焼肉再び  身辺雑記

雨の中、西船橋経由、京成線のこの駅まで行き、

クリックすると元のサイズで表示します

ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

2月、7月に続き、3度目の来訪。
今回、予約するのが遅れて、希望の時間は取れず、
待ち10組の後に予約して、25番をゲット。
すると、電話がかかってきて、
音声で「もうじきなので、近所にいてくれ」と。
その時には、まだ電車にも乗っていない状態。

着いた時には、すでに待ち番号は過ぎていました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、改めて待ち行列に登録。
45番。

クリックすると元のサイズで表示します

30分ほどで席に案内されました。

クリックすると元のサイズで表示します

安全対策がこのように。

クリックすると元のサイズで表示します

食べ放題は4コースあり、
いつも「きんぐコース」でしたが、
今回は上のランクの「プレミアムコース」

クリックすると元のサイズで表示します

タッチパネルが有効になるまで、

クリックすると元のサイズで表示します

10分ほどかかりました。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、厚切り熟成牛タン。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、ドデか!ロース。

クリックすると元のサイズで表示します

特選カルビ。

クリックすると元のサイズで表示します

海鮮盛り合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

キムチ盛り合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

極みカルビ。

クリックすると元のサイズで表示します

リブロースステーキ。

クリックすると元のサイズで表示します

焼きしゃぶカルビ。

クリックすると元のサイズで表示します

その他。

クリックすると元のサイズで表示します

〆めはさっぱり冷しそうめん。

クリックすると元のサイズで表示します

時間が来ると、こんな画面が出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

コースを上げた分、
肉の質と味が格段に上がりました。
これだけ食べられるのですから、
胃はまだ大丈夫のようです。


ゴーヤのその後  身辺雑記

以前、我が家のベランダ菜園に
キュウリとゴーヤを植えたことを報告↓しましたが、

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20200801/archive

その後、ゴーヤが実ったので、

クリックすると元のサイズで表示します

食卓にのぼりました。

クリックすると元のサイズで表示します

実を放っておいたら、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに色づきましたので、

クリックすると元のサイズで表示します

中がどうなっているか、
切ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

赤い実は、ゼリー状のものに包まれており、
食べられます。

クリックすると元のサイズで表示します

種を洗って、来春蒔こうと思っていましたら、

クリックすると元のサイズで表示します

それより早く実が爆発して、

クリックすると元のサイズで表示します

下に落ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

そのうち、芽を出してきて、

クリックすると元のサイズで表示します

すくすくと育ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今では、こんなで、
もうじきネットに届きます。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ゴーヤの収穫の時はそろそろ終わりますので、
どこまで育つのでしょうか。


脳ドック  身辺雑記

市から、↓のようなお知らせが来て、

クリックすると元のサイズで表示します

脳ドック費用を上限1万5千円助成するとのこと。

20年くらい前にMRIをやったことがありますが、
そろそろしてみようか、と思っていたので、
調べたところ、
銀座にある専門クリニックが
1万7千円(税込み19250円)で、一番安い。
これなら5千円未満の自己負担でやれるので、
銀座で映画を観るついでに、行ってきました。

銀座1丁目のこのビルの2階。

クリックすると元のサイズで表示します

どうして料金が安いかというと、
1件当たり30分ほどで済み、
つまり、数をこなしているから。

クリックすると元のサイズで表示します

料金のほとんどは設備代ですから、
リーズナブル。

クリックすると元のサイズで表示します

動画は、↓をクリック。

https://youtu.be/FBePNlt1j9I

MRIをやった方なら御存知のとおり、
工事現場のような騒音。
耳に当たる部分にスピーカーを仕掛けて、
音楽を流したらどうなのでしょうか。

検査結果は、メールで。

クリックすると元のサイズで表示します

脳萎縮は、なし

脳梗塞は、左大脳基底核に
陳旧性ラクナ梗塞が認められる。
病変の大きさは、1.5cm以下。

脳梗塞の種類としては、
脳の細い血管が詰まって起こるラクナ梗塞、
脳の太い血管が詰まって起こるアテローム血栓性脳梗塞、
心臓にできた血栓が血流に乗って脳の太い血管を詰まらせて起こる
心原性脳塞栓の3つのタイプがあり、
アテローム血栓性脳梗塞と心原性脳塞栓は、
発症すれば、手足のマヒや言語障害などの
重篤な障害を引き起こすが、
細い血管が詰まるラクナ梗塞では、
自覚症状がなく、気付かずに経過し、
MRI検査で初めて発見される。
いわゆる「かくれ脳梗塞」「無症候性脳梗塞」と呼ばれるもので、
正常でも、高齢者の約10%に認められる。

