コロナウィルスに関するある情報  耳より情報

知り合いの知り合いの知り合いから
次のような情報が入って来た。

同級生の甥が、修士号を取得して卒業し
深圳病院で働いていましたが、
現在、彼は新型肺炎ウイルスを研究するために
武漢へ転勤になっています。

その彼から電話があって、
風邪気味になった場合、
その症状に鼻水と痰が出る場合、
それが新型コロナウイルス肺炎であると
結論付けることはできないという事を
私の家族・親戚や友人全員に伝えるように言ってくれました。

コロナウイルス肺炎は
鼻水を伴わない乾いた咳であるため、
これはそれを識別する最も簡単な方法だということです。

彼はまた、
新しいタイプの冠状動脈肺炎ウイルスは耐熱性はなく、
26〜27度の温度で殺せると言っています。

したがって、
ウイルスを防ぐためにはお湯を飲んでください。
運動すると、ウイルスに感染することはありません。

高熱がある場合は、
身体を温めて、生姜スープを飲んで
体の熱エネルギーを増やすことで、
ワクチン接種はしなくても良いです。

より多くの生姜、ニンニク、唐辛子、胡椒を
たくさん食べると良いです。

甘いものや、酸味の多いもの、
塩分の摂取は少な目にし、
寒いところへは行かないようにした方が良いです。

ウイルスは太陽にさらされると完全に消えます。

全ての人がこの事を共有して相互に助け合って下さい。

補足:
カテキン入りのお茶と
体温より熱いお風呂有効です。
カテキンは抗ウイルス作用、
お風呂 免疫力高まります。
ただしホットショックに注意です。

それと、潜伏期間は27日と思っておいてください。
民間の研究機関(医科大学)及び海外(アメリカ)からの情報です。

福岡の医療機関(医科大学)の方は
「検査していないだけで、日本全国に広まってます」
「今から検査が始まるので急激に人数が増えます。」
隣の人が感染していてもおかしくない状況みたいです。

コロナウイルス肺炎は
鼻水を伴わない乾いた咳であるため、
風邪の症状に鼻水と痰が出る場合、
新型コロナウイルス肺炎ではない

と判断出来る、
というのは、
風邪気味でコロナウィルスに感染したのではないかと不安で、
でも検査を受けられない人たちに、
安心感を与えると思うのだが、
まだ正式に認定されたものではないらしいのが、
辛いところ。

もし本当なら政府は発表したらいいと思うのだが、
誰も責任取りたくないから、
言わないだろうな。


世界で最も健康な国ランキング  耳より情報

ブルームバーグの最新の「健康な国」指数ランキング(2019。隔年に調査)。
調査は1691の国を対象に実施。
平均寿命などに基づいてスコアを算出し、
喫煙や肥満といったリスク要因は減点した。
公衆衛生やきれいな飲料水といった
環境要因も考慮に入れている。

その結果、
トップ10のうち
6カ国をヨーロッパの国が占めた。

エキストラバージン・オリーブオイルやナッツを多用する
「地中海食」は他に比べて、
心血管疾患の発生率が低いと言われていて、
国の地理がランキングに影響している可能性もありそうだ。

ランキングは次のとおり。


1位 スペイン

クリックすると元のサイズで表示します

ワシントン大学によると、
スペインの平均寿命は
2040年までに
世界で最も長くなる見込みだ。
欧州連合(EU)ではすでに一番長い。
今後はパエリアとガスパチョが
健康的な食事としてトレンド入りするかもしれない。


2位 イタリア

クリックすると元のサイズで表示します

恵まれた天候と豊かな自然で知られ、
世界有数の健康的な食生活を送っていると考えられる。
イタリアは平均寿命も長く、
中でも生活の質が高いサルデーニャ島は「ブルーゾーン」と呼ばれている。


3位 アイスランド

クリックすると元のサイズで表示します

平均寿命は長く、
その北欧式の福祉制度は公的医療制度のモデルとされている。
公衆衛生が素晴らしい。


4位 日本

クリックすると元のサイズで表示します

シンガポールを抑えて、アジアで最も健康な国となった。
魚や米を使う和食が、
日本を世界有数の平均寿命の長い国にしている。


5位 スイス

クリックすると元のサイズで表示します

山に囲まれたスイスは、
湖や川など自然の美であふれ、
ハイカーにとって夢の場所となっている。
さまざまな果物や穀物を食べ、
アクティブかつスポーティーな文化を持つことが、
スイスのトップ10入りを支えている。


