映画『ビジョン』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

「共謀家族」のブログで紹介したとおり、
この映画はインド映画のリメイク。
元々マラヤーラム語の映画で、
その後、いくつかの言語でリメイク。
同じインドでのヒンディー語版リメイクが、この作品「ビジョン」
原題はオリジナルと同じ「DRISHYAM」。
Netflixで視聴。

クリックすると元のサイズで表示します

ストーリーは、「共謀家族」と同じで、
過って人を殺してしまった妻と娘の罪を隠蔽するため、
映画マニアの父親が犯罪映画から得た知識を生かして
アリバイ工作をする話。

興味がある方のためにインド版と中国版の違いを列挙すると、

○インド版の方が中国版より49分ほど長い
だが、それほど冗長とは感じない。

○父親の職業は中国版がインターネット回線業者なのに対し、
インド版はケーブルテレビ会社
だから、映画を日常的に観る設定。

○ドラ息子の脅迫は、
キャンプで娘のシャワー室での裸体を盗撮されたもの。
娘は犯されてはいない。

○中国版では父親は出張中だが、インド版は夜勤で映画を観ていた。

○埋めるのは墓ではなく、家の庭
その作業は母娘で行い、
父親は後で知ることになる。

○ドラ息子の乗って来た車が黄色いのは同じ。
インド版では「韓国車」と言っている。

○中国版は娘が父親に反抗しているが、インド版ではそれはなし。

○壊れたスマホのSIMカードを他の携帯に入れ、
トラックの荷台に投げ込んで、捜査を攪乱する。

○母親は州警察の監察長官で女性。
中国版より冷酷さが強調されている。

クリックすると元のサイズで表示します

○父親がドラ息子の車を運転しているのを目撃する警官は、
悪徳警官で、地域住民から金を巻き上げている、という設定。
そのことで、父親と確執があり、
だから依怙地になって父親を犯人に仕立てようとする。

○中国版では、家族揃ってムエタイを見に出掛けるが、
インド版は尊師の説教を聞くために出掛ける。
(実際は日にちがずれているので、説教は聞いていない)

○中国版より母娘の動揺が激しい。

クリックすると元のサイズで表示します

○長女は捨て子を拾って養女にしたことになっている。
また、父親が4年で学校を退学していることがしばしば出て来る。
警察長官はそれで見下した態度を取るが、
後で認識を改める。

○中国版は出張先での行動を利用するが、
インド版は家族旅行は数日後なので、それはなし。

○アリバイ工作を見破る過程は、インド版の方がていねい
同時に、父親のアリバイ工作もずっとていねい。

クリックすると元のサイズで表示します

○警察長官の夫は中国版は議員で市長選に立候補しており、
それが後で暴動にあい、
捜査終了の鍵となるが、
インド版での夫はビジネスマン
したがって暴動はなし。

○警察局長の造形は、インド版に軍配。
母親の強さと女の弱さがよく出ている。

○ドラ息子の父母との最後の対決は中国版、インド版共にあるが、
ラストは違う
映画の冒頭が、新しい警部が赴任し、
新築の警察署の建物に入るのだが、
その冒頭はラストのための布石。

○ラストは皮肉に満ちている。

○主人公が語る次のセリフにテーマが集約。
「家族が何より大切なんだ。
家族のためなら、どんなことでもやれる。
そういう瞬間には、善も悪もないんだ」


○父親が観た映画と父親のアリバイ工作との連動は、
中国版、インド版共に生煮え。

タグ: 映画

映画『共謀家族』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

中国映画だが、舞台はタイ。

リー・ウェイジエは幼い日に中国からタイに移ってきた移民の子で、
インターネット回線の個人商店を営んでおり、
妻アユーと高校生の娘ピンピン、幼い娘アンアンの
4人暮らし。
会社では、
日がな一日テレビで映画を観る生活をしていた。
信心深く、温厚で地域の人々に愛されていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ある日、ピンピンがキャンプ先で不良高校生のスーチャットに
睡眠薬を飲まされて暴行され、
その様子をスマートフォンで撮られてしまう。
後日、自宅にやってきて
ネットに動画を上げてほしくなければ言うことを聞けと脅す
スーチャットともみ合いになったピンピンは、
スマホを壊そうとして、誤って彼を殺してしまう。
出張先から帰宅したリーは
死体を裏の墓場に隠し、
犯罪映画を見て得た知識を駆使して隠ぺいを図る。
それは、事件の起こった日には、
家族でムエタイを見に、
近くの町に泊まり掛けで行ったというアリバイ工作だった。

