代々木公園の桜  身辺雑記

今日は、雲一つない天気でしたので、

クリックすると元のサイズで表示します

昼頃、カミさんと、ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

目的地は、ここ、

クリックすると元のサイズで表示します

代々木公園

クリックすると元のサイズで表示します

敷地は54万529u(およそ東京ドーム11個分)で、
東京23区内の都市公園の中では、5番目に広い。
ちなみに、上位の公園は、
葛西臨海公園、水元公園、舎人公園、光が丘公園。

公園になる前は、1964年の東京オリンピックの選手村
その前は、1947年(昭和22年)、
連合国軍占領下の日本での、
アメリカ空軍およびその家族のための居住地域
その前は、日本陸軍の練兵場
更にその前は、江戸時代、
大名や旗本らの下屋敷などが点在していた場所で、
明治維新後、民有地となり、一面の茶畑・桑畑となっていたところ。

クリックすると元のサイズで表示します

などという歴史は、
訪れる若者たちは、知りません。

クリックすると元のサイズで表示します

明治神宮に隣接し、
原宿からも参宮橋からも代々木八幡からも入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

向こうには、国立競技場第1体育館も見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

少し歩くと、桜の咲いているところがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

代々木公園に来るのは、
45年ぶり位。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

御存知のとおり、宴会は禁止ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

やはり、始まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

卒業式からの流れ?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

池もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近所の人で、犬の散歩には最適。

クリックすると元のサイズで表示します

猫を散歩させている人もいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

竹下通りにも行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

35年ぶりくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと感じた異邦人。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろな動物カフェも盛ん。

クリックすると元のサイズで表示します

竹下口は残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

原宿といえば、
新しい駅舎ができたので、話題に。

クリックすると元のサイズで表示します

3月21日、オープン。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが古い駅舎。

クリックすると元のサイズで表示します

シャッターが降りています。

クリックすると元のサイズで表示します

90年以上にわたり親しまれた都内最古の木造駅舎。

新駅舎は、すっかり近代的。

クリックすると元のサイズで表示します

新たに明治神宮へ向かう西口ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここから、古い駅舎が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

前は内回りと外回りが共通ホームでしたが、
二つに別れました。

クリックすると元のサイズで表示します

明治神宮側にあったホームを活用。

クリックすると元のサイズで表示します

竹下口への階段は温存。

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま山手線に乗って、ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

山手線30番目の駅、高輪ゲートウェイ
3月14日に開業。

クリックすると元のサイズで表示します

西日暮里駅から新駅は39年ぶり

クリックすると元のサイズで表示します

山手線と京浜東北線が走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

コンコースは2階で、

クリックすると元のサイズで表示します

これが改札。

クリックすると元のサイズで表示します

出ると、

クリックすると元のサイズで表示します

こういう広場(?)が。

クリックすると元のサイズで表示します

階下には、イベント会場のようなものが建設中。

クリックすると元のサイズで表示します

下に降りても、何もありません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

地図を見ても、ご覧のとおり、何もなし。

クリックすると元のサイズで表示します

というのも、今は暫定開業。
2024年度に本開業の予定。

仕方なく、上に戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

駅名の公募では、1位が「高輪」、2位が「芝浦」、
3位が「芝浜」、4位が「新品川」と「泉岳寺」。
「高輪ゲートウェイ」は130位。
「古来より街道が通じ江戸の玄関口「高輪大木戸」(Gateway) だった、
ということでしたが、
何のための公募だったのか。

上から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ工事中で、

クリックすると元のサイズで表示します

これからの駅でした。

クリックすると元のサイズで表示します

新しいのは、
無人AI決済店舗の1号店。
一度に店内に入れるのは7人までで、
複数のカメラを設置し、
買い物客がどの商品を手に取ったかをリアルタイムで識別し、
出口付近に設置したタッチパネルで
購入商品と金額を確認し、
交通系ICカードで支払う。

