『ウォー・ホース〜戦火の馬〜』  演劇関係

今日は昼前から
家族3人で渋谷へお出かけ。
台風の影響での雨の予報に、
折り畳み傘を持って出掛けましたが、
電車の中、観劇中に雨が降ったものの、
結果としては傘を差すことはありませんでした。
いつもながらの「晴れ男」「晴れ家族」です。

今日行ったのは、ここ、渋谷ヒカリエ

クリックすると元のサイズで表示します

昔の東急文化会館です。

クリックすると元のサイズで表示します

東急文化会館、懐かしいですね。
五島プラネタタウムと4つの映画館があり、
特に1階にあった大きなパンテオンは好きな映画館でした。
「アラモ」で初めて70ミリ映画を観たのもここ。
「キャリー」もここでしたね。
上の階にあった東急名画座では、沢山の思い出があります。
父親に連れていかれて、
「お熱いのがお好き」を観たのもここでした。

クリックすると元のサイズで表示します

再開発で渋谷ヒカリエとして、2012年4月26日にオープン。
今日の目的地は、このビルの11階〜16階を占める

クリックすると元のサイズで表示します

シアター・オーブ

クリックすると元のサイズで表示します

総客席数1972席
文化村のオーチャードホールが2150席ですから、
ちょっとだけ小ぶり。
それでも大劇場であることに変わりはありません。

↓は、3階最後部からの眺め。

クリックすると元のサイズで表示します

意外と舞台は遠く感じませんでした。

ちなみに、帝国劇場が1897席、
東京宝塚劇場が2069席、
日生劇場が1330席、
歌舞伎座が1964席、
新橋演舞場が1428席、
明治座が1368席、
四季劇場〔春〕が1255席。

東京文化会館大ホールが2303席、
新国立劇場オペラ劇場が1814席、
東京芸術劇場大ホールが1999席、
NHKホールが別格で3601席、
国際フォーラムAがこれも別格で5012席。

クリックすると元のサイズで表示します

劇場名称には、
かつて東急文化会館の8階にあった
五島プラネタリウムを引き継ぐ施設になるように
との思いを込めて、
「天球、球体」を意味する「オーブ」という語が使われました。

クリックすると元のサイズで表示します

全面ガラス張りの壁からは、

クリックすると元のサイズで表示します

渋谷の町が一望出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

代々木国立体育館の向こうに新宿副都心も見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

今日観たのは、
「ウォー・ホース〜戦火の馬〜」

クリックすると元のサイズで表示します

英国ナショナル・シアターの来日公演です。

この作品は、
1982年に出版されたマイケル・モーパーゴによる児童小説。
これをニック・スタフォードの脚色により舞台化したもの。
当初、モーパーゴはこの舞台化は難しいだろうと考えていました。
というのも、
この小説は、
馬が主人公だからです。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台化を可能にしたのは、
パペットの操演技術。
南アフリカ共和国の
ハンドスプリング・パペット・カンパニーによる
等身大の馬のパペットが
まるで生きているような息吹を舞台にもたらします。

クリックすると元のサイズで表示します

一つの馬を3人が操作し、
一人は馬の頭部分を、
一人は前足を
一人は後足を担当。
その見事な操演は、
舞台上に本物の馬が登場したかのような効果をもたらします。

クリックすると元のサイズで表示します

これに加えて、
照明、音響を含んだ演出が素晴らしい。
演出はマリアン・エリオットトム・モリスの二人。
映画音楽のようなエイドリアン・サットンの曲も素敵。

演劇の可能性がまだまだあることを感じさせる
新機軸と言っていいでしょう。
なにしろ、観劇した蜷川幸雄が
終わった途端、
「負けた!負けた!」
と叫んだほどでしたから。

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスの片田舎、
貧困農民のテッドが
オークションで買った子馬を農場に連れてきます。
息子のアルバートは子馬にジョーイと名付け、
成長するにつれてアルバートとジョーイは強い絆で結ばれます。

やがて第一次世界大戦が始まり、
テッドはジョーイを騎兵として売ってしまいます。
ジョーイを買い取ったニコルズ大尉は
戦争が終わったら、
ジョーイをアルバートの元に返すことを約束します。

