あんこう鍋の『ほていさん』  お食事

今日は、夕方から家族で月島へ。

クリックすると元のサイズで表示します

最近、このあたりには、高層マンションが建っています。

クリックすると元のサイズで表示します

西仲通り商店街

クリックすると元のサイズで表示します

昔、このあたりでアルバイトをしたことがあり、なつかしい。

クリックすると元のサイズで表示します

細い露地が独特の雰囲気を生んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

うわ、まだあったんだ、ナショナルショップ。

クリックすると元のサイズで表示します

人気のメロンパンのお店。

クリックすると元のサイズで表示します

もんじゃ焼きの店が軒を連ねており、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その数、57店。

クリックすると元のサイズで表示します

「もんじゃストリート」「もんじゃ街」というらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

行列の出来る店もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

このような協同組合も出来ています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そこでいただいたマップ。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、今日の目的地は、ここ、

クリックすると元のサイズで表示します

あんこう鍋の有名な店です。
布袋寅泰の親戚がやっているらしい。

私たちが通されたのは、本店別館の

クリックすると元のサイズで表示します

2階。

クリックすると元のサイズで表示します

年末などは予約が取れないそうです。

まず、付きだしのごま豆腐ともづく酢。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、お刺身。
これで3人前。
マグロ・カンパチ・タコ・カニ・トリ貝・ホタテの6種盛り。

クリックすると元のサイズで表示します

娘が上司に連れられて、この店に来た時、
この刺身を見た時、
「パパに食べさせたい」と思ったそうです。

鍋はカセットコンロの上に。

クリックすると元のサイズで表示します

上にあん肝(肝臓)が沢山乗っています。

クリックすると元のサイズで表示します

店員さんがつきっきりでやってくれて、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

器に分けてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、2杯目。

クリックすると元のサイズで表示します

最後はご飯を入れて、

クリックすると元のサイズで表示します

雑炊になります。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、ここで、アンコウのうんちくを一席。

アンコウは、「鮟鱇」と書き、
アンコウ目アンコウ科に属する魚の総称。
アンコウ類はタラ類の近縁にあたる。

日本では、キアンコウ(ホンアンコウ)と

クリックすると元のサイズで表示します

アンコウ(クツアンコウ)が主な食用の種。

クリックすると元のサイズで表示します

アンコウは日本近海の水深100〜300mの
砂泥底に生息している深海魚で、
底引き網(トロール網)で他の魚と一緒に水揚げされる。

肉食性で、口が大きく、歯が発達している。
海底に潜んで他の魚を襲うのに適するため、
口はやや上を向いている。
アンコウは泳ぎが下手なため、
泳ぎの上手な魚を追い回しても逃げられてしまう。
そこで、海底の砂に潜り、
頭に出来たアンテナ状の突起の皮を揺らし、
これをエサだと思って寄ってきた魚を、
丸呑みにして捕食する。
つまり、突起の皮は擬餌針のような働きをする。

アンコウは主に小魚やプランクトンを捕食するが、
種によっては小さなサメ、スルメイカ、カレイ、蟹、ウニ、貝などを
捕食するものもある。
たまに水面に出て海鳥を襲うこともあり、
食べるために解体したら
胃の中にカモメやウミガラス、ペンギンなどが
入っていたという報告もある。

体長は大きなもので2m近く、
重さも60kg近い種(ニシアンコウ)もある。

「あんこう」の語源については
「あんぐり」の語に由来するとの説や
「赤魚」の意味であるとする説など諸説ある。
岩穴にじっとしている様子を「安居」と称したとも、
「顎」「暗愚」が転訛したなどととも言われる。

漢字表記はその音に「安康」のそれぞれの字に
魚偏を付けた字(鮟・鱇)を当てたものである。

「あんこう」が初めて文献に登場するのは
室町時代の「精進魚類物語」
「精進魚類物語」は擬人化させた魚鳥を戦わせる
「平家物語」のパロディーで、
作中に「あむかうの彌太郎」が登場する。

日本では、アンコウ漁は産卵を終えた7月から8月が禁漁となっている。
基本的に春先は産卵の時期になると肝が小さくなり、
商品価値も薄れる。
肝が肥大化する11月から2月が一番美味しい時期とされる。


