『人類滅亡小説』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

山田宗樹による、
人類滅亡の危機を描く近未来モノ。

何が原因で人類が滅亡するか。
それは、「雲」

空に浮かぶ雲の塊が赤く染まる現象が全世界で発生する。
その正体は、雲の中の微生物で、「コロニー雲」と呼ばれる。
赤い雲は空を覆うようになり、
雲の中で変異・大量発生した微生物は、
周囲の酸素を吸収してしまう。
雲が自重で落下すると、
その場所は急激な酸欠状態になり、生物は死んでしまう。
やがて、赤道に集まった雲は
ベルト状になって「赤道バンド」と呼ばれ、
そこから派生した雲が北上し、
まるで台風のように日本を襲う。

色素を含む雲塊が上空を塞ぐため、
太陽光は地上に届かなくなり、
気候は激変し、寒冷化が進む。
太陽光が弱まることで植物の光合成が阻害され、
酸素濃度低下に拍車がかかる。
作物の収穫量も激減し、
地球規模で食糧不足が起こる。

地表の酸素濃度はどんどん減少し、
21パーセントから20、19、18パーセントと下落する。
もはや酸素生成プラントでは間に合わない規模だ。

生き残りの道を模索する各国政府は、
外気と完全に遮断した巨大シェルター、
10万人規模の密閉型巨大居住施設シールドポリスを建設する。
理論上は500年以上人類は存続出来るという。

日本でも、最初の雲落下の被災地である
見和希市(みかずき市)にちなみ、
「みかずきU」というシールドポリスが建設される。
しかし、全員を収容するわけにはいかない。
定員の12万人の人選はAIに任される。
親子や兄弟一緒の入居は許されない。
選ばれても、家族とは別れられないと、
死を選ぶ人も出て来る。

AIから「落選」させられた人々は
「グレートエンディング」を叫ぶ。
つまり、人類を選別せずに、
一緒に滅亡の時を迎えようというのだ。
そして、暴徒となり、
シールドポリスへの入居を妨害しようというだけでなく、
シールドポリスを破壊するテロ行為さえめざすようになる・・・

更にシールドポリスへの入居を、
計画より早めなければならない事態が生ずる。
コロニー雲の中に硫黄代謝型の細菌が繁殖し、
その代謝産物である硫化水素を蓄積。
雲が崩壊して地上に落ちてくれば、
生物は即死をまぬがれない。

という、誰も考えなかった、人類滅亡のプログラム

この物語に並行して、
見和希市出身の
ある一家の三代に渡る去就が描かれる。
また、宗教に走る者、破滅を選ぶ者、
あきらめる者、テロに走る者等の動向も描かれる。
ただ、こうした人間ドラマは、
意外と希薄だ。
これは、山田宗樹の一連の近未来モノに共通の欠点のようだ。

最後の方で、シールドポリスにテロリストが(かなりの多数)潜入し、
人間爆弾と化す、などというのは、
著しくリアリティを欠く。
もう少し違う展開はなかったのか。

酸素に関する、次のような記述が目を引く。

地球が誕生したのは46億年ほど前だが、
大気に酸素が蓄積しはじめたのは22億年前とされている。
それが5億3千万年前のカンブリア紀には、
濃度が初めて21パーセント、
つまり現代の水準に達した。


生命の発生と維持、
人類の存在も、
地球環境の整備という、
奇跡の産物だったのだ。
その均衡が破れれば、
ひとたまりもないことを教えてくれる。

人類の滅亡が微生物によってもたらされる、
という着想は、
今の新型コロナウィルスにも通ずる。
その着想は驚かされるし、見事である。



小説『羆撃ちのサムライ』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

舞台は明治初期。
旧江戸幕府軍と新政府軍による内戦で、
鳥羽伏見の戦いの負け戦に続き、
箱館戦争の五稜郭で敗残兵となり、
深手を負った奥平八郎太は、
兄の喜一郎、重傷の本多佐吉とともに
蝦夷地の深い森へと落ち延びる。
犬死しても意味はないと、八郎太は兄を逃すが、
残された2人を、巨大なヒグマが襲う。
とっさに銃で撃ち倒したが、
ヒグマの手の一撃を頭部に受けて意識を失う。
瀕死の八郎太を猟師の夫婦が命を救う。
その猟師は、元庄内藩の武士で鉄砲方組頭の鏑木十蔵。
歳の離れた妻の喜代は、元女郎で労咳にかかっていた女を
十蔵がタダ当然で身請けしたのだ。
喜代の労咳は完治するが、
十蔵にうつってしまい、
近く死ぬ運命にある十蔵は
八郎太に羆撃ち猟師になることを勧める。
十蔵の中には、
ヒグマに襲われた佐吉を見捨てて逃げたという罪意識があった。