6位 スウェーデン

クリックすると元のサイズで表示します

医療制度にGDPの約12%を投資している。
これは世界で最も高い数字だ。


7位 オーストラリア

クリックすると元のサイズで表示します

スポーツ文化が根付いた、
アウトドアの活動を楽しむには最高の場所だ。


8位 シンガポール

クリックすると元のサイズで表示します

アジアの中でも平均寿命が長く、
医療制度も高く評価されている。


9位 ノルウェー

クリックすると元のサイズで表示します

2015年の時点で、
国民1人あたりの看護師および助産師の数が
ヨーロッパで最も多かった。
ただし、49歳以下の薬物の過剰摂取率や自殺率は
北欧諸国の中で最も高かった。


10位 イスラエル

クリックすると元のサイズで表示します

地中海食の素晴らしさに加え、
世界保健機関(WHO)の2017年のデータによると、
イスラエルの平均寿命は82.9歳と
世界で8番目に長い。


11位 ルクセンブルク
12位 フランス
13位 オーストリア
14位 フィンランド
15位 オランダ

16位 カナダ
17位 韓国
18位 ニュージーランド
19位 イギリス
20位 アイルランド

21位 キプロス
22位 ポルトガル
23位 ドイツ
24位 スロベニア
25位 デンマーク

26位 ギリシャ
27位 マルタ
28位 ベルギー
29位 チェコ
30位 キューバ

31位 クロアチア
32位 エストニア
33位 チリ
33位 コスタリカ
35位 アメリカ

36位 バーレーン
37位 カタール
38位 モルジブ
39位 レバノン
40位 ポーランド

41位 モンテネグロ
42位 ボスニア・ヘルツェゴビナ
43位 アルバニア
44位 ブルネイ
45位 スロバキア

46位 アラブ首長国連合
47位 ウルグァイ
48位 ハンガリー
49位 オマーン
50位 パナマ

51位 トルコ
52位 中国
53位 メキシコ
54位 アルゼンチン
55位 セルビア

56位 マケドニア


ロシア、ブラジル、インド、エジプトなどは影も形も出て来ない。



世界で最も強い国ランキング  耳より情報

毎度おなじみ、
米誌「USニューズ&ワールドレポート」が、
世界で最も「強い」国のランキングを発表した。

このランキング」は、
USニューズ&ワールドレポートが毎年発表している
「ベストカントリー(最高の国)」ランキングの一部。
世界の約2万1千人を対象に行ったアンケート調査の結果から、
政治力、経済力、軍事力、国家としての影響力
を総合して決定されたもの。

「最高の国ランキング」は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20200207/archive

「世界で最も強い国ランキング」は、下記のとおり。

第1位 アメリカ

クリックすると元のサイズで表示します

世界最強の国の座を2020年も守った。
世界で最も強大な経済力と軍事力を誇る。
映画やテレビ番組、音楽など文化面でも
世界に大きな影響を与えている。


第2位 ロシア

クリックすると元のサイズで表示します

北アジアから東欧まで広がる国土面積は世界1位で、
2位カナダの2倍近い。
12カ国以上と国境を接し、
領海は日本とアメリカに接する。


第3位 中国

クリックすると元のサイズで表示します

世界で最も古い文明を育み、
現在では世界で最も人口が多い国であり、
国土面積では世界で3番目に広い国。


第4位 ドイツ

クリックすると元のサイズで表示します

世界で最も強い経済をもつ国の1つで、
東西ドイツの統一以降、
国際社会の連帯を深める上での役割は着実に大きくなってきている。


第5位 イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

きわめて発展を遂げた国で、
経済、政治、科学、文化……
あらゆる分野で世界の国々に影響力を発揮してきた。
EUからの離脱を決めた国民投票は、
イギリスが世界でこれまでのような役割を果たせるか、
不安を生じさせるものだ。


第6位 フランス

過去から現在に至るまで、
フランスが世界に与えた影響の大きさははかり知れない。
王政、帝政をへて共和制に移行し、
世界で最も早く個人の権利を擁護した国の1つだ。


第7位 日本

USニューズ&ワールドレポートは、
「世界で最も洗練され、技術発展の進んだ国の1つ」と評する。


第8位 イスラエル

国土は狭いものの、
国際問題に重要な地位を占めるという意味で、
影響力が大きい。
経済力も強い。


第9位 韓国

北朝鮮との関係が気がかり。


第10位 サウジアラビア

国土面積の広さ、イスラム教の中心としての重要性から、
USニューズ&ワールドレポートは「中東の巨人」と呼んでいる。


第11位 アラブ首長国連邦(UAE)
第12位 カナダ
第13位 スイス
第14位 インド
第15位 オーストラリア

第16位 トルコ
第17位 イタリア
第18位 カタール
第19位 スペイン
第20位 スウェーデン

第21位 オランダ
第22位 シンガポール
第23位 ノルウェー
第24位 ブラジル
第25位 エジプト


アンテナショップ巡りと仙台せり鍋  耳より情報

今日は午後から銀座へ。

クリックすると元のサイズで表示します

「アンテナショップに行ってみたい」
というカミさんの要望に応えて。

銀座1丁目界隈には、
各県のアンテナショップが沢山あります。

まず、まるごと高知へ。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カミさんは、ドレッシングやおかず生姜を購入。