行列が出来、入場を係が整理。
何のための無人化か。

クリックすると元のサイズで表示します



IKEAに行きました  身辺雑記

本日は昼から
家族で南船橋に出掛け、

クリックすると元のサイズで表示します

ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

IKEA Tokyo−Bay

クリックすると元のサイズで表示します

これが入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

1階と2階にフロアがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

広大なフロアに
輸入家具が並べられています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

IKEAは、スウェーデン発祥
世界最大の家具量販店。

クリックすると元のサイズで表示します

設立は1943年。
17歳だったイングヴァル・カンプラードが設立した雑貨店が始まり。

クリックすると元のサイズで表示します

IKEAとは、Ingvar Kamprad, Elmtaryd, Agunnaryd の頭字語
4文字を取ったもの。
Ingvar Kampradは創業者の名前、
Elmtaryd は彼が育った農場の名称、
Agunnaryd は彼の出身地の都市名で
スウェーデン南部のスモーランド地方にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

スウェーデン語では「イケーア」あるいは「イケーヤ」と発音されますが、
日本語では「イケア」、ドイツ語などでも「イケア」と発音されます。
英語では「アイキーア」。

クリックすると元のサイズで表示します

当初は需要があれば何でも取り扱う店でしたが、
1947年に地元の家具店と契約して
格安販売を開始するとこれが大当たりし、
1951年以降は完全に家具販売に集中。

クリックすると元のサイズで表示します

順調に売り上げを伸ばしていましたが、
同業他社との深刻な価格競争に巻き込まれ、
ライバルの圧力によって、
家具メーカーからの商品供給停止という深刻な状態に。
しかし、この事態をバネに、
自社で独自のデザイナーを抱え、
企画・製造・販売まで全てまかなう、
現在のイケアのスタイルを誕生させました。
危機を上手に乗り越えて、
ビジネスモデルを作ったわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

また、この際にイケアの特徴の一つである
「フラットパック」
(分解された商品は、
できるかぎり薄く小さい梱包をされており、
自動車のトランクに積んで簡単に持ち帰ることができる)
も誕生しています。

クリックすると元のサイズで表示します

1963年からスウェーデン国外での積極的な展開を開始。
売上高(2011年)は世界全体で
250億ユーロ(2兆9250億円)に及び、
従業員は世界各国で13万9千人(2012年)。
2008年4月現在で、
世界の36の国と地域に合計278店舗を展開。
そのうち24カ国、246店舗が直営店。
(他はフランチャイズ方式)。
世界のどの市場でも株式を公開しておらず、
非上場を維持しています。

クリックすると元のサイズで表示します

カンプラード(2018年、91歳で死去)は
「非上場企業のままでいることが
イケアの驚異的な成功の主因の一つになっている」として、
今後も非上場を維持するとしています。

クリックすると元のサイズで表示します

2015年に、店舗のある全ての国家で
インターネット通販を展開。

クリックすると元のサイズで表示します

現在の本社はオランダにあります。

クリックすると元のサイズで表示します

日本においては、
1972年(昭和47年)から、
百貨店での店舗展開をしましたが、ふるわず撤退。

クリックすると元のサイズで表示します

2001年に日本再進出を決定し、
2002年7月に日本法人「イケア・ジャパン」を設立。
1号店(イケア船橋)が2006年4月24日にオープン
現在は9支店に。

クリックすると元のサイズで表示します

今日行ったIKEAトーキョー・ベイは、その1号店で、
広大な敷地は、
元屋内スキー場・ららぽーとスキードームSSAWS↓の跡地の一部。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく、品数が豊富で、安い。

クリックすると元のサイズで表示します

それだけでなく、デザイン性にすぐれ、
娘は「カワイイ、カワイイ」を連発。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋を改装したいという人には、天国です。

クリックすると元のサイズで表示します

広い店内で迷わないように、
順路を床に表示。

クリックすると元のサイズで表示します

これ、天井のライトから投影。
電気代もかかるでしょうに。

クリックすると元のサイズで表示します

店内では、このバッグに品物を入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな風に。

クリックすると元のサイズで表示します

1階フロアではカートもあります。

大きな商品の購買手順が、
他の家具屋と一部異なり、
まずモデルルームで
各商品が実際に部屋に置かれた状況を想像・把握したうえで
購買対象を絞り、
商品番号を頼りに倉庫から
希望する商品をピックアップして、
レジへ向かいます。

そのための申し込み用紙と鉛筆。

クリックすると元のサイズで表示します

サイズを測るためのメジャーは無料。

クリックすると元のサイズで表示します

配送料の手引き。

クリックすると元のサイズで表示します

広いスペースを生かして、
個別のモデルルームが充実しており、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな表示も親切。