幕府崩壊という時代の中で
生き甲斐の全てを失った男が、
厳しい未開の大地で羆撃ちとして再生していく・・・。

全編を貫くのは、
八郎太のヒグマとの闘い
知能が高く、人間に敵対するヒグマとの頭脳戦がみどころ。

作者の井原忠政氏は、
鎌倉市に住む元サラリーマンで、
猟師の生活とは無縁。
巻末に膨大な参考資料が添付されているが、
ハンティングや、猟師、動物の生態、渓流釣り
等の資料に当たって、
こうしたリアリティのある作品を仕上げるのだから、
作家の魂と技術はすごいものだ。

明治維新という、時代の曲がり角で、
それまでの武士の世界が瓦解する中、
サムライの魂にこだわり、守ろうとする
一人の男の生き様に触れて、
なかなか読みごたえのある小説だった。
270年の徳川体制の中で、
面々と継承されてきた「忠義」という武士の思考方法が
あっけなく崩壊していく様は興味深かった。

投降して明治政府の一員となった兄・喜一郎についての
十蔵と八郎太の会話。

「もすも兄上のこど、『裏切者』だと恨んでおるのなら、
それはちと違うど」
「なにが違う!」
「新政府だば旧幕臣に寛容だ。
人材と見れば、どんどん登用する方針だと聞ぐ。
今はもう明治の二年だ。
今頃、はあ戊辰だ、はあ五稜郭だ、
騒いでおるのはお主だけしゃ」
「幕臣としての意地は?」
「ならば慶喜公がまっ先に投降したのではねが?」
「あれは、水戸の出だから」
「正統な公方様だ。
徳川の頭領とすで、
時代をよぐ読んでおられた名君だァ」
「!」


しかし、八郎太には、兄の生き方が認められない。

戦に負けた武人が、敵に頭を下げ、
簡単に許されて市井の暮らしに戻るのであれば、
戦死者は損籤を引いたことになる。
戦で死をも恐れずに勇戦して倒れた者が損をして、
生温く戦い、生き永らえた者が得をする。
そんな仕組みは絶対におかしい。


蝦夷地(北海道)ユーラップ河畔で展開する
大自然との闘い。
特に、最後の「指欠け」との熾烈な闘争は息を飲む展開。

ヒグマは、雪の上の足跡をたどる猟師の尾行に気付くと、
一旦止まり、数十歩も自分の足跡を踏んで後戻りし、
脇に跳んで笹の中に身を潜めて、
通り過ぎる猟師を背後から襲うという。
ヒグマの知恵、恐るべし。



小説『存在しない時間の中で』  書籍関係

[書籍紹介] 

クリックすると元のサイズで表示します
                             
この本、8月18日発刊の書き下ろし。
つまり、山田宗樹の最新作

「シグナル」で、地球外知的生命体との遭遇を描いたが、
今度は宇宙を見守る「神」との遭遇

発端は、天山大学のキャンパス内にある
天文数物研究機構(AMPRO)。
同機構は、世界各国から百名以上の研究者や大学院生が集まり、
宇宙の始まりや仕組みなどの根源的な疑問を研究する機関。
その中に有志の集まりであるカピッツァ・クラブがある。
そのセミナーに一人の若者が闖入するところから始まる。
若者は突然セミナー会場に入って来ると、
ホワイトボードに数式を書き始め、23枚に及ぶ。
書き終えると、部屋から立ち去り、忽然と消えてしまう。

その数式を論文にして
アーカイブ(論文投稿サイト)に投稿したところ、
著名な理論物理学者アレキサンダー・クラウスが反応し、
長いステートメントを発表する。
それは、この宇宙の設計図を書いた
「何者か」との交信に関するもので、
それを確かめるために、ある実験を提案する。

それは、世界時7月1日16時(日本時間7月2日午前1時)に、
全世界の人々が同時に
空に向かって両手を左右一杯に広げ、
その姿勢を30秒間、保つ、というもの。
それが「何者か」の存在を受け入れるという、
人類の意思表示になるのだという。
後にこの日のことは「701」と呼ばれるようになる。