一方、前からリーと確執のあった警官が
スーチャットの車を処理するリーを目撃しており、
それを警察の警察局長(女性というのがミソ)に報告する。
実はスーチャットは、その局長のドラ息子で、
女性の直感からリーを怪しいと睨んだ局長は、
家族全員を拘束し、
別々に供述させ、その矛盾を突こうとするが、
リーたち一家は捜査の先の先まで読み尽くし、
警察の事情聴取に備え、
想定尋問によって家族の共謀は確立されていた。
警察とリー一家の
真実を暴く闘争が始まる・・・

というわけで、
家族を守るリーと
息子の安否をきづかう警察局長との知恵比べ
実に面白い。
アリバイ工作のために、
バスの車掌やホテルの従業員、
食堂のマスター、ムエタイ会場のポップコーン売りに
わざと印象的な行動をしておく。
ATMで金を引き出す映像さえうまく活用する。
局長の方は、リーが映画マニアだと知り、
リーが観ていた映画のリストから
リーの作戦をあぶり出そうとする。
家族の環の一番弱いところをついて白状させた局長が
裏の墓を暴くシーンは実にスリリング。

小説や映画が読者や観客の感情移入を誘うことで成り立つとすれば、
この映画は、観客を一家に対する感情移入に見事成功している。
卑劣なスーチャットの行為から
一家の犯罪に対しては怒りが湧かず、
局長の権力を使ったひどい仕打ちには、
一家の側に立って怒りを覚える。
観客は、一家の秘密が暴かれないように望んでしまう。

事件は一転、民衆の力によって
ある解決が図られるのだが、
着地点はなかなか分からない。
最後まで観客を引っ張る。

ただ、映画マニアで
「映画を1000本も見れば、世界に分からないことなどない」
と豪語するリーが
犯罪映画から得た知識を生かして隠蔽工作をする
というのは、あまりうまく織り込まれていない。
そこが残念。
ただ、「ショーシャンクの空に」に対するリスペクトは心地よい。

中国で興収21週連続でトップ3入りを果たし、
2020年中国年間興収第9位という大ヒットを記録。

クリックすると元のサイズで表示します

父リーを演じるシャオ・ヤンは元々歌手で、
飄々とした演技がなかなかいい。
本作の演技により映画祭で最優秀主演男優賞を受賞。
行方不明となった息子の後を追う警察局長役には
「ラストエンペラー」で皇后を演じた名女優、ジョアン・チェン

クリックすると元のサイズで表示します

この演技がすさまじい。怖い。
                          
マレーシア出身で台湾の大学で映画を学んだサム・クァーの長編初監督作品。
かなりセンスがいい。

実はこの作品、インド映画のリメイクで、
2013年にインドのマラヤ―ラム語映画「Drishyam」がオリジナル。
マラヤーラム語映画とは、インドの映画のうちマラヤーラム語で製作された映画で、
ケーララ州南部に拠点を置く映画産業を指す。
「モリウッド(Mollywood) 」の通称で知られ、
インドにおいて4番目の規模を誇る映画産業。
「Drishyam」は興行収入が5億ルピーを超えた
最初のマラヤーラム語映画となった。

その2年後にヒンディー語でリメイクして再び大ヒットとなったのが「ビジョン」
題名は同じ「Drishyam」。
一説には4言語でリメイクされたという。
インドには吹き替えというのはないのか。
この作品はNetflixで観ることが出来る。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/WdHiOaECRww

新宿バルト9他で上映中。

                                        
タグ: 映画

映画『美に魅せられて』  映画関係

[映画紹介]

映画館に行けない分、
Netflixのお世話になっているが、
当たり外れが激しく、
ここのところ何本も10分見て断念、
ということが続いている。

そんな中、インド映画の数が増えているのはなぜだろう。
インドでも映画館で公開されない分、
Netflixに権利を売る、などということが多いのか。

その中の1本。
名作、というわけではないが、
ちょっとした珍品なので、紹介する。

クリックすると元のサイズで表示します

リシュという男性が自宅でガス漏れ爆破に遭い死亡。
現場には彼の焼け焦げ死体と共に、
ちぎれた左腕が落ちており、
その腕には、妻のラニの名前が入れ墨されていた。
爆破の時、妻は市場からの帰り道で犬に肉を与えていた。

捜査官ミスラは、
妻が愛人と結託して夫を殺したと見込み、
厳しく妻を追究する。

ラニは6ヶ月前に夫リシュとお見合い結婚したところから
話し始める。
物語はラニの回想の形で進むが、
ラニが真実を語っているかは分からない。

ラニはリシュと結婚したものの、
都会育ちで、
田舎ジュワラープルのリシュの実家での暮らしに
不満を持っている。
その上、料理や家事はできず、
姑とは激しく対立する。
夜の夫婦生活も、
初夜に失敗したことを実家に電話で話したことで、
夫婦仲は険悪になる。