クリックすると元のサイズで表示します

隣にあるのが、銀座わしたショップ
沖縄のアンテナショップです。

クリックすると元のサイズで表示します

沖縄限定ボンカレーなんてあるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

次は、おいしい山形プラザ

クリックすると元のサイズで表示します

新鮮な野菜が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

玉こんにゃくを売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

買いました。一串100円。

クリックすると元のサイズで表示します

次はひろしまブランドショップ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり広島は、お好み焼きと

クリックすると元のサイズで表示します

牡蠣。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中、カミさんは、
こういう店に吸い込まれるように入って行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

数点お買い上げ。

銀座にも、こういうところがあるんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

中国人の姿は見かけませんでした。
私は、家を出る時から
カミさんにより、強制的にマスクを装着。

それでは、交通会館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、アンテナショップが密集しています。

まず、北海道どさんこプラザ

クリックすると元のサイズで表示します

ここのソストクリームは、いつも行列。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり北海道のじゃがいもを使ったコロッケが。

クリックすると元のサイズで表示します

大阪百貨店

クリックすると元のサイズで表示します

徳島・香川トモニ市場

クリックすると元のサイズで表示します

秋田ふるさと館

クリックすると元のサイズで表示します

わかやま紀州館

クリックすると元のサイズで表示します

おんせん県おおいたアンテナショップ

クリックすると元のサイズで表示します

いきいき富山館

クリックすると元のサイズで表示します

銭湯によくあるケロリンの洗面器は富山発祥。

クリックすると元のサイズで表示します

兵庫わくわく館

クリックすると元のサイズで表示します

などを巡り、旺盛に買い物。

出たところで靴磨きさんたちが。

クリックすると元のサイズで表示します

どんな靴でもピカピカにするので、有名。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

値段も安い。

クリックすると元のサイズで表示します

場所を日比谷に移して、
かごしま遊楽館へ。
ここで娘と合流。

クリックすると元のサイズで表示します

黒豚や

クリックすると元のサイズで表示します

さつま揚げ。

クリックすると元のサイズで表示します

出たところにゴジラの像が。

クリックすると元のサイズで表示します

「SHOCK」仕様だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

カミさんは、
東京ミッドタウン日比谷デビュー。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は、ここで。

クリックすると元のサイズで表示します

塩釜おでんと仙台牛タン、そしてせり鍋の店。

クリックすると元のサイズで表示します

人気店なので、予約しないと入れません。
半個室を予約。

クリックすると元のサイズで表示します

牛タンは肉厚で、
どこで食べたのよりおいしい。

クリックすると元のサイズで表示します

コンロが出て、

クリックすると元のサイズで表示します

鍋が乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

セリがやって来ました。
3月までは仙台から直送。
鶏肉付き。

クリックすると元のサイズで表示します

根っこは1分半煮て、
葉っぱは、10秒でしゃぶしゃぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

美味。美味。美味。

最後はご飯を頼んで、雑炊に。

クリックすると元のサイズで表示します

これも、絶品。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートは、ずんだアイスと生チョコアイス。

クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ日本にはおいしいものが沢山ありますね。


世界最高の国ランキング  耳より情報

「USニューズ&ワールドレポート」誌は、
5年前から「世界最高の国」ランキングを発表しているが、
このほど2020年版が発表された。

BAVグループおよびペンシルバニア大学ウォートン校と共同で、
世界36カ国の2万人を超える人を調査、
65の指標をもとに各国を評価した。
この65項目は、
冒険的要素、市民の権利、文化的影響力、
起業のしやすさ、文化的遺産、原動力、
ビジネスの開放度、総合的影響力、生活の質
の9つのサブランキングに分かれている。
最も比重が大きいのは「起業のしやすさ」と「生活の質」。

上位15カ国中、9カ国がヨーロッパの国。
スイスは4年連続で首位を守り、
イギリスは初めてトップ5から転落。
北欧4カ国がいずれも上位に入った。
日本は3位だが、昨年は2位。
カナダに逆転された。

73カ国の順位は、次のとおり。


1位 スイス

クリックすると元のサイズで表示します

世界屈指の豊かな国
法人税率の低い強力な経済国家
政治的中立性
多様な文化構成
ノーベル賞受賞者と特許登録数の多さ

サブランキングの最高位:ビジネスの開放度(73カ国中2位)


2位 カナダ

クリックすると元のサイズで表示します

多文化主義政策
生活水準の高さ
ハイテク産業が盛んな国
世界5位の産油国

サブランキングの最高位:生活の質(73カ国中1位)


