小説『占星術殺人事件』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します
                                 
先日紹介した島田荘司の「鳥居の密室」は
御手洗潔シリーズの最新作だが、
この「占星術殺人事件」は、シリーズ第1作のみならず、
島田荘司のデビュー作
1981年発表。
1980年の第26回江戸川乱歩賞に応募し、
最終候補にまで残るが落選(受賞作は、井沢元彦の「猿丸幻視行」)した
「占星術のマジック」を改稿・改題したもの。
(私が読んだのは、更に手を加えた「改訂完全版」)

「週刊文春」が推理作家や推理小説の愛好者ら
約500名のアンケートにより選出した
「東西ミステリーベスト100」の国内編で、
本作は1985年版で21位に、
2012年版では1位の横溝正史「獄門島」、
2位の中井英夫「虚無への供物」に次いで
3位に選出されている。
また、2014年1月、イギリスの有力紙『ガーディアン』で
本作が「世界の密室ミステリーベスト10」第2位に選ばれた。

昭和11年の事件発生以来、
沢山の推理愛好家によって様々な推理がなされたものの、
43年間の間、
謎を解く者がいなかった「梅沢家・占星術殺人」。
あるきっかけで、
占い師の御手洗潔と相棒の石岡和己が謎解きに挑戦する。

1936年2月26日。
二・二六事件が発生した雪の日、
第1の殺人が起こる。
画家の梅沢平吉が、自宅のアトリエで殺された。
中から鍵がかけられた密室状態で、
現場には奇怪な内容の手記が残されていた。
それは若い6人の処女から、
それぞれの星座に合わせて体の一部分を切り取り、
それらを合成して完璧な肉体を持つ女性「アゾート」を作成するというものだった。
その根底には占星術があった。

その1カ月後の3月23日、
平吉の長女の一枝がひとり住まいの自宅で撲殺された。
物取りの仕業と思われ、
その上、一枝は犯されていた。

更に3月31日、
一緒に旅行をしていた平吉の娘と姪の6人が行方不明となり、
それから1年ほどの間に遺体が発見される。
遺体は東北地方と関西の各地の鉱山で、
穴の深さがまちまちだった。
犠牲者のそれぞれの誕生日の占星術にまつわる
金属が口その他に加えられており、
それ以上に不気味だったのは、
6人の遺体の一部(首・胸・腹・腰・太腿、下肢)が
切り取られ、持ち去られていることだった。

それらの体の部分を繋げると、
平吉の手記にある「アゾート」が完成する。

しかし、手記を書いた平吉は既に亡くなっている。
もしや平吉の死体はよく似た別人で、
平吉は生きていて、
「アゾート」作りう完成したのではないか。
それとも、平吉の思想の信奉者が実行に及んだのか。
はたしてアゾートは作成されたのか?
また、アゾートはどこにあるのか?
そして犯人は誰なのか?

こうした謎が提示され、
ある人物の遺品の手記から
遺体が全国に分散された理由は判明するが、
事件は解決しない。
梅沢家の関係者の全てにアリバイがあり、
動機も不明で、事件解決の糸口すらつかめない。

御手洗と石岡の二人は解決の道筋をつけるために、
京都に出かけ、ある人物に会おうとするが・・・

で、謎解きだが、
これは全く類例のないトリック
世界中の推理小説で、こんなトリックを使ったものは初だろう。
だからこそ、『ガーディアン』で2位に選ばれたのだ。

実は、私はこのトリックを知っていた
「金田一少年の事件簿」の「異人館村殺人事件」で
このトリックが流用(実質「盗用」)されたことが報道され、
その過程で知ってしまったのだ。
知らずに読んだら、もっと驚いただろうと、残念でならない。

この件に関し、島田氏は次のように述べている。
「読者が色々と言っているのは耳に入っているが、
自分としては今のところ行動を起こすつもりはない。
ただし、『占星術殺人事件』に関しては、
類例のないトリックであると自負しており、
トリックの価値を護るために映像化などの二次使用はこれまでお断りしてきた。
ゆえにトリックを流用するテレビ企画があるなら絶対にやめて欲しい」