クリックすると元のサイズで表示します

デザイナーも明らかに。

クリックすると元のサイズで表示します

「IKEA FAMILY」と「IKEA for Business」という会員制度があります。
↓左にあるのが、そのカード。

クリックすると元のサイズで表示します

入会費や年会費などは無料で、
いくつかの会員特典が受けられます。

クリックすると元のサイズで表示します

ポイントはつきません。

壮観なのは、このセルフサービスエリア

クリックすると元のサイズで表示します

どうやって品物を下ろすのか、

クリックすると元のサイズで表示します

やったことがありませんので、不明です。

クリックすると元のサイズで表示します

IKEAには、レストランが併設されています。

クリックすると元のサイズで表示します

これも多数の座席。

クリックすると元のサイズで表示します

スモークサーモンやミートボールなどを中心とした
スウェーデン料理を食べることができます。

対面で注文して品物をもらい、

クリックすると元のサイズで表示します

ここで精算。

クリックすると元のサイズで表示します

ドリックバーはたったの100円

クリックすると元のサイズで表示します

原価の安い飲み物でもうけよう、
などという魂胆はありません。

3人でこれだけ食べて、3千円いきません。

クリックすると元のサイズで表示します

他に喫茶コーナーもあり、

クリックすると元のサイズで表示します

ホットドッグが200円、
ソフトクリームが50円。

クリックすると元のサイズで表示します

家族でオープン当時来たことがあるので、
今回は14年ぶり
京葉線でたった3駅なのに。

私はTOHOシネマズに来た時に、
↓このホットドッグセットを買うために、
たびたび訪れています。

クリックすると元のサイズで表示します

昼過ぎに来て、夕方まで、5時間半
「家具のテーマパークだね」との感想。

クリックすると元のサイズで表示します

↓のとおり、16点を買い求めました。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな家具は、
部屋のサイズを測ってから、
ということで、小物ばかりです。


コロナの不便  身辺雑記

今日は午後、3月だというのに、が降りました。

クリックすると元のサイズで表示します

競馬中継の画面も、こんな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


14日付の中国共産党機関紙、
人民日報系の環球時報は、
欧米諸国の新型コロナウイルス感染症への対応が甘く、
感染拡大を許したとして
「反省すべきだ」と訴える社説を掲載したという。

何だか笑ってしまう
あんたが言うか、という感じ。

中国の初動の遅れに対する批判をかわし、
他国の危機管理能力を問題視して、
反転攻勢するつもりらしい。

自身の反省はせず、
他人のせいにする。
面の皮が厚い。
まさに、「自分は正しい。間違っているのはあんただ」。
そして、根底にあるのは、中華思想。
中国とは、そういう国だ、
ということを記憶にとどめよう。


クリックすると元のサイズで表示します

今日、安倍首相
新型コロナウイルス対策の特別措置法の成立を受けて
記者会見を開き、
諸外国と比べ日本の感染者数は抑えられているとして、
現時点で「緊急事態」を宣言する状況ではなく
今後慎重に判断していく考えを示した。

本日付けの世界各国の感染者数及び死亡者数は、下記のとおり。

中国   8万0824人(うち死亡者3189人)
イタリア 1万7660人(1266人)
イラン  1万1364人(514人)
韓国   8086人(72人)
スペイン 4231人(121人)
フランス 3661人(79人)
ドイツ   3062人(5人)
米国    2034人(43人)
スイス   1122人(6人)
オランダ   804人(10人)
デンマーク 804人(0人)
英国     798人(10人)
ノルウェー  750人(1人)

ときて、
日本国内は716人(死亡21人)だから、
「もちこたえている」という見解は正しい。
(注:クルーズ船の患者数は算入しない方がいい。)

人口比でみても、
人口1万人当たりの日本の感染者数は0.06人で、
他国に比べて抑えられているとしたうえで、
「現時点で『緊急事態』を宣言する状況ではない」
としたわけだ。

未経験の事態だから、
手違いや見込み違いはあるが、
日本は爆発的な感染は避けられている。
学校の臨時休校も、
あのまま放置して、
集団発生などしたら大変なことになっていたから、
あの措置は正しかったと言えるだろう。