あんこう鍋(あんこうなべ)は、
アンコウ目・アンコウ科に属する「キアンコウ(ホンアンコウ)」を
主な具材とする鍋料理。
一般的に「西のふぐ鍋、東のあんこう鍋」と言われ
冬の代表的な鍋料理として東日本において広く食べられているが、
特に茨城県の鍋料理として、多くの店で提供されている。

深海魚であり外見が奇妙であるが
「食べられない所がない」と言われるように、
身はもちろん、皮や内臓、エラなど、
骨以外は全て食べることが出来る無駄のない魚である。
以下の部位を「7つ道具」と呼ぶ。
1.肝
2.とも(胸びれ・尾びれ)
3.ぬの(卵巣)
4.だい身(身の部分、柳肉とも呼ぶ)
5.胃(水袋とも呼ぶ)
6.えら
7.皮

卵巣のないオスのアンコウは
個体が大きくなることもなく
商品価値が低いため、市場に出回ることはない。
料理として使われるのはメスのアンコウである。

11月から2月が旬である。
水温が低くなることで身が締まり、
春先の産卵に向けて肝臓が肥大化することで
味が良くなる。
特に1〜2月頃が最も美味しい時期と言われている。
産卵後から夏場にかけては肝も縮み、味も落ちる。

通常、魚はまな板で捌く事が多い。
しかし、アンコウの表面はぬめりが有り
水圧に耐えられる柔らかい体のため、
大きな個体になるとまな板の上で捌く事は難しい。
そのため、「吊るし切り」と呼ばれる方法がとられる。

クリックすると元のサイズで表示します

下顎に鉤状のものをかけてアンコウを吊るし、
水や氷を入れることによって安定させ、
アンコウを回転させながら捌くのである。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代の頃から始められていたと言われている。
現在でも、茨城県にある大洗ホテルや
一部の食事処でも店の前で吊るし切りを行っている。

その動画は、↓をクリック。

https://youtu.be/-csFvYXkC5o

アンコウは80%を水分がしめる低カロリーの魚だが、
あん肝(肝臓)は脂質量が40%もあり高カロリーである。
皮やヒレにはコラーゲンが多く含まれており、
ビタミンCの多い野菜等とと一緒に食べると
肌をきれいにするといわれている。

美食家として知られている徳川光圀が食したとも言われている。
特に、あん肝は
海のフォアグラとも称され、
江戸時代の頃には「三鳥二魚」と呼ばれる
5大珍味の1つに数えられていた。
水戸藩から皇室に献上されていた郷土料理である。
三鳥二魚とは、
鳥=鶴(ツル)、雲雀(ヒバリ)、鷭(バン)、
魚=鯛(タイ)、鮟鱇(アンコウ)のことである。


さて、食べた感想。

西のフグ、東のアンコウ
と言われるそうですが、
私にはフグの方がはるかにおいしく感じられました。
なにしろ、フグはフグ刺し、
白子、から揚げ、ふぐちり
というバリエーションを楽しめますが、
アンコウは鍋だけ。
しかも、味が濃すぎ、ドロドロ系。
こんなにあん肝まみれにしなくてもいいのではないか。

最後の雑炊も、
味が濃すぎて、とても口に合いません。

しかも、この店、ドリンク一品が必要で、
水は注文不可。
デザートも出ず、
食後のお茶一杯も出ない
(口コミで「お茶を」と言うと、
「お茶はありません」と断られた話が載っている)

請求書は小さな紙切れに金額が書いてあり、
支払った後、レシートも領収書も出ない。
その紙切れは店が回収。
そういえば、電話予約の際、
「現金払いのみ」と言われました。
何でしょう。
今どき、カードでの支払い不可とは。