その後、『金田一少年の事件簿』の該当話は、
原作漫画の文庫本や公式ガイドブックには
トリック流用の旨が明記され、
テレビドラマ版に関しては収録したビデオが欠番になった。
ちなみに金田一少年の事件簿に対して
島田は後に
他のエピソードで自作のトリックの流用を許可している。
太っ腹だね。

島田氏自身が「類例のないトリックであると自負しており」と言うように、
全く斬新なトリック。
これは歴史に残るだろう。

登場人物の一人が語る、次の記述が印象に残る。

「日本人って奴は、人形というものを決して作らないようにしてきた人種です。
歴史を見るとね、明らかなんだ。
埴輪なんてものがあるが、
あれは完全に人間の代わりをしていたんだね。
これも実に象徴的だが、
人形とか彫刻とか、そういった概念じゃないんだよね。
日本人の歴史には、彫像どころか肖像画だってきわめて少ない。
ギりシャ、ローマあたりを見ると、
為政者や英雄の肖像画や彫刻、レリーフ、ずいぶんある。
有名な人物のものはたいてい遣っているといっていい。
しかし日本の為政者の顔を知りたいと思ってみるとね、
こりゃいったいどうしたんだと思うくらいないんだ。
肖像画がちらほらある程度でね、
彫刻となると、もう御仏の像以外にないんだ。
こりゃあ日本人に技術がなかったわけじゃない、
恐れたんだね、魂を抜き取られる気がしたんだな。
だから絵だって少ないんです。
絵くらいならと今のわれわれは思うけどね、
絵さえ少ないんだ」

なるほど、そうかもしれない。


小説『童の神』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

昨年の「角川春樹小説賞」を受賞し、
「直木賞」にもノミネートされた、
平安時代中期を舞台とした冒険小説。

当時、京都の周辺には、
「鬼」「土蜘蛛」「滝夜叉」「山姥」「夷」などと呼ばれて
差別され、排斥されてきた先住の人々がいた。
それらの総称が「童」(わらわ、後にわらべ)で、
童の軍勢と朝廷軍との長い戦いを描く。

童たちが蔑まれるのは、理由はなく、
「己が蔑まれたくないから誰かを貶める」
という人間の業によるものと、主人公は言う。

物語は969年の安和の変から始まる。
「天下和同」を目指す童たちの反乱は、
朝廷側の陰謀で瓦解し、
敗残者は京都周辺に潜伏する。

その6年後、皆既日蝕の中で
一人の赤子が産み落とされる。
本編の主人公、桜暁丸(おうぎまる)で、
異国人の母から生まれ、
身長は高く、黄金色の髪と鳶色の目と高い鼻を持ち、
それゆえに差別を受けて生きてきた。
天変地異の中での誕生故「禍(わざわい)の子」とも呼ばれた。

その桜暁丸が様々な人と遭遇し、成長し、
やがて反朝廷勢力の長となっていく。
幼い時はその容貌ゆえに「花天狗」と呼ばれ、
最後には「酒呑童子」(しゅてんどうじ)と呼ばれる。
そう、あの「大江山の鬼」である。

それ以外にも平将門、安倍晴明、源頼光、坂田金時、
頼光四天王なども登場する。

根底に流れるのは、
人間社会の差別
名付けられた「童」という蔑みの言葉を
無くしたいという叫びの戦いだ。
同じ赤い血が流れる人間として、
共に手をとりあって生きる世の中をつくろうという理想を掲げる。

「己が蔑まれたくないから誰かを貶める。
胸を張ってくれ。我らは何も汚れてはいない。
我らは誰よりも澄んだ心を持って生きたはずだ」


そして、富を独占する貴族から盗み、
貧しい者に施そうとする。

「余っている所から取って、
足りぬ所に配っているだけだ」


全編、京都を囲むように山に立てこもった
童たちと朝廷側との戦いの描写が続く。
臨場感があふれ、
当時の武士たちの戦いぶりが克明に描かれる。
さながら平安版「バーフバリ」の印象。
凛々しい姿は読者の心を掴み、
最後の負け戦に桜暁丸が「童」の旗を掲げて
命を投げ出す姿は涙さえさそう。