クリックすると元のサイズで表示します

ジョーイと他の軍馬であるトップソーンは
フランスに船で送られ、
イギリス騎兵隊はドイツ軍の新兵器である機関銃に圧倒され、
初戦でニコルスは撃たれて亡くなります。

ニコルスの死を知ったアルバートは、
年齢を偽って軍に入隊を志願して歩兵隊に入隊し、
ジョーイを追ってフランスに渡ります。

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツ軍に捕らえられたジョーイは
野戦病院となった農場へ連れてこられ、
ドイツ軍将校フリードリヒによって庇護されます。
農場の娘エミリーはジョーイとトップソーンの世話をします。

重い大砲を引いて衰弱した馬に代わり、
ジョーイとトップソーンはハーネスを装着して
荷車を引くことができたために命拾いします。
ジョーイとトップソーンに友情が芽生えますが、
トップソーンは極度の疲労により亡くなってしまいます。

この時、横たわるトップソーンから
3人の演者がするりと抜け出て、
トップソーンの亡骸に
礼をするようにして去っていきます。
「いのち」が抜け出た、
という感じがして、印象的でした。

クリックすると元のサイズで表示します

フリードリヒが亡くなり、
ジョーイは戦場を疾駆して逃走しますが、
有刺鉄線に引っ掛かってしまいます。
ドイツ軍、イギリス軍の双方が白旗を掲げて
1人ずつ兵士がジョーイを助けにきます。
助けた後、イギリス軍に引き取られたジョーイは、
アルバートと再会。
戦争が終わり、
ジョーイとアルバートは故郷に帰還します。

クリックすると元のサイズで表示します

催涙ガスで目をやられたアルバートが
それとは知らずにフクロウの笛を吹き、
その合図にジョーイが反応して、
二人が再会するシーンは涙モノです。

第1次世界大戦で
イギリス軍が投入した馬の数は100万頭にのぼったと言われています。
そのうち、
再び祖国イギリスの地を踏むことができたのは、
若く健康だった2万5千頭のみだったといいます。


この戦争の悲劇を伝える芝居は、
2007年10月17日、
ロンドンのサウス・バンクにある
ロイヤル・ナショナル・シアターで初演。
その後、
ウエスト・エンドにあるニュー・ロンドン・シアターに移動し、
2011年には観客数100万人を突破しました。
現在も上演中です。

2011年にはブロードウエイに進出、
3月15日から始まった公演は、
期間限定公演で、
当初6月26日に閉幕する予定でしたが、
批評家による高評価と好調なチケット売り上げにより
ロングラン公演となり、
2013年1月6日、
プレヴュー公演33公演、
本公演718公演を経て閉幕しました。
2011年のトニー賞において演劇作品賞を含む5部門を受賞しています。

クリックすると元のサイズで表示します

私は2012年夏にニューヨークでこの舞台を観ており、
そのあまりに素晴らしさに、
家族にも観せてやりたいと思っていましたが、
今回の来日公演でそれが実現した次第です。
しかも、前から9列目のど真ん中という
良い席を取れたのは、
お父さんの努力の賜物。

ブロードウェイでの感想は↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20120914/archive

原作本については、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20120807/archive

ロンドン版CM(動画)は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?v=q-bni4QqSv4&feature=player_embedded

カーテンコールになった途端、
「只今から撮影可能です。
ストロボの使用はご遠慮下さい」
という字幕が出て、
あわててカメラを引っぱりだしてパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか粋なはからいです。
本公演の舞台撮影禁止は当然ですが、
カーテンコールは観客サービスなんだから、撮影許可すればいいのに、
と日頃思っていましたので、
これは嬉しかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します

「ウォー・ホース〜戦火の馬〜」は、
8月24日まで
当日券はまだあるようです。

入口で公演チラシを山ほどいただきました。
こんなに沢山公演して、
客が集まるのか、と心配してしまいますが、
チラシの中から気になったものを掲載します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




池袋と『酒と涙とジキルとハイド』  演劇関係

今日は昼前から
娘と一緒に、池袋へ。

クリックすると元のサイズで表示します

私はこの近所に住んでいたことがあり、
おなじみの町ですが、
娘はほとんど来たことがなく、
せいぜいサンシャイン側ですので、
初めての西口の方面を案内しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、池袋演芸場があります。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか珍しい看板も多く、

クリックすると元のサイズで表示します

店も独特。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

娘に言わせると、
「韓国みたい」ということでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その池袋、
最近「SUUMO」実施した
「みんなが住みたい街」の調査結果で、
関東地区の第3位になったことで話題を呼びました。

