
「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」でしたね。
是非、自分を変えてください。

○ふざけるにもほどがある。
コロナのことで世界中探しても
どなたも防止対策の答えを持っていない状況にもかかわらず
蓮舫なら持っているとでもいうのか?

○上から目線で首相に伝える努力が足りないとか言うなら、
自身の疑惑や問題についても国民に伝えてくださいね。
国会で話すのは時間と税金の無駄なので、
得意のTwitter上でも構わないと思いますよ。

○今日の蓮舫、昨日の辻元だけではない。
一昨日の江田憲司も相当に失礼だった。
「それ失格答弁です」とか
「危機管理意識が全くなってない答えだ」とか、
上から目線で勝手に首相を評価して貶める発言を連発していて、
聞くに堪えなかった。
何様のつもりなのか知らないが、
質疑の質問役の立場に過ぎないのに、
首相の資質評価をするなんておこがましいにも程がある。

○蓮舫って何様なんだろうな?
決してまともな人間ではないよ。
こんな奴を信じて投票する人。
もうちょっと考えた方が良い。
いくら国会の場だからと言って、
大衆の面前で人のことを罵倒するのってどうなんでしょうか?
まぁー自分の旦那をペット呼ばわりする人だからね。
そんな人がいいと言うもその程度かな。

○国会の会期も限られるのに
「伝える努力が足りない」など議論してる暇はないでしょ。
29人が亡くなるのが残念なら予防策ぐらい提言しろよ。
発信のやり方など議論して
菅さんのキャラクターを言っても始まらない。

○東京の方々にお願いします。
次の選挙で落選させてください。
トップ当選なんてさせたのは都民のかたですから。






AutoPage最新お知らせ