AMPROの屋上でも、
30人以上がその行為をした。

すると、空が真っ白になり、
月、雲、星、闇、夜空が消えた。
つまり、宇宙が消えた
その様子は、画像にも残された。

つまり、この世界を設計した「何者か」の存在が証明されたのだ。
それは、「神」と呼ぶしかないものだった。

宗教界が混乱する中、
その1年後、
奇跡が再現される、という期待が広がり、
天山大学には「聖地」として沢山の人々が集まる。

そして、再び「奇跡」が起こるが、
その記録は午前1時1分13秒までで、
その直後の午前1時1分14秒には、
大騒ぎする人々の姿が残されていた。
つまり、なんらかの「奇跡」が起こったが、
数秒間が時間ごと抜け落ちていたのだ。
(題名の「存在しない時間の中で」の意味)

同時に、謎の光に包まれた人々が目撃された。
確認されたのは全世界で99名(実際はそれ以上)で、
「光の人」と呼ばれるようになる。
それらの人々が異口同音に予言する。
「あと10年で宇宙が閉じられる」

そして、再びクラウスが受け取った、
「何者か」のメッセージが明かされる。

それは、人類が今いる宇宙は、
4次元時空(3次元空間+時間)。
時空シミュレーションのためのモデルとして、
「彼ら」が創造したもので、
今、研究は5次元時空(4次元空間+時間)にまで移行している。
最終目的は、「彼ら」の存在する
10次元時空(9次元空間+時間)モデルを完成させること。
だが、途中で4次元時空の中に人類を発見した。
人類が本当に自我を持つ生命体でないなら、
4次元時空モデルを閉鎖する。
しかし、自我を持つ生命体であると確認されたなら、
4次元時空を存続させる。
その証明期限は10年

人類は、「彼ら」=「神」に対して、
自らが「自我を持つ生命体」であることを証明しなければならない。
そんなことが可能なのか?
第一、どうやって証明するのか?
更に、どうやって伝達するのか?

という話が、カピッツァ・クラブのメンバー、
神谷春海、春日井建吾、平城アキラらの交流で描かれる。
同時並行して、莉央という少女の、猫を巡る生活が描かれる。
春海と莉央は、2度目の701の時、
別々の場所で「光の人」になる。
更に莉央は、新興宗教団体「センキア会」の後継教主になる。

そして、10年。
人類の住む4次元時空が閉じられるかどうかが決定する
701の日がやって来た・・・

という、やや難解な物語
最初の数式がどのようなものか分からない
(知っても理解できないだろうが)上、
クラウスの実験が、どのように策定されたかが不明だし、
そもそも、5次元時空、更に10次元時空がイメージできない。
「彼ら」が何のために実験し、
その宇宙の進化をどう見つめているかもイメージできない。
なぜ99人が選ばれ、
「宇宙が閉じる」というメッセージを送られたのか、
等々、分かるようで分からない。

カピッツァ・クラブのメンバーや
莉央という人物設定も生煮えで、
もう少し別な展開があったのではないか、
という疑問も沸く。

そういうわけで、挑戦は買うが、
疑問、不明に対して明快な答が提示されたとは言えず、
最後の展開も不完全燃焼のまま。
ちょっと困った小説だった。


小説『百年法』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

山田宗樹による
興味津々の衝撃と戦慄の近未来小説

1941年、太平洋戦争が勃発し、
1945年、6発の原爆を打ち込まれて戦争に敗れ、
その後復興した、「もう一つの日本」の物語。
敗戦後、アメリカの占領下に置かれ、
政体は共和国に移行し、大統領制になっている。

その頃、HAVIが実用化され、日本にも導入された。
HAVIとは、ヒト不老化ウィルスを接種することで、
老化を止めることができる制度のこと。
20歳なら20歳のままで、
30歳で接種すれば30歳のままで歳を重ねる。
(事故や病気で死ぬことはあるが、
老衰=寿命で死ぬことはない)

アメリカの鳥類学者が
絶滅危惧種にあたるチョウバトの群の中に
不老化した個体が存在することを発見。
それがウィルスによるものらしいと分かり、
ウィルスの結晶化に成功。
その後、変異させたウィルスが
人間にも感染力を持つことが判明。
ヒトへの接種技術が開発され、接種が始まった。