ただし、かくれ脳梗塞を持っている方は、
持っていない方と比べて3〜4倍
大きな発作(脳卒中)を起こしやすいと言われている。

脳梗塞を予防するためには、
高血圧、喫煙、糖尿病、脂質異常症、不整脈、
心臓病、生活習慣病などの危険因子に対する対策が必要。
特に高血圧の管理を徹底することが重要。

所見では、
頸動脈エコー検査と心エコー検査と合わせて評価をお勧めします、
とのこと。

白質病変は、
脳実質に比較的大きな脳白質病変が散在

脳梗塞とは言えないまでも、
血の巡りが悪くなっている状態をいう。
慢性脳虚血性変化とも呼ばれている。
正常でも、高齢者では加齢的変化として認められるが、
程度が強くなると、
脳卒中や認知症を起こしやすくなると警告されている。

高血圧がその最大の危険因子とされている。

大脳白質病変が認められた方では、
将来の脳卒中や認知症の発症を予防するために、
高血圧管理とともに生活習慣病全般にわたる管理を
強化する必要がある。

また、1〜2年に1回の脳ドックを勧める。

所見は、
経過観察で良いと思われます。
適度な運動、質の良い睡眠を心がけてください。

とのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

頭蓋内および頚部主幹動脈に異常所見は認められず、
血管周囲腔拡大(基底核):なし。
血管周囲腔拡大(皮髄境界下):なし。
脳微小出血(CMBs):なし。
陳旧性脳出血:なし。
脳腫瘍:なし。
水頭症:なし。
頭頸部病変:なし
正常変異:なし
動脈瘤:なし
動脈解離:なし
血管屈曲・蛇行:なし
血管狭窄:なし
血管閉塞:なし
脳血管奇形:なし
正常変異:なし

というわけで、
高血圧に気をつけ、
適度な運動をし、
良い睡眠をせよ、
とのことらしい。

とりあえず、脳の萎縮はないから、
アルツハイマーの心配はないらしい。

このクリニックのホームページは、↓をクリック。

https://medicalcheckstudio.jp/

動画は、↓をクリック。

https://youtu.be/mpnU9Htt5NA

ついでですが、
先日、前歯に貼り付けていたものが取れてしまったので
行った歯医者で、
この年齢で、これだけ歯が残っている(27本)のは
素晴らしい、と誉められました。
自分の歯で噛めるのは、喜びです。


ベランダ菜園  身辺雑記

団地住まいの我が家では、
ベランダで草花を楽しんでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

別の一角にはサボテン

クリックすると元のサイズで表示します

いくらでも増えます。

二カ月ほど前、キュウリを植えました。

クリックすると元のサイズで表示します

驚くほど成長が早く、

クリックすると元のサイズで表示します

つるを延ばして、からだを支えます。

クリックすると元のサイズで表示します

まるで目があるみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

行き先を失ったつる。

クリックすると元のサイズで表示します

柵を越えたので、場所を移しました。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて花が咲きましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

実がつく前に、

クリックすると元のサイズで表示します

枯れてしまうのが、ほとんど。

クリックすると元のサイズで表示します

この2本だけが生き残りました。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、1本を、もろみ味噌でいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

みずみずしさは、スーパーの売っているものとは格段の差。

もう1本は、十分大きくなったところを収穫。

クリックすると元のサイズで表示します

計ったら、27.5センチありました。

クリックすると元のサイズで表示します

これも、もろみ味噌で。

クリックすると元のサイズで表示します

2つ植えて、収穫は2本。
農家の方は、すごいですね。

同じ頃、ゴーヤも植えました。

クリックすると元のサイズで表示します

1本150円くらい。

クリックすると元のサイズで表示します

ネットも買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて、こんな風に。

カミさんは、これがしたかったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか花が咲かなかったのですが、
急につぼみができました。