このあたりは、嫁姑の関係が描かれ、
音楽から見てもコメディの展開。

リシュのいとこニールが一時期居候していた間に
ラニはニールと肉体関係を持ち、
リシュにばれてしまう。
ニールは都会に逃げ、
リシュは追いかけてドライバーで襲いかかるが、
逆にのされてしまう。
夫の誠実さに気づいたラニはリシュを愛するようになるが、
妻の不貞を許さないリシュは、
階段に石鹸を置いてラニを転ばせたり、
屋上から落とそうとしたりするうち、
二人は激しく愛しあうようになる。
このあたりは、夫婦の愛憎を巡る人間ドラマ

捜査官は、事件当日にニールが家に来ていたことで、
ラニがリシュを殺してニールと逃げるつもりだったと怪しむ。
付近の監視カメラから、
裏口から川に逃げるニールの姿が映っている映像が発見される。
捜査官はラニを嘘発見器にかけるが、
ラニは靴の中に仕込んだ釘を足で踏んで
痛みで心拍数を上げて、発見器に引っかからない。
他の事件が起こり、署長の指導で捜査は強制的に終了する。

5年後、捜査官は異動となり、
その移動の列車の中で、
ラニが好きだったミステリー作家・パンディットの
「カンソーリの怒り」という小説を読んでみる。
すると、事件の真相が見えて来るのだった。

というわけで、
コメディからラブロマンスへ、
そしてミステリーと、
3本の映画
を観た感じ。

1本の映画の中で、
こういう変更を臆面もなくやるところがインド映画らしい。
コメディの時の夫婦のキャラが
人間ドラマになると変化してしまったり、
ミステリーのところは、
いくらなんでもそれは・・・
という展開に唖然とするが、
それもインド映画と思えば許される(?)。
登場人物が観客には共感できない、
というのもインド映画らしい。
やはりインド映画だから、
ところどころ歌で進行する。

ちょっと「ユージュアル・サスペクツ」(1995)を想起する、
と言っては褒めすぎか。

いつものインド映画らしく、
庶民の生活と町の風景が
異文化衝突で楽しめた。

監督はヴィニル・マシュー
妻ラニ役はタープシー・パンヌ
夫リシュ役はヴィクラント・マシー

予告編は↓をクリック。
                                       
https://youtu.be/lt_bDfnXKGM

                                                                                                         
タグ: 映画

映画『トゥモロー・ウォー』  映画関係

夕方の突然の雷雨で、

クリックすると元のサイズで表示します

マンションの前の道が冠水しました。

クリックすると元のサイズで表示します

何年に1回、こういう事態が起こります。

クリックすると元のサイズで表示します

さいわい30分ほどで水は引きました。

クリックすると元のサイズで表示します

大事にならず、まずはよかった。

クリックすると元のサイズで表示します


[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

サッカー試合の最中、その異変は起こる。
光と煙に包まれた中から現れた兵士たちがピッチに降り立つ。
彼らは2051年からやって来たという。
その頃、地球はエイリアン「ホワイトスパイク」に侵略され、
人類は存亡の危機にあった。
そのエイリアンとの戦いのため、
2022年から兵士たちを未来に送ってほしいというのだ。
なにしろ、30年後はエイリアンに食べられて、
世界人口は50万人まで減っている。

世界各国は協力して、
30年後の世界に兵士を送り込み、
各自7日後に自動的に帰還するが、
生存率は30パーセントだった。

元軍人で生物学教師のダン・フォレスターも兵士として徴兵され、
未来に送り込まれて、エイリアンとの戦いにのぞむ。
しかし、ダンはそこである人物に会い、
ある物を託されて帰還する。
と同時に、エイリアンがどうやって出現したかを突き止め、
侵略の大本を阻止するために行動を起こす・・・

と鑑賞のさまたげにならないように、
曖昧な表現にしたが、
詳しくは本作を観て、驚いてほしい。

兵士には左腕に着脱不能の装置がほどこされ、
7日後にその装置で生存が確認された者だけ帰還出来る。
その帰還率が悪いので反戦運動も起こる。
(反戦運動しても意味はないのだが)
兵士たちは2グループに分けられるが、
ダンたちのグループは40歳以上の者だけ。
それは、30年後の世界では既に亡くなっている可能性が高く、
同一体が遭遇する危険を逃れるためだ。
ダンが徴兵された時、
7年後に亡くなることが確認されたりしている。
ダンは妻子を連れて逃げ出そうとするが、阻止される。
また、ダンは30年後に会った人物により、
自分が妻子を捨てて離婚している事実などを知らされる。
ダンの父親も妻子を捨てた人物だが、
彼の仕事が最後に重要な意味を持ってくる。
エイリアンの体の一部の構造解析により、
火山活動によって、灰が飛来した痕跡が判明する。
というのも、ダンの生徒の一人が火山オタクで分かる。
地球温暖化がエイリアン出現の助けの原因になった、
というのはなにやら現代の課題を匂わせる。