しかし、人が永遠に生き続ければ、
長期的に問題が生ずることから、
アメリカ議会は、
接種の開始に合わせて「生存制限法」を成立させた。

これは、接種後百年を経過した時点で、生存権が奪われることで、
国家による強制死亡を意味した。
これが通称「百年法」である。

戦後、日本にもHAVIが導入された時も、
同時に百年法を制定した。

不老化処置を受けた国民は
処置後百年を以て
生存権をはじめとする基本的人権は
これを全て放棄しなければならない


具体的には、
接種から百年を迎えると、
強制的に安楽死させられる。

そういう、戦慄の日本の未来図の物語だ。

物語の始まりは2048年の日本。
いよいよ百年法が実施される前年。
ちなみに韓国では生存可能時間を40年とし、
国家への貢献の度合いによって可能期間を延長し、
国家発展につなげた。
中国はHAVIを受けられるのは、
一部特権階級に限定した。
日本の百年は長い、という議論もあったが、
アメリカにならった形だ。

ところが、実際に施行時期が近づいた途端、
動揺する適用者たちの不安に
政府はおじけづいて、凍結を考え出す。
そして、責任を回避して国民投票にかけることになり、
その結果、百年法は凍結されてしまう。

国民投票を巡って、
内務省生存制限法特別準備室長・遊佐章仁らは、
凍結されれば日本の崩壊につながるとして反対する。
内務省次官の笹原拓三は自殺してまで国民に訴えるが、
投票結果は凍結だった。

そして、話は一挙に28年後の2076年に飛ぶ。
その間に、新時代党党首の牛島が新大統領に就任して以来、
憲法改正の国民投票が行われ、
牛島は独裁者の立場を確立し、
百年法の凍結を解除し、
再び、HAVI処置後百年たった者
(実際は5年延びて105年)は、
生命を奪われるようになった。
しかし、大統領特例法により、
大統領の指名した者は適用を逃れることができ、
国会議員をはじめとし、官僚たちも
その生殺与奪を大統領が握り、
牛島大統領、遊佐首相による長期政権が確立した。

しかし、百年法に違反する者たちが続出する。
期限が来ても、出頭せず、姿を消すのだ。
その人物たちは「拒否者」と呼ばれ、
山奥にコミュニティを作って潜伏する。
ただ、その頃はIDカードが無いと
何もすることが出来ず、
100年経過した者はIDが停止されるため、
買い物一つできず、
協力者が必要になる。

話は牛島大統領と遊佐首相の動向、
HAVI未処理者の仁科ケン
などを中心に展開し、
伝説のテロリスト阿那谷童仁(あなたどうじん)もからむ。

HAVIを拒絶して、普通の老いと死を選択する人も出て来る。
逆に「永遠の命」を与えられたために生ずる
精神的行き詰まりも描写される。

やがて、HAVIに付随して発生する
ある事態が明らかになり、
物語は曲がり角を迎える。

不老不死を与えられたら、人間はどうなるか、
死は何のためにあるのか、
そういう根源的な問いも浴びせられる。

「人類は、HAVIなどという技術を持つべきではなかった。
永遠の若さが得られると知り、
深く考えることもなく、飛びついた。
だが我々はその結果、
とんでもない道に入り込んでしまったのかもしれない」


官僚の一人が語る国家観は、なるほどと思わせる。

国力がいかに衰退しても、
電気・通信・水道・道路・鉄道網のメンテナンスだけは
怠ってはならない。
ライフラインと物流は、国を動かす両輪である。
この二つが機能するかぎり、国が死ぬことはない。
宗教や思想、主義、哲学、生き甲斐、人生観、価値観、
そういった精神的なものは、国民一人一人に任せておけばよい。
国政を預かる者の責務は、
国民が人間らしい生活を営むための
物理的基盤を整えることに尽きる。
なぜなら、それができるのは国家だけだからだ。
最終的にその目的が達成されるのであれば、
そのプロセスにおいて、
どのような悪評も恐れてはならない。


事態が一段落した時、
最後の独裁官が述べる演説は、
胸が熱くなった。
国を憂い、国民を愛するその真情に打たれたのだ。

あなた方にお願いする。
自虐的で冷笑的な言葉に酔う前に、
その足で立ち上がってほしい。
虚無主義を気取る余裕があるなら、
一歩でも前に踏み出してほしい。
その頭脳を駆使して、
新たな地平を切り拓いてほしい。
我々の眼前には、
果てしない空白のフロンティアが広がっている。
あなたにもできることは見つけられるはずだ。
我が国は多くのものを失ったが、
たった一つ、若さだけは取りもどせたのだから。