クリックすると元のサイズで表示します

第3位とは、
ちょっと驚き。

クリックすると元のサイズで表示します

そのランクは↓。

第1位 吉祥寺
第2位 恵比寿
第3位 池袋
第4位 中目黒
第5位 横浜
第6位 自由が丘
第7位 新宿
第8位 品川
第9位 武蔵小杉
第10位 表参道

11位〜15位 目黒・中野・二子玉川・渋谷・東京
16位〜20位 鎌倉・上野・銀座・荻窪・秋葉原
21位〜25位 北千住・三鷹・大宮・三軒茶屋・たまプラーザ
26位〜30位 阿佐ヶ谷・豊洲・目白・みなとみらい・駒込 


さて今日の目的地は、

クリックすると元のサイズで表示します

ここ。東京芸術劇場

クリックすると元のサイズで表示します

久し振りです。

ここには、かなり長いエスカレーターがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その上から眺めたところ。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな天井オブジェもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本日は、ここで

クリックすると元のサイズで表示します

このお芝居を観ました。

クリックすると元のサイズで表示します

三谷幸喜の新作コメディ。

ジキル博士は
人格を善と悪に分離させる薬の開発をしていたが、失敗。
明日に控えた研究発表のために
急遽役者のビクターを雇い、
分身ハイドを演ずるように依頼する。
その練習の最中に
博士の婚約者のイヴが来訪、
薬を飲んだイヴは
淫乱な人格ハイジに変身してしまう。

ジキルは清楚なイヴを愛し、
イヴは荒々しいハイドに惚れ、
ハイドはハイジに襲いかかり、
ハイジは奥手のジキルを好きになる。
こうした四角関係が
イヴの人格が入れ代わるたびに
ジキルとハイドが
衝立のかげから交代で現れて対応する。

「動物実験は200回成功したのだが」とか
「ノートは4、5冊ある」
などというセリフも
STAP細胞実験を彷彿とさせる。

実はイヴも薬は効いておらず、
変身もイヴの「思い込み」によるものなのだが、
その事実を知った時のイヴの反応がおかしい。

そのイヴを演ずる優香
カンの良さを発揮して好演。
「わたくしが、思い込みで〜」
というセリフを何度も言うところや、
「ちょっとどいて下さる」と人をどけるところ、
壁に体をぶつけるところなど、実におかしい。
コメディエンヌとしての資質を感ずる。
助手プールを演ずる迫田孝也
三人を煽ってコトを大きくする役割をうまく演ずる。
ビクターの藤井隆は適役で、普段のままで笑わせる。
ジキルの片岡愛之助
もう少し抑えた方がおかしみが増したのではないか。

セットは一つ、
登場人物は4人で
1時間45分の
まさに「ウェルメイドプレイ」。
良質のシチェエーション・コメディで
大いに笑わされた。
外国でも上演されるのではないか。


『さらば八月の大地』  演劇関係

今日は新橋演舞場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

この芝居を観るためです。

クリックすると元のサイズで表示します

チラシにも写っている
小津安二郎監督愛用
ミッチェル撮影機

クリックすると元のサイズで表示します

館内に展示されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

開演前の会場。

クリックすると元のサイズで表示します

芝居の内容は、
チラシで、次のように書かれています。

1944年、
満州映画協会撮影所。
助監督の張凌風(中村勘九郎)と
撮影助手の池田五郎(今井翼)は
厚い友情を築き、
いつか二人で映画を撮ることを夢見ている。
だが、初の主演映画に意気込む
中国人女優陳美雨(檀れい)、
満州の人に喜ばれる映画作りを標榜する
理事長高村國雄(木場勝巳)など、
映画への志を持つ
満映の仲間たちも
次第に戦争の混乱に巻き込まれていく・・・。

見終えた感想は
「昭和だなあ・・・」
という感じ。

日本の敗北が迫っている中、
国策映画を撮る人々。
その中で満州人と日本人の相剋があり、
それを克服しようとする映画への愛があり・・・
そして、終戦。
ソ連軍の侵攻を恐れ、
次々と帰国する人たち。
監督も本土に逃げ帰り、
撮影は一時中断。
その混乱の新京の撮影所で、
新しい映画作りに取り込む中国人たち。