たが、今後のことについては、
見通しが立たないことは確かで、
いつ収束するかなど、
誰も答えることはできない
だろう。
従って、
「依然として警戒を緩めることはできない。
本当に大変なご苦労をかけているが、
引き続きご協力をお願いしたい」
となるのはいたしかたあるまい。

あとは経済に対する影響だが、
これも先行きは誰にも予測できない。
「動向を注意深く見極めながら、
今後も機動的に必要かつ
十分な経済財政政策を間髪を入れずに講じる」
と述べたのも仕方ないところだ。

「現在は、感染拡大の防止が最優先だが、
その後は、日本経済を再び確かな成長軌道に戻すため、
一気かせいにこれまでにない発想で
思い切った措置を講じていく。
その具体的な方策を政府・与党の総力をあげて練り上げていく」
と言っているが、
あとは具体的な方策に
国民も政府も一丸となって
対応していくしかない。

「今の段階では感染拡大を阻止をするために
全力を尽くしていきたいが、
その後、何とか経済を安定した成長軌道に戻し
国民に活気や笑顔が戻るように、
思い切った大胆なメッセージ性の強い対策を
していかなければならない」

その上で、
「具体的にどういう対策を打っていくか、
与党とともに練り上げていきたい。
国内だけではなく世界経済全体が相当動揺しているので、
世界各国とも協力しながら
必要なマクロ政策、経済財政政策を打っていきたい」

そして、
「わが国だけの孤独な戦いではない。
世界全体がいま、新型コロナウイルスという
共通の敵に立ち向かっている。
G7、G20の枠組みを活用し
経済政策も含めた国際社会の結束した対応をリードしていく考えだ。
いかなる困難も、力を合わせれば、
必ずや打ち勝つことができる。
私はそう確信している」

東京五輪については、
「われわれとしては、
今後ともIOCと連携しながら、
この感染拡大を乗り越え、
オリンピックを無事予定どおり開催したい」
と述べた。

五輪については、今問題にする方がおかしいだろう。
5月末なり、
ある時点の状況を見据えて判断すればいいのであって、
今の時点であれこれ言っても意味がないことだ。

安倍さんを批判する声もあるだろうが、
こういう危機の時には、
リーダーを盛り立てていくのが
国民の義務というものだ。

市民生活が不便なのは、
この際、仕方ないと思うしかない。
今の最優先課題は、
感染拡大を阻止することなのだから、
みんなで力を合わせていくしかない。


私の周辺のささやかな「不便」を言うと、
まず、2月22日、
週1回エアロビクスをしている
市営の体育館に行くと、
スタジオに人がいない。
係に訊くと、
「今日から3月一杯まで、教室はお休みです」とのこと。
1コマいくらでやっているインストラクターさんは失業か〜
と心配した次第。
ついでに、暖房機器メーカーの
株式会社コロナも大変だろう、と思った。

図書館も閉館になり、
予約した本を受け取るには、
舞浜駅の行政サービスセンターまで
行かなければならなくなった。
これも不便。

2月29日から東京ディズニーランドが閉園となり、
付帯施設であるイクスピアリも休みに。
連動して、イクスピアリ内の映画館も閉館に。

クリックすると元のサイズで表示します

仕方なく、東西線の市川妙典にある
イオンシネマまで自転車で行くことに。

クリックすると元のサイズで表示します

イクスピアリまでなら自転車で10分だが、
イオンシネマまでは35分。
それでも日比谷まで行く時間を考慮すれば、短い。
しかも、交通費はタダ。
その上、イオンシネマはシニア1100円を維持している。

と思っている間に、
イオンシネマのホームページに
「市川市内でコロナウィルスの感染者が出たので、
当分の間、閉館します」
との文字が。

そこで、京葉線を下って、
海浜幕張のシネプレックス幕張に。

クリックすると元のサイズで表示します

日比谷の映画館に行くために
東京駅に出るのと運賃は同じだが、
乗車時間が短く、
映画館も駅に近い。
ここもシニア1100円を維持。

映画館は密閉空間だが、
換気は十分にされている。
ただし、行く時には、
マスクを付けるよう、娘に厳重に言われている。

東京ディズニーランド周辺のホテルで、
「博多あまおう食べ放題フェア
福岡の味覚和食バイキング」
というのをやるので、
食べに行こうと思っていたら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホームページに

「新型コロナウイルス感染症対策本部」からの
「集団感染を防ぐため、ビュッフェ形式の食事など、
換気の悪く不特定多数の人が接触する場所に
集まるのを自粛するように」
という発表を受け、
バイキング形式での提供について熟慮を重ね、
お客様の安全と安心を第一に考えた結果、
当面の営業を中止することといたしました。

との一文が。
やれやれ。

以上、ささやかな不便は甘受しようと思っている。

ちなみに、
は来週からカナダで開催される予定の
フィギュアスケート世界選手権に行くつもりだったが、
中止になったので、断念。

5月にはスペイン旅行を予定しているのだが、
それも少々危ないようだ。

私も娘も、
いつか解放されるのを期待して、
我慢している。


我が家の防災対策  身辺雑記

「史上最大級の台風が来る」

クリックすると元のサイズで表示します

というので、
その備えをしました。

団地の管理組合からの
「ベランダに物を置かないように」
という指示に従い、
まず、ベランダにあったゴミ箱を玄関に。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ベランダの植木を全部娘の部屋に。

クリックすると元のサイズで表示します

娘はこの間、海外逃亡中
金曜日の夜にソウルに飛んで、
土日でミュージカルを2本観た後、
台風の過ぎた日曜夜に戻るという、
見事に台風を避けた行動。

こうして、ベランダには物がなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、窓には養生テープを。

クリックすると元のサイズで表示します

小心者のカミさんが、
ワイドショーの「窓ガラスが割れる恐れ」という
脅しに乗せられて、
市内の店に養生テープの存在を問い合わせても、
どこにもなく、
結局、同じマンションの友人から分けてもらいました

それで、内側に貼る予定のダンボールは用無しに。

クリックすると元のサイズで表示します

廊下側は、これ又マンションの友人から分けてもらった
ヨシズを張ります。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、台風の来るのを待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

日本列島を覆う雨雲。

クリックすると元のサイズで表示します

携帯電話には、行政からの緊急メールが入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

浦安市だけでなく、

クリックすると元のサイズで表示します

隣の市川市や江戸川区からも入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて、台風襲来。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに、直撃

クリックすると元のサイズで表示します

この台風、進行方向西の方が雨風共に強かったらしく、

クリックすると元のサイズで表示します

東側だった浦安は、15号↓の時より弱い感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

日にちが変る頃には、

クリックすると元のサイズで表示します

雨も上がってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、多くの川で氾濫が起こったといいます。
私の故郷の狩野川まで氾濫。
昭和33年、
私が上京した直後に狩野川台風が襲来。
もしかしたら、あの時、私は死んでいたかもしれません。
運命は分かりませんね。

いつも台風の後には、
きれいな夕焼けが出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、↓のようなチラシが入っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

市の主催。
なぜ市がこういう行事をやるかというと、
↓の駅の看板を見ても分かるように、

クリックすると元のサイズで表示します

浦安市は、ラグビーワールドカップの
公認チームキャンプ地なのです。

クリックすると元のサイズで表示します

それで、このようなイベントを開催。

クリックすると元のサイズで表示します

先着280名で、
試合開始の1時間前(6時45分)から整理券を配布、というので、
その1時間前の5時45分に
配布場所である新浦安駅前に出掛けました。
1時間待つ覚悟で、
本と、暗くなった時、音楽を聴くためにiPodも持ち、
折り畳みの椅子と共に、万全の態勢です。

しかし、配布場所と思われる場所に来ても、
誰もいません。

クリックすると元のサイズで表示します

普通、1時間前くらいには準備をしているだろう、
と不思議に思いつつ、キョロキョロしていると、

こんなところに、何か貼ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します

えっ、中止
だって、試合はするって、朝発表があったのに。

クリックすると元のサイズで表示します

家に戻ってホームページを調べると、

「10月13日は、
台風19号の接近に伴い、
試合実施または中止の判断にかかわらず、
ラグビーワールドカップ2019 パブリックビューイングのイベントは
中止とさせていただきます。
あらかじめご了承ください」
と書いてあります。
「試合実施または中止の判断にかかわらず
って何だよ。
つまり、行政は先に
「12・13は休み」と決めてしまったのです。
その証拠に、晴れたにもかかわらず、
本来やっている図書館も休みでした。