今の日本にも通じる話である。

文庫本で上下2巻、
全部で930ページになる大著。
しかし、引きつけられ、読み進み、
高揚感に至る、
久しぶりの熱い読書体験だった。


『生物はなぜ死ぬのか』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

著者の小林武彦氏は、1963年生まれの生物学者
生物学者の立場から「生物はなぜ死ぬのか」という命題に挑む。

目次は
                                     
第1章 そもそも生物はなぜ誕生したのか
第2章 そもそも生物はなぜ絶滅するのか
第3章 そもそも生物はどのように死ぬのか
第4章 そもそもヒトはどのように死ぬのか
第5章 そもそも生物はなぜ死ぬのか

宇宙の始まりと拡大から始め、
生命の誕生と進化、
そして、「死」という生物の最後の到達点までの
意味を探ろうという壮大な試み。

とても新書で扱うような内容ではないが、
新書的に平易に、分かりやすく展開する。
それでもDNAやRNAなどの領域の
専門分野に入ると、
読者の能力の範疇を越える。

そこで、読んでいて、興味をそそられた内容を挙げることにする。

○生き物は、進化が作ったもので、
死も進化が作った生物の仕組みの一部
(どうやら、筆者の言う「生き物」とは、主に動物のことらしい。)

○生き物の死に方には大きく分けて二つあり、
一つは食べられたり、病気をしたり、飢えて死んだりという、
「アクシデント」による死。
もう一つの死に方は、「寿命」によるもの。
一般的に自然界では、大型の動物は「寿命死」が多く、
小型は「アクシデント死」によるものが多い。

○小型の生き物は食べられて死ぬことが多く、
ある程度食べられても子孫が残せるくらい
沢山の子供を産む個体が生き残った。

○「寿命」という死に方は、実はなく、
死亡診断書に「寿命」とは書かれない。
実際は老化による老衰死

○原生生物のミドリムシは、細菌のように分裂で増えるが、
興味深いことに老化する。
ゾウリムシは1日に3回ほど分裂するが、
約600回分裂すると、老化して死んでしまう。
つまり200日が寿命。
ただ、他の個体と「接合」すると、
リセット(若返り)して、
また0回から分裂のカウントダウンが始まる。

○地球には、名前のついているものだけでも
約180万種の生物種が存在する。
その半分以上の約97万種は昆虫
最も進化して複雑化した生物が昆虫。

○昆虫の幼虫の仕事は、食べて大きくなること。
成虫になった昆虫の仕事は、生殖。
生殖が終わり、産卵の後は、バタバタと死んでいく。
人間のような老化期間はない。
                                        
○人間ほど寿命が変化した生き物はいない。
旧石器〜縄文時代(2500年前以前)の
日本人の平均寿命は13〜15歳。
(平均だから、それ以上長く生きた人はいる)

○人間の体内には、
細胞を死なせるプログラム
遺伝子レベルで組み込まれている。

○生き物にとって、死とは、進化
つまり「変化」と「選択」を実現するためのもの。
「死ぬ」ことで生物は誕生し、進化し、生き残る
生き物が生まれるのは偶然だが、
死ぬのは必然
壊れないと、次ができない。

○死は生命の連続性を維持する原動力
奇跡的に生まれた命を次の世代へと繋ぐために死ぬ
命のたすきを次に委ねて「利他的に死ぬ」。

というわけで、
「生物はなぜ死ぬのか」という問いに対する回答は、
意外と哲学的な内容になっている。

細菌のレベルから始めて単細胞動物から
多細胞動物になり、
組織を体に持つようになり、
様々な進化の過程を経て、
人類が生まれ、
その「死」をも思うようになった。
奇跡と言える。
その奇跡を引き継いだ者として、
死を受け入れていかなけれはならない。

4日前のブログ「シグナル」で
広大な宇宙の観点から地球の生命をみつめたが、
こちらは、その細胞レベル、DNAレベルからの考察。
生命にあふれる地球は、まさに「奇跡の星」
「シグナル」の中で述べたように、
数々の偶然が生んだ地球の特殊性。
天の川銀河におけるロケーション。
太陽系の位置。
太陽の適度な大きさと寿命。
地球の外側の軌道の質量の大きな惑星、木星と土星の存在。
月の果たしたスタビライザーの役目。
地球の内部構造。
二酸化炭素という温度調整システム。
地球の大きさ、大陸の存在、酸素や水の量。
どれ一つが欠けても、人類はこの星で文明は築けなかった。

その奇跡の星に生を受けたものとして、
生命を謳歌し、死を受け入れよう。





AutoPage最新お知らせ