それにしても、
70年前の満州を舞台に
映画への愛を語る
などという企画がよく通ったものです。

ご存じの通り、最近、
ニューヨークで最先端の舞台を観て来た立場では、
日本の芝居作りが
あまりに後ろ向きで停滞しているように感じました。

ニューヨークで観た3本のミュージカルは、
エネルギーが舞台から発散するような仕上がり。
何よりも
新しい、誰も観たことのない舞台を作りたい、
という意欲があふれていました。

ストーリー展開、役者の演技、演出(山田洋次)、
ことごとく既視感があり、
場面転換も
幕を閉めて叙情的音楽を流すだけ。
目の肥えた外人が観たら、どう思うでしょうか。

もっとも、観客席も
昭和の香りただよう様子
でしたから、
これでいいのかもしれませんが。
ただ、この観客層に
12,600円を投下する体力がなくなったら、
どうなるのでしょうか。

日本の演劇の行く先を心配したくなるような舞台でした。

ただ、満映理事長を演じた木場勝巳は、
さすがの演技でした。


さて、夕方からは、
引き続き、
神保町の一ツ橋ホール試写会

クリックすると元のサイズで表示します

試写会なんて、何年ぶりでしょうか。
作品は↓。

クリックすると元のサイズで表示します

入口で持ち物検査があります。
どういうことかというと、
盗撮による海賊版の防止。
なにしろ新作ですから、
カメラや録音器材を検査し、
みつかると預かります。
デジカメは常に持ち歩いていますが、
預けるのもいやなので、
ズボンのポケットに入れて通過。
さすがに体に触っての検査はしません。

意外と空いていて、
前に人がいない座席をゲット。

映画は、一味違う竹取物語で、
背景画も人物造形も好感が持てます。
動きもなめらか。
音楽もいい。

と、半分ほど過ぎたところで、
観劇疲れか、猛烈な睡魔に襲われました。
かぐやの名付け披露がなされるあたりで、
場所は、自動車教習所の学習室に移動。
目の前に映し出される映像に
次々と交通標識が現れます。
それを見るのも眠くなり、
教官がやってきて頭に触れられた様子。
映画を観ていて、映画を観、
夢の中で夢を見る感じ。
ようやく講義が終わって、
エレベーターの前に並んだところで
かぐやが幼なじみに会いに行く場面に戻りました。

どうやら30分位寝てしまったらしい。
(後日、映画館で鑑賞し、
確認したところ、
睡眠時間は1時間に及んでいたようです。
もはや居眠りの段階ではない、
爆睡です。)
かぐやが月からの使いが来ることを告げるあたりが
すっぽり抜けてしまいました。
多分ここがキモのはずなのに。

月からの使者の場面も
意表をつく音楽で大変よく、
翁と媼との別れも哀切。

手応えは5段階評価の「4」ですが、
30分も寝てしまっては、
正当な評価とは言い難い。

というわけで、
せっかく試写会で観たのに、
再度映画館で観ることになりました。
やれやれ。




アイスランドから3  演劇関係

アイスランド4日目。
絶好の好天に恵まれて、
ヨーロッパ最大の氷河、
ヴァトナ氷河へ。
氷河の上にも登りました。
氷河湖では、
氷山すれすれをクルーズ。
オーロラは出ませんでしたが、
満天の星にため息でした。

歌舞伎鑑賞  演劇関係

今日は久しぶりに「上京」しました。

↓今日の歌舞伎座

クリックすると元のサイズで表示します

正面の旧歌舞伎座の表を模した飾りも出来つつあります。
↓は、別な角度からビルの全容。早いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

今日観たのは、↓の

クリックすると元のサイズで表示します

昼の部。
「菅原伝授手習鑑」(すがわらでんじゅてならいかがみ)から
「寺子屋」一幕

寺子屋の師匠・武部源蔵は、
菅原道真の嫡子菅秀才の首を差し出すように迫られている。
寺子の一人の首を差し出す計略を図ったが、
どれも山出しの顔でふさわしくない。
そこへ新たに寺子に入って来た小太郎が
品の良さから適切と判断し、
その首を討って差し出す。
首検分にやって来た松王丸は、
その首が菅秀才のものであると認める。
しかし、小太郎は実は松王丸の子であり、
菅原道真の恩に報いるために
女房の千代と申し合わせ、
わが子が身代わりになるように仕向けたのだった・・・

