冒頭記事・旅行記インデックス  旅行関係

旅行記のインデックスは、↓こちら。(2012年6月以降のもののみ)

ヨーロッパ編
アメリカ編
アジア編
アフリカ・中東・南米編
日本編


GO TO トラベルC 浜松  旅行関係

浜松駅

クリックすると元のサイズで表示します

掛川では、町に人通りがなく、
地方都市然としていましたが、
浜松は人も車も多く、都会だと感じます。
掛川市11万4千人(浦安市17万人より少ない)、
浜松市78万9千人。

クリックすると元のサイズで表示します

浜松といえば、うなぎ
この店に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

三島の方がおいしかったかな。

クリックすると元のサイズで表示します

本当はここで地域共通クーポンを使うつもりでしたが、
使えず。
1万4千円分をどうやって使いきりましょうか。

その後、この店に寄って、

クリックすると元のサイズで表示します

カーシェアリングの車を調達。

クリックすると元のサイズで表示します

ニッサンです。

クリックすると元のサイズで表示します

偉大な発明、日本が開発したカーナビの誘導で浜名湖に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

カーナビがない時代は、
しばしば停車して地図と首っ引きだったのですから、
便利な時代になったものです。

50分ほどで浜名湖に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

市営の動物園です。

クリックすると元のサイズで表示します

かなり広い敷地。

クリックすると元のサイズで表示します

ここはサル山。

クリックすると元のサイズで表示します

霊長類の展示では、国内最大級で、
67種970匹は、
日本モンキーセンターに次ぐ規模。

クリックすると元のサイズで表示します

猛獣は寝ているのが多い。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

象はお尻しか見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

カピバラは不思議な顔をしています。

クリックすると元のサイズで表示します

ミアキャットは背比べ。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマアラシはひこすら穴を掘ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ペンギンたち。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

泳いでるのもいます。

クリックすると元のサイズで表示します

動物園に来たのなど、40年ぶりくらいでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

次は遊覧船

クリックすると元のサイズで表示します

これがその船。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、奥浜名には、
35年ほど前、一泊していますね。

クリックすると元のサイズで表示します

わたしたち一家は、甲板へ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、ロープウェイ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

後で乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

この橋は、

クリックすると元のサイズで表示します

東名高速道路の橋。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

くぐります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

浜名湖は、面積としては日本で10番目の大きさ。
もとは砂州によって海と隔て淡水湖でしたが、
1498年の大地震と高潮により、
砂州が決壊し外海と通じ、
汽水湖(海水と淡水が入り交じっている湖)となりました。
汽水湖には海水と淡水の栄養素が集まるため、
魚などの生物が非常に豊富です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

30分のクルーズ。
70分コースは運行していません。

クリックすると元のサイズで表示します

次はかんざんじロープウェイ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

目指すは大草山。

クリックすると元のサイズで表示します

全長423m、標高差113m。
「日本初の湖上ロープウェイ」だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、下りのケイジと交差します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大草山に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかの眺め。

クリックすると元のサイズで表示します

先ほどの遊覧船が行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1時間ごとに鐘がメロディを奏でます。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は、館山寺

クリックすると元のサイズで表示します

愛宕神社と同居。

クリックすると元のサイズで表示します

曹同宗のお寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

平安時代・弘仁元年(810年)開創というから、相当古い。

クリックすると元のサイズで表示します

開祖は弘法大師。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは神社。

クリックすると元のサイズで表示します

遅かったので、菩薩像には行きませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

愛宕神社の階段を降ります。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街は、人影はありません。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に夕日が、このように。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

再びカーナビに導かれて、浜松駅に。

浜松といえば、
宇都宮と餃子で競う町。
本当は、この店で、

クリックすると元のサイズで表示します

この餃子を食べたかったのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

地域共通クーポンが使えないので、
仕方なく、隣の寿司屋で、この小さい餃子に。

クリックすると元のサイズで表示します

7千円分のクーポンを使わなければなりません。
で、この鉄火丼や

クリックすると元のサイズで表示します

厚切りタンや

クリックすると元のサイズで表示します

ウニ他を注文。

クリックすると元のサイズで表示します

タッチパネルに金額が出るので、
7千円を越えるように調整しました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、再び新幹線

クリックすると元のサイズで表示します

こだまで帰京。

クリックすると元のサイズで表示します

旅行は1年1カ月ぶり
コロナのせいで、
こうなりました。
どうやら、今年は海外も行けそうもありません。
35年続いた海外旅行歴も途絶えそうです。


GO TO トラベルB 葛城北の丸・その2  旅行関係

さわやかに朝が来て、

クリックすると元のサイズで表示します

朝の露天風呂は最高。
結局、3つのお風呂を全て制覇。

またも長い廊下を通って、

クリックすると元のサイズで表示します

朝のレストランへ。

クリックすると元のサイズで表示します

広い庭が見渡せます。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は通常はビュッフェですが、
今のご時世なので、
このような三段重ねの容器に入った、

クリックすると元のサイズで表示します

和食の定食。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の朝ご飯で、おいしくて、
三杯もお代わりしてしまいました。

おや、これは?