普通なら、試合が開催されることが決まれば、
実行するものでしょう。
13日は深夜から晴れ渡っていた。
なのに、天気にかかわらず、中止。
開催するための最大限の努力をしない。
民間ならそうするでしょうに。

言い訳さえ立てば、
あっさり職務を放棄する。
「市民ファースト」じゃない。
お役人の悪いところが出てしまったようです。


ああ親指シフト  身辺雑記

実は、この1カ月、
ブログを書くのに、えらい苦労をしていまして。

というのは、キーボードに不具合が生じていたのです。

私が30年ほど前、
かつての職場に就職した時、
初めてワープロなるものを目にしました。
OASYSの初期モデル。
まだ5インチのフロッピィを使っている時代です。

メーカーは富士通だったので、
親指シフトのキーボード。

親指シフトというのは、
一つのキーに二つの文字を割り当て、

クリックすると元のサイズで表示します

普通に打つと、下段の文字が、
親指と一緒に打つと、上段の文字が印字される仕組み。
更に、反対側の親指シフトを同時に押すと、
濁音が印字される。

クリックすると元のサイズで表示します

キーが少なくなる利点の上、
ローマ字入力が2ストロークで1文字のひらがなとなるのに対して、
ワンストロークで1文字打てるので、
効率が良く、打つスピードも早い。
しかし、富士通1社では、普及に問題があり、
ついにJIS配列のキーボードに凌駕されてしまいました。

しかし、社内では、
何の問題もなく使い続け、
パソコンになった時も、
親指シフト配列のキーボードを接続することにより、
前と変わりなく、作業することができました。

親指シフトは、その操作性の良さから
作家達には愛好者が多く、
継続の署名運動もあり、
古い機種を再発売すれば、買う、
という要望が出された、などという話も聞いています。

そういうわけで、
我が家では親指シフトと心中するつもりで
使い続けていました。

ところが、数カ月前、
あまりに手垢まみれになったために、
洗剤と綿棒で掃除したところ、
乱暴なことをしたからか、
左側の親指シフトが効かなくなってしまったのです。

たとえば、↑の文章を打つと、
「ひだたがわのおふゆびシフトがきかてくてってしまったのです」
などと印字されてしまいます。

何度かトライするうち、
時々シフトが有効になるので、
だましだまし使っていたのですが、
10日ほど前、
完全に左側の親指シフトが
全く働かなくなってしまいました。

これではブログどころか、
検索しようと思っても、
正確に文字が打てないので、どうしようもありません。

では、どうやってブログを書いていたのか。

パソコンの隣にあるワープロ(まだ動きます)で文章を打ち、
それをフロッピィに記録、
次にパソコンにつなげたフロッピィディスクドライブに入れて、
画面に呼び出し、
コピーをして、
ブログの画面にペーストして文章を複写。
後は写真をそれぞれの文章に組み込んで処理、
という手順を踏んだのです。

文章の修正や追加が生じて、
それが左側の親指シフトがらみだと、
バソコンでは打てないので、
その分をワープロで打ち、
同じ手順でブログの文章に連結する、
という手間のかかることをしていました。

中古のキーボードでもいいから購入しようか、
とネットで調べると、
前から知っているOASYS専門店で、
新種の親指シフトキーボードを売っています。
しかし、動作環境を少しいじらなければいけない。
どうしようか、と思いつつ、
キーボードの型番を入れて検索してみると、
何と、同じ型番のキーボードが
まだ売られているではありませんか。
しかも、メーカーで。
まだ作っていた?
ただし、やたらと値が張る。

同じ型番のものなら、動作は大丈夫なので、
思い切って、注文。
それが今日、届いたのです。

古いキーボードを取り外し、
新しいキーボードを接続して、
打ってみると・・・・

正常に作動します。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、
このブログは新しいキーボードで打っています。
シフトが有効でない時の、苛立ちがなくなり、
心地よく打てます。

ああ、ありがたい。
富士通、エライ

というわけで、
ブログは再出発いたしました。
あとは、パソコンが壊れるまでは継続します。





AutoPage最新お知らせ