クリックすると元のサイズで表示します

などと、細部にいろいろ工夫をこらしてはいるものの、
まあ、いずれにせよ、ご都合主義の産物。
たとえば、ダンが帰還した直後、
タイムスリップの装置が壊れ、
未来との通信が不可になる、
などは、その典型。
ダンが持ち帰ったモノを大量生産して、
未来に送り込むことが出来なくなってしまう。
だから、ダンたちは他の方法を考えざるを得なくなる。

こういう種類の映画では、
ご都合主義を除いたら成り立たなくなるので、
そこは我慢。

クリックすると元のサイズで表示します

30年後の世界から人が送られて来て、
未来に兵隊を送ってくれと依頼する、
という基本構造は新鮮
未来に入ると、
そのエイリアンが登場するわけだが、
その造形がユニーク
見たことのない形をしている。
そして素早い。
ところどころ「エイリアン」(1979)の影響が感じられる。

山場は何回も現れ、
あれよあれよと新たな展開になり、
目が離せない。
映画3本を観たような充実感
そういう意味で、タイムスリップを加えた
SFモノとしては成功していると言える。
とにかく、面白い。

エイリアンの造形も見事で、
「スターシップ・トゥルゥパーズ」(1997)から、よくここまで進化した。

ダン・フォレスターを演ずるのは、クリス・プラット

クリックすると元のサイズで表示します

父親役はJ・K・シモンズ
監督はクリス・マッケイ

もともと、この映画は劇場公開用に製作されており、
2020年12月25日に公開される予定だったが、
新型コロナの大流行により断念、
権利はAmazon Primeに売却され、
この7月2日に240を越える国と地域でデジタル配信された。

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/KNVmMRD-2Zs

タグ: 映画

映画『Mr.ノーバディ』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

ハッチ・マンセルは、
ある金型工場の役員で、
毎週、同じ日々をくり返す平凡な男。
妻と息子娘の4人家族で、
郊外の一戸建てに住んでいる。
職場にはバスで通う。
冒頭、月曜から金曜までの
ハッチの変わり映えしない日々が心地よいテンポで描かれる。

ある夜、男女の泥棒がハッチの家に侵入した。
ハッチは反撃しようとするが、
あることに気づいて、身を引いてしまう。
そのため息子には失望され、隣家の男には馬鹿にされる。
しかし、娘の猫のブレスレットがなくなったことに気づき、
泥棒が持っていたと思ったハッチは、
泥棒の家を突き止めるが、
夫婦の家に赤ん坊がいるのに気づくと、
腕時計だけ取り戻して、またも身を引いてしまう。
基本的にやさしい男なのだ。

ハッチはバスに乗って帰宅しようとするが、
傍若無人の若者たちがバスに乗り込んできて、
若い女性を含む他の乗客に嫌がらせを始めた。
義憤にかられたハッチは、
若者たちをのしてしまう。

しかし、その若者の一人にロシアン・マフィアの
ユリアン・クズネツォフの弟がいたことから、
ハッチは、ユリアンたちの攻撃にさらされるようになる。
家族を守るために、
ハッチは本性を現し、闘いを開始する。

クリックすると元のサイズで表示します

ごく平凡な暮らしをしている男が、
実は秘密の過去を抱えており、
あることをきっかけに
その過去の正体が蘇る、
というのは、よくある展開だが、
本作は、その定番を心地よく見せる。
娘のブレスレットを取り戻すために
驚異の捜査力で泥棒を突き止めるあたりから、
あれ、この男の過去は、
と思わせておいて、
若者たちとのバス内での乱闘で、
えっ、こんな能力をかくしていたのか、
さては前身は、
と少しずつ正体を明かしていく展開は上手い。
ごく普通の頼りない父と思われていただけに、
落差が大きいのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

家を襲撃されたハッチが敵を撃退し、
証拠を残さない措置をするところなど瞠目する。
そして、ロシアン・マフィアとの闘いにおいては、
ある人物が助力をして、とうまい展開。
彼が前職を捨てて、
普通の生活をしたいと思う動機も納得できる。
敵の所蔵する絵画を焼き尽くしながらも、
ゴッホの名画だけ救い出すなど、
教養も備えていることが分かる。

ハッチをボブ・オデンカークが演じて、なかなかいい。

クリックすると元のサイズで表示します

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクリストファー・ロイドが
父親役で登場し、いい味を見せる。

クリックすると元のサイズで表示します

脚本は「ジョン・ウィック」シリーズなどのデレク・コルスタッド
監督は「ハードコア」などのイリヤ・ナイシュラー

随所に歌が流れるが、
その選曲のセンスが抜群

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/1dLuJ52kwBo


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