「だが・・・人は立って死なねばならぬ時もある」

登場人物が生き生きとし、
師弟愛、親子愛、夫婦愛、兄弟愛、友情、同胞愛
が美しく切なく描写される。

時代小説も題材を求めて江戸から平安にシフトしつつあるのか。



短編集『変わったタイプ』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

トム・ハンクスといえば、
アカデミー賞主演男優賞を2度取った、
名優中の名優。
はじめ、同姓同名?と思って、
著者紹介を見たら、
正真正銘、あのトム・ハンクスなのだった。

クリックすると元のサイズで表示します

あとがきの紹介を読むと、
最初、「ニューヨーカー」に「アラン・ビーン、ほか四名」を掲載。
「ニューヨーカー」といえば、
あのサリンジャーなども小説を載せた名門である。
この作品に目をつけた出版社(クノッフ社)からの誘いがあって、
一冊の本が出来るほどの分量が書かれることになった。
その間、俳優としての移動先のホテルや機内でも執筆を続け、
雑誌の掲載から3年後に
この短編集を発刊。
61歳の遅咲きのデビューである。

全部で17篇
うち普通の意味での短編は12篇。
あとは脚本の体裁で書かれた1篇と、
地方紙のコラムニストが書いたという設定の町自慢の短文が4篇。

そのどの作品にも、タイプライターが登場する。
というのは、トム・ハンクスは、
年代物のタイプライターの蒐集家としても有名なのだという。

クリックすると元のサイズで表示します

タイプライター好きが高じて、
iPadでタイプライター風の打鍵感覚をもたらす
「ハンクス・ライター」というアプリを開発したという。

各作品の冒頭扉ページの前には、
タイプライターの写真↓が掲載され、

クリックすると元のサイズで表示します

あるときは重要なアイテムとして、
あるときはチョイ役として作品に登場する。

どの作品も良きアメリカの短編小説、という趣で、
暖かい音色がずっと底に流れている感じ。
どの作品も読み終えた読後感がすこぶるいい。
大御所俳優が「文才があるところも見せたい」
とばかりに書いた域を越えて、
本物の才能がきらめいている。

しかも、描かれた世界は多彩。
中にはミステリー風のものもSFもある。
才能のある人はなにをやってもすごい。

たとえば、「クリスマス・イヴ、1953年」は、
ある田舎町の一家のクリスマスの情景と思わせていて、
年に1度かかって来る友人の電話で状況が一変する。
その友人は戦友で、欧州戦線で共に地獄を味わっていたのだ。
その記憶が主人公にも蘇ると共に、
主人公自身が戦争で障害を得た者だということが判明するラストの鮮やかさ。

父と一緒にサーフィンに行った海岸で、
父の不倫の現場を目撃してしまう青年の話「ようこそ、マーズへ」

俳優になる夢を抱いて田舎から出て来たニューヨークで、
居候生活に倦み疲れた女優の卵の
役を得るための悪戦苦闘を描く「配役は誰だ」
                  
離婚した父母の間を行き来する少年を描いた「特別な終末」

5ドルで買ったタイプライターを修理に出した先で、
タイプライターの蘊蓄に触れる「心の中で思うこと」
この小説ではタイプライターが主役。
トム・ハンクスは、
今どき誰も使わないタイプライターをなぜ集めるのかと聞かれて、
電源もいらずシンプルな機構で、
「文字を打つ喜び」をプリミティブに実感できるから、と答えている。

ある機械部品の発明で巨万の富を得た男が、
1回6百万ドル支払って1939年のニューヨーク万博に出かけ、
そこで出会った女性に恋をしてしまう「過去は大事なもの」
1939年から見た1960年が輝く未来に描かれる。