という、恩に報いるためにわが子を犠牲にし、
自分の子供の首と知りながら、嘘を付く、
松王丸の姿に
目頭を熱くする、という日本人好みのお話。

市川染五郎が松王丸をするはずが、
先日の舞台上の事故で出演できなくなったため、
叔父さんの吉右衛門が代わりをつとめ、
吉右衛門が演ずるはずだった武部源蔵を
梅玉が代わりにつとめる、
ということになりました。

首検分が終わって、
一度引っ込んだ松王丸が現れて、
真相が明らかになり、
小太郎が喜んで微笑みながら首を差し出した、
というくだりで胸が熱くなりました。


もう一つが「天衣紛上野初花」(くもにまごう うえののはつはな)から
「河内山」二幕

上州屋の娘が松江出雲守に腰元奉公し、
出雲守に見初められ、
断ったために幽閉されていると聞き、
奸計に長けた河内山宗俊が
金目当てで娘の奪還を請け負う。
お数寄屋坊主で坊主頭をいいことに
上野寛永寺の使僧と身分を偽って
出雲守の屋敷に乗り込み、
まんまと金を得た河内山が意気揚々と屋敷を出ようとした時、
北村大膳によって正体を見破られてしまう。
ここからが面白く、
開き直って見事な啖呵を切る。
悪党がもっと上の権力に立ち向かう姿を描いた作品。

松王丸、武部源蔵、河内山宗俊は全て
初代吉右衛門の当たり役
それを当代(二代目)の吉右衛門が演ずる。
吉右衛門丈は、
昨年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
歌舞伎界に5人いる人間国宝役者の一人が
出演する贅沢な舞台を堪能しました。


一緒に観劇した親戚筋とお茶した後、
夕方から「異業種交流」。
と言っても、こちらは今はどの業種にも関係していませんが。

行ったところは、
演舞場の側の築地の料亭「千秋」のはなれ。

クリックすると元のサイズで表示します

映画になった魚河岸三代目のモデルになった店です。
個室はみんな掘ごたつ形式。

クリックすると元のサイズで表示します

まず突き出し。

クリックすると元のサイズで表示します

刺身の盛り合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

鹿島産の岩がき。大きい! レモンだけでいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

さんまの山椒焼き。今年はさんまが高いそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

くじらタレ漬け炙り。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャコ山椒御飯。

クリックすると元のサイズで表示します

珍しくビールも飲んで、楽しい語らいの時間でした。


↓は、東劇でゲットした、
METライブビューイング、11月からのスケジュール

クリックすると元のサイズで表示します

◆第1作: ドニゼッティ《愛の妙薬》(新演出)
上映期間 11月3日(土)〜11月9日(金)

◆第2作: ヴェルディ《オテロ》
上映期間:11月17日(土)〜11月23日(金)

◆第3作:トーマス・アデス《テンペスト》(新演出/MET初演)
上映期間:12月8日(土)〜12月14日(金)

◆第4作: モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》
上映期間:1月5日(土)〜1月11日(金)

◆第5作: ヴェルディ《仮面舞踏会》(新演出)
上映期間:1月12日(土)〜1月18日(金)

◆第6作: ヴェルディ《アイーダ》
上映期間:1月19日(土)〜1月25日(金)

◆第7作: ベルリオーズ《トロイアの人々》
上映期間:1月26日(土)〜2月1日(金)

◆第8作: ドニゼッティ《マリア・ストゥアルダ》(新演出/MET初演)
上映期間:2月9日(土)〜2月15日(金)

◆第9作: ヴェルディ《リゴレット》(新演出)
上映期間:3月9日(土)〜3月15日(金)

◆第10作: ワーグナー《パルシファル》(新演出)
上映期間:4月6日(土)〜4月12日(金)

◆第11作: ザンドナーイ《フランチェスカ・ダ・リミニ》
上映期間:4月13日(土)〜4月19日(金)

◆第12作:ヘンデル《ジュリアス・シーザー》(新演出)
上映期間:5月18日(土)〜5月24日(金)


という12本。
新演出が7本もあります。
入場料は3500円。
ただし、「トロイアの人々」と「パルシファル」は5000円。
3枚セット券9000円を買えば、1本3000円ですが、
「トロイアの人々」と「パルシファル」には使えません。


その前に、現在、アンコール上映中

クリックすると元のサイズで表示します

上映スケジュールは↓。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは1本3000円。
4枚セット10000円で、
1本2500円で観ることが出来ます。






AutoPage最新お知らせ