クリックすると元のサイズで表示します

これが、ゴーヤの花です。

クリックすると元のサイズで表示します

どんどん増えます。

クリックすると元のサイズで表示します

アリやハチがやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどの花は実とならずに散りますが、

クリックすると元のサイズで表示します

いくつかの花の下がふくらんできました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

キュウリのでき方と似ていますが、
どちらも同じユリ科です。

クリックすると元のサイズで表示します

段々胴を太らせています。

クリックすると元のサイズで表示します

今、3本生き残り。

クリックすると元のサイズで表示します

楽しみですね。


胃内視鏡  身辺雑記

一昨日、胃内視鏡(胃カメラ)検査を受けました。
何度も受けていますが、
このブログに書くのは久しぶりです。

市内に腕のいいお医者さんがいて、
一年置きに
胃内視鏡と大腸内視鏡の検査を交互に受けています。

↓が、そのお医者さんのクリニック。

クリックすると元のサイズで表示します

胃カメラを初めて飲んだのは、
20年位前でしょうか。
その時、かなり苦しい目にあい、
「これは、高齢者にはきついなあ」
と思ったものでしたが、
こみち先生の施術では、あっと言う間で、
「えっ、もう終わったの?」
という感じ。
ということは、
最初の胃カメラの時の先生の腕が悪かった、
ということでしょう。

実は、一昨年は浮気しました。
浦安市の内視鏡検査で、費用は3000円
というのにつられて、
市の指定病院(7カ所)の一つで受けたのです。
申し込み、受け付け、その他のオペレーションが悪い病院で、
「ヤバいな」と感じましたが、
いざ受けてみると、
その病院には、内視鏡を扱える医師がおらず、
他の病院からの派遣だったのです。
しかも、腕は相当悪く、
かなり苦しい思いをしました。
そして、「何かあったら連絡します」
という話で、連絡がなかったので、
問題なかったのかと思っていたら、
今になって市の担当部署から、
要経過観察になっていた」
と知らされたのです。
そんな連絡は一切なし。
やっぱりヤバい病院だった。
観察もなしに症状が進んでいたりしたら、
誰が責任取るのでしょうか。

で、今年はこみち先生の検査を受けました。

廊下で待っている間に、
胃の中をきれいにする液体を飲まされ、
中に入ると、喉にスプレーをかけられ、
喉がしびれたようになります。
昔は胃をふくらますために、
炭酸ソーダの粉末のようなものを飲まされ、
「ゲップを我慢して下さい」
などと言われたものですが、
それは今ではしていないようです。
検査台に横になってから、鎮静剤らしきものを注射され、
口にマウスピースを噛まされ、
カメラを喉の奥につっこまれたのまでは憶えていますが、
後は「はい、終わりました」という声で起こされました。

しばし休憩の後、診察。
4カ所を撮影した写真を見せられ、
胃の上部に逆流性食道炎があるのと、
胃炎があることを示されましたが、
ポリープもなく、
潰瘍もなく、
まして、病変部などありません。

では、2年後に、ということで終わり。

支払いになって驚いたのは、
診療費は2510円
一昨年の3000円は何だったのか。

まあ、そういうわけで、
昨年の大腸内視鏡も
今年の胃内視鏡も問題なし。
それに前立腺生検の結果も問題なしで、
直近の健康診断でも、
中性脂肪と悪玉コレステロール値が少し高い程度。
年齢を考えれば仕方ない水準。
歯は親不知を除いた28本中、27本が健在。
70歳の平均の歯の数は15.2本だそうですから、
立派だと歯医者に言われました。
視力は、今だに裸眼で新聞が読めます。

それもこれも、頑丈な体に産んでくれた親のおかげ。
残された人生を、健康に気をつけて
過ごしたく思います。





AutoPage最新お知らせ