ブルガリアからギリシャ経由で密入国した男が
ニューヨークの町で居場所を見つけるまでを描く「コスタスに会え」

どれもユーモアとウィットに富んだ、
読んで面白い作品ばかりだ。

おススメ。

作品の題名は、次のとおり。

へとへとの三週間
クリスマス・イヴ、一九五三年
光の街のジャンケット
ようこそ、マーズへ
グリーン通りの一カ月
アラン・ビーン、ほか四名
配役は誰だ
特別な週末
心の中で思うこと
過去は大事なもの
どうぞお泊まりを
コスタスに会え
スティーヴ・ウォンは、パーフェクト
ハンク・フィセイの「わが町トゥデイ」
4篇


小説『鳥居の密室』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

本格推理小説家・島田荘司による
御手洗潔シリーズ第30作(最新作)。
御手洗潔の京大医学部生時代の話。

京都の叡山電鉄の宝ケ池駅前にある「猿時計」という珈琲房。
その壁面には、前経営者の蒐集した柱時計が多数飾られていた。
みな壊れて止まっているが、
そのうちのヘルムレ社の柱時計だけが
ある時、振り子を揺らし始める。
楓は猿が入って来て振り子を揺らすというのだが・・・

経営者夫婦の養子に楓がなったのは、
10年前の東京オリンピックの年のクリスマスの朝、
楓の母が殺され、
父親が電車に飛び込み自殺をしたのだ。
ただ、母親の殺された家は鍵がかけられ、
窓の鍵も施錠された密室だった。
犯人は父親の工場で働く国丸という若い男で、
まだ裁判で争っている。

こうして、10年前の殺人事件と
猿時計の変事に
御手洗潔が関わって、
謎を解いていく。

物語は途中から国丸が主人公となり、
酒を飲んで工場をちゃんと経営しない楓の父親と母親の関係が
国丸の幼少時の父と母の関係に重なって、
国丸が楓を可愛がる話に変わる。
途中、そのあたり一帯で
不思議な睡眠不足の症状が起こる。

重要な要素を占めるのが、
錦天満宮の鳥居で、
これは実在のもの。
参道に立っていたのだが、
その後、参道の脇の土地が売られ、
ビルが建てられたため、
両端が建物に突き刺さる状態になってしまったという。

写真を見てもらうのが一番↓。

クリックすると元のサイズで表示します

ご覧のとおり、

クリックすると元のサイズで表示します

左右共に建物の中に取り込まれている。

クリックすると元のサイズで表示します

中は土産物屋。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラタモリでも紹介された。

クリックすると元のサイズで表示します

事件はこの一方の鳥居を取り込んだ家で起こり、
その反対側の鳥居を取り込んだアパートに国丸が住んでいた。

御手洗の推理は、
「猿時計」の柱時計の振り子が動くわけと関連づけて
密室殺人の謎を解く。

という謎解き以上にこの小説の真骨頂は、
国丸と楓と母親の関係
この話が麗しく展開し、涙を誘う。
特に、8歳のクリスマス・イヴに、
初めて楓の元に訪れたサンタクロースの話が
密室に入った人物の話にからむ。
          
更に背景に京都という町が
相次ぐ戦乱で亡くなった武士たちの怨念が渦巻いている、
という設定もある。

「ここは千年都市だからね、
大勢の怨霊が棲み着いているんじゃないの、あちこちに。
それが、時々悪さするんだよ」
「だってさ、あの鳥居見たでしょう?
罰当たりだよね。
人間がああいうことしちゃいけないよね。
あんなことしてさ。
だからいろいろと祟りが起こってさ、
最終的にあんな大事件までいったの」


プロローグで語られる魑魅魍魎。
事件の解決はそれとは関係ないのだが、興味深い。

ラストはすこぶる読後感がいい
人間ドラマになっているから。


中編連作集『昨日がなければ明日もない』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「誰か Somebody」(2003)「名もなき毒」(2006)
「ペテロの葬列」(2013)「希望荘」(2016)と続く
宮部みゆき杉村三郎シリーズ第5弾となる中編集。

前作で探偵業に転身した三郎は、
東京都北区の大地主の竹中家の好意で
その屋敷の一角を間借りし、
主にオフィス蛎殻の下請けで生計を立てている。
その小さな探偵事務所に依頼に来た3件の事件を扱うのが、本書。