刺身も量が適正とは言えなく、
マグロは厚切りはいいが、味はイマイチ。
鍋と共に食べ残しが続出。

7千円のコース一種しか出さないという、強気ぶり。
そして、2時間で追い出される。

私たちが食べた2階の席は、
隣の席と近く、
仕切りもなく、
落ち着かない雰囲気。
しかも、隣の声が大きくて、うるさい。

味、運営方法共に、私の感性からは受け入れがたく、
どうしてこの店がはやっているのか分かりません。


食べたものに不満を感ずるというのは残念なことですが、
商店街に出ると、
イルミネーションが飾られていました。

クリックすると元のサイズで表示します


しゃぶしゃぶ  お食事

今日は夕方から親子3人で
浦安市内のこのお店に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

テーブル席の奥、

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂屋さんのげた入れのようなものに履物を預けて、

クリックすると元のサイズで表示します

畳の部屋の個室に。

クリックすると元のサイズで表示します

注文したのは、これ、
しゃぶしゃぶ食べ放題

クリックすると元のサイズで表示します

このような鍋で
2種類のだし汁で召し上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

しゃぶしゃぶは、日本での命名で、
元は北京の火鍋料理の「※(さんずいに刷)羊肉(シュワンヤンロウ)」
が原型であると言われています。
その文字からわかるように、
羊の肉を使うのが本来のしゃぶしゃぶであり、
もともとは蒙古の草原で騎馬民族が移動しながら
羊を素早く料理して食べるために考えだした料理です。
刀で薄く切った肉を、
沸騰したお湯でゆがいて香辛料を付けてさっと食べます。

というのが、一つの説。

京都の料理屋「十二段家」の二代目・西垣光温に、
鳥取市出身で民芸運動の指導者であった吉田璋也が、
戦時中に軍医として赴任していた北京の料理を伝え、
西垣は、吉田の他、交流のあった柳宗悦や河井寛次郎らの助言を得て、
羊肉を牛肉に替え、日本人に合うゴマダレを開発し、
鍋を熱伝導の良い銅で作り、
2年近く試行錯誤を重ねて、今日の形となったといいます。
そして1947年(昭和22年)に
「牛肉の水炊き」として売りに出され、
新しい味は評判を呼び、
民芸運動に携わる人たちによっても、日本全国に広まっていったといいます。

吉田によるしゃぶしゃぶの原型「牛肉のすすぎ鍋」は、
鳥取市のたくみ割烹で供されています。

「しゃぶしゃぶ」の名称は、
1952年(昭和27年)に
大阪のスエヒロが使ったのが最初、と言われています。

従業員がたらいの中でおしぼりをすすぐ様子が
鍋の中で肉を振る様子と似ていることや、
その際に立つ水の音が
「しゃぶしゃぶ」と響いたことが始まりとされています。

1955年(昭和30年)に商標登録されていますが、
スエヒロが商標登録したのは「しゃぶしゃぶ」ではなく、
「肉のしゃぶしゃぶ」なので、
他の料理屋で「しゃぶしゃぶ」と称するのは、
問題がないようです。
スエヒロだけの独占、だったら、
こんなには広がらなかったでしょう。

主に用いるのは牛肉ですが、
豚肉を使うと「とんしゃぶ」といいます。
それ以外にも、様々な食材が用いられ、
鶏肉を使った「鶏しゃぶ」、
羊肉を使った「ラムしゃぶ」、
フグ、タコやタイ、ズワイガニ、ブリなどの魚介類も用いられます。

フグしゃぶ↓

クリックすると元のサイズで表示します

カニしゃぶ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ブリしゃぶ↓

クリックすると元のサイズで表示します

海外でも英語やフランス語でそのままShabu-shabuとして受容されています。

以前、「ロスト・イン・トランスレーション」 (2003年、ソフィア・コッポラ監督)という映画で、
しゃぶしゃぶを食べたアメリカ人が
後で「客に料理をさせるなんて」と怒っていて、
ああ、そういう解釈もあるのか、と笑えました。

ところで、このお店、
注文は全て、テーブル上のこのタッチパネルで行います。

クリックすると元のサイズで表示します

肉の追加も、飲み物の注文も
タッチパネルで送信すると、
しばらくして持ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

いちいち店員さんを呼ばずに済んで、便利。
もっとも、ご婦人方は操作が分からず、
店員を呼んで注文する人もいるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

オーダーストップの時間も、このように教えてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

便利な時代になったものです。





AutoPage最新お知らせ