3位 日本

クリックすると元のサイズで表示します

識字率の高さと進んだ技術
世界3位の経済
自動車および電子機器の世界屈指の製造国

サブランキングの最高位:起業のしやすさ(73カ国中2位)


4位 ドイツ

クリックすると元のサイズで表示します

質量ともに高い労働力
世界有数の経済力
通信・医療・観光分野の繁栄
輸出と輸入の両方でリーダー的存在
多くの文化的著名人の出身国

サブランキングの最高位:起業のしやすさ(73カ国中1位)


5位 オーストラリア

クリックすると元のサイズで表示します

平均余命の長さ
複数の主要都市が住みやすさで高得点を獲得
豊かな国
同性婚と環境に関する進歩的な法律

サブランキングの最高位:生活の質(73カ国中5位)


6位 イギリス

大規模な銀行と観光産業
首都ロンドンは国際金融センター
芸術と科学への大きな貢献

サブランキングの最高位:起業のしやすさ(73カ国中4位)


7位 アメリカ合衆国

経済的・政治的に世界で最も力のある国
広範な文化的影響力
トップレベルの大学が集まっている

サブランキングの最高位:総合的影響力(73カ国中1位)


8位 スウェーデン

持続可能性へのコミット
人権
公共サービスに注力
公平な富の分配
無料の医療と大学教育

サブランキングの最高位:市民の権利(73カ国中1位)


9位 オランダ

寛容さで知られる社会
同性婚を合法化した最初の国
世界最高の博物館密集地
活動的な生活を促進する2万マイルにのぼる自転車用道路
農産物輸出の世界的リーダー

サブランキングの最高位:市民の権利(73カ国中4位)


10位 ノルウェー

国の豊かさ
世界有数の石油輸出国
高等教育がおおむね無料
豊かな文学の伝統

サブランキングの最高位:市民の権利(73カ国中3位)


11位 ニュージーランド

非核地帯である
エベレスト初登頂者など多くの有名人の出身国
教育への大規模な投資
野外探検にうってつけの無人の原野

サブランキングの最高位:冒険的要素(73カ国中7位)


12位 フランス

幅広い文化的影響力
豊かで収入の高い国
世界屈指の経済力
大規模な観光セクター

サブランキングの最高位:文化的影響力(73カ国中2位)


13位 デンマーク

安定感があって透明性が高く進歩的と受けとめられている政府、
国民皆保険制度
無料の高等教育
社会的流動性の高さ

サブランキングの最高位:生活の質(73カ国中2位)


14位 フィンランド

教育の国際的リーダー
全体的な生活の質・市民の権利・報道の自由で高ランク、
普通選挙を法制化した最初の国
国際貿易がGDPの3分の1を占める

サブランキングの最高位:市民の権利(73カ国中6位)


15位 中国

世界最多の人口
世界2位の経済と屈指の急成長
経済成長により貧困層人口が減少

サブランキングの最高位:総合的影響力(73カ国中3位)と原動力(73カ国中3位)


16位 シンガポール
17位 イタリア
18位 オーストリア
19位 スペイン
20位 韓国

21位 ルクセンブルク
22位 アラブ首長国連合
23位 ロシア
24位 ポルトガル
25位 インド

26位 タイ
27位 ギリシャ
28位 ブラジル
29位 イスラエル
30位 カタール

31位 サウジアラビア
32位 マレーシア
33位 メキシコ
34位 ポーランド
35位 トルコ

このあたりになると、
ランク付けの意味があるのか、
という気がしますが、
まあ、とりあえず。

36位 エジプト
37位 チェコ
38位 コスタリカ
39位 南アフリカ
40位 モロッコ

41位 インドネシア
42位 アルゼンチン
43位 ベトナム
44位 クロアチア
45位 フィリピン

46位 チリ
47位 ペルー
48位 スリランカ
49位 ドミニカ共和国
50位 パナマ

51位 コロンビア
52位 スロベニア
53位 ケニア
54位 ルーマニア
55位 エストニア

56位 スロベニア
57位 ミャンマー
58位 ブルガリア
59位 リトアニア
60位 ボリビア

61位 アゼルバイジャン
62位 ラトビア
63位 エクアドル
64位 ヨルダン
65位 グアテマラ

66位 カザフスタン
67位 ガーナ
68位 ウクライナ
69位 チュニジア
70位 ベラルーシ

71位 オマーン
72位 セルビア
73位 レバノン

ランキングの対象となるためには、
2017年の国連人間開発指数の
上位150カ国に入っている必要がある。
また、2017年の世界銀行のデータで、
GDP、外国直接投資の流入金、国際観光収入という点で
それぞれ上位100カ国に入っていなければならない。
この4つの基準を満たさない国や、
当該データを報告していない国は除外される。
従って、73カ国がランキングされ、
これ以下の国は沢山ある。






AutoPage最新お知らせ