「絶対零度」

杉村探偵事務所の10人目の依頼人は、
50代半ばの品の良いご婦人。
一昨年結婚した27歳の娘・優美が、
自殺未遂をして入院したのだが、
夫のガードで1ヵ月以上も面会ができず、
メールも繋がらないのだという。
それまでは頻繁に連絡を取り合った
親密な母娘関係だったというのに。

三郎の調査では、入院先のメンタル・クリニックには、
入院している痕跡がない。
夫が先輩と一緒に遠出をしている様子もある。
調べていくと、その先輩が主宰するホッケークラブで
何か事件があったらしい。
優美は生きているのか、それとも・・・

事件は意外な展開をし、
殺人事件にまで発展する。
その背景として、
大学のスポーツ部OBの人間関係が浮き彫りになり、
そのがんじがらめの関係が事件の要因であったことが分かる。
先輩後輩関係の闇に迫るが、
どうにも後味の悪い内容だ。

絶対零度とは、
ある登場人物の中に芽生えた
復讐の決意に凍りついた、という意味。

「華燭」

三郎は近所に住む小崎さんから、
姪の静香の結婚式に出席してほしいと頼まれる。
小崎さんは妹(静香の母親)と絶縁していて欠席するため、
中学2年生の娘・加奈に付き添ってほしいというのだ。
絶縁の原因は、25年前、
小崎さんの結婚式当日、妹が新郎と共に駆け落ちして、
結婚式が台無しにされたことがあったからだ。
姉と妹は関係を絶っていたが、
たまたま加奈の通った私学の事務職員に静香がいて、
従姉妹同士は知り合いになった関係で、
結婚式に出ることになったのだ。

気楽な付き添いのつもりでホテルに行った三郎だったが、
異様な光景を目にする。
もう一組の別な結婚式で若い花嫁が逃走、
静香の結婚式も新郎側の不祥事で式が取りやめになったのだ。
同じホテルの同じフロアの結婚式が
二つとも中止になるという事態。
その上、三郎は加奈と共に、
もう一つの結婚式の若い花嫁が階段にうずくまって
泣いているのに遭遇する。

これも意外な展開で、
25年前の姉と妹の相剋があぶり出されて来るのだが、
小振りな事件ながら、
血族同士の憎しみのすごさがうかがえる一篇。

「昨日がなければ明日もない」

事務所兼自宅の大家である竹中家の関係で、
29歳の朽田美姫からの相談を受けることになった。
美姫は奔放というよりいい加減な女性で、
16歳で最初の子(女の子)を産み、
別の男性との間に6歳の男の子がいて、
しかも今は、別の彼と一緒に暮らしているという。
縁の切れた男の子が交通事故に遇い、
それを実家の陰謀だとして、
賠償金を請求したいというのだが・・

こういう人間って、いるのかな、
というような歪んだ性格の人物
宮部みゆきの作品には時々出て来るが、
この美姫という女性もその典型。
どこまでも自己中心で、どこまでも身勝手で、
その被害は家族にまで及ぶ。

これも、事件は意外な展開をするが、
後味はすこぶる悪い。
3編すべてに共通するのは、
「ちょっと困った女たち」が登場すると、
帯に書かれているが、
この3本目に登場する女性は
困ったどころか、
社会に存在していてはいけない人物である。

物語に救いがあるのは、
そうした迷惑な女性を取り巻く人々が
ごく常識的で善良な人たちであることだ。
そして、三郎自身の性格の温かさが、
作品全体を貫いていること。

それにしても、
宮部みゆきのストーリーテラーの才能
とどまるところを知らない。

「オール読物」に2017年11月号、
2018年3月号、11月号と、
3篇をそれぞれ一挙掲載。
これだけの作品を一挙掲載するなど、
文藝春秋は懐が深い。


シリーズのこのブログでの紹介は、↓をクリック。

「名もなき毒」

「ペテロの葬列」

「希望荘」





AutoPage最新お知らせ