クリックすると元のサイズで表示します

スウェーデン製の芝刈り機

クリックすると元のサイズで表示します

センサーが付いていて、
庭の端で反転します。
夜中もライトをつけて働いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食の後は、バスの出発まで、庭を探検

クリックすると元のサイズで表示します

これは貸し傘。

クリックすると元のサイズで表示します

情緒ある番傘もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

広大な庭を散策。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

正面の建物が、朝食をいただいたレストラン。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

プールもあります。(夏限定)

クリックすると元のサイズで表示します

更に奥に行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな標識が。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら今はそうではありませんが、
花の季節には、花が咲き乱れます。

クリックすると元のサイズで表示します

下って行くと、

クリックすると元のサイズで表示します

吊り橋があります。

クリックすると元のサイズで表示します

かなり揺れます。

クリックすると元のサイズで表示します

橋の中央の景観。

クリックすると元のサイズで表示します

「むささび橋」というのだそうですが、
読めませんし、書けません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

定員は10名。

クリックすると元のサイズで表示します

このあたりは、「花木園」と名前がついているくらいですから、

クリックすると元のサイズで表示します

春には、つつじが咲き乱れるのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


この離れは、

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマハの中興の祖の実家を移築した迎賓館。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

元の庭に戻って、
これが私たち一家が泊まった部屋を庭から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、昨夜のオーディオルームの建物。

クリックすると元のサイズで表示します

これも、古民家を移築したものです。

クリックすると元のサイズで表示します

バスの出発時間になり、この高級ホテルともお別れ。

クリックすると元のサイズで表示します

何だか天上から下界に降りて来たような心持ち。
それだけ素晴らしい非日常の空間でした。

掛川駅に戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

東海道線に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

乗るのは何年ぶりか。

クリックすると元のサイズで表示します

車中の様子。

クリックすると元のサイズで表示します

浜松に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します



GO TO トラベルA 葛城北の丸・その1  旅行関係

これが、ホテルの送迎バス。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

市街地からやがて山道に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

35分でホテル正面に。

クリックすると元のサイズで表示します

葛城北の丸(かつらぎ・きたのまる)。

クリックすると元のサイズで表示します

門をくぐると、

クリックすると元のサイズで表示します

中はこのようになっており、

クリックすると元のサイズで表示します

木の向こうに、

クリックすると元のサイズで表示します

本陣のような入り口が。

クリックすると元のサイズで表示します

横から見たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

体温測定。

クリックすると元のサイズで表示します

マスクをしていないと、ちゃんと認識します。

クリックすると元のサイズで表示します

スリッパに履き代えます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここがロビー。

クリックすると元のサイズで表示します

ピアノがあります。
実は、このホテル、ヤマハグループです。

クリックすると元のサイズで表示します

庭が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

全体図。

クリックすると元のサイズで表示します

平面図。

クリックすると元のサイズで表示します

建物は、歴史ある古民家を移築したもの。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマハが音・音楽で培った「感性」と「文化」が宿り
四季折々の自然と土地の文化体験を愉しめる日本の美しい宿。

クリックすると元のサイズで表示します

このホテルを所望したのは、娘で、
「ファンタジー・オン・アイス」が
近隣で公演された際、
羽生結弦選手らが
貸し切りで投宿した宿。

クリックすると元のサイズで表示します

高くて手が出ませんでしたが、
GO TO トラベルキャンペーンの恩恵で泊まることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

私たちが泊まった部屋は、
夕食・朝食付きで9万4500円。
それが30パーセント引きで6万1425円に。
更に2日間だけ使える地域共通クーポンが1万4千円ついて、

クリックすると元のサイズで表示します

実質4万7425円。
つまり、半額です。
(一人1万6千円)

こうした展示物を横目に、

クリックすると元のサイズで表示します

階段を上ったり、下りたりして、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

庭を見たりしながら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一番奥まったところにある
「萩殿」という、和室エリアに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

北陸の豪雪に耐えてきた古民家を解体し、移築したもの。

クリックすると元のサイズで表示します

歳月を経た古木のたくましさとあたたかさを生かした骨太の梁や柱。
銘木を用いてしつらえられた繊細な内装や調度品。
この二つが懐かしくも新しい和の空間を生みだしています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

5室あり、
真ん中が共用スペースで、囲炉裏があります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが私たち一家の部屋。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

春には窓から花が見え、
なかなか取れない部屋だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

洗面所と

クリックすると元のサイズで表示します

バスルーム。

クリックすると元のサイズで表示します

アメニティはロキシタン。
娘のテンションが上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーは、あっという間に抽出されます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

冷蔵庫の中のビール、ワイン、ソフトドリンク、
ミネラルウォーターは無料。

クリックすると元のサイズで表示します

ブルネイのエンパイアホテル並。

なお、他の4室はお客がおらず、
萩殿全体が、私たち貸し切りでした。

他の和室。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、洋室は、こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は3つあり、
昼夜で男女交代。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2つは露天風呂で、1つはミストサウナ付き。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

嬉しいのは、タオルが備わっていることで、
部屋のタオルを持って行く必要がありません。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、着替えなどを入れる袋。
何から何まで至れり尽くせり。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は時間指定で、この雰囲気のあるレストランで。

クリックすると元のサイズで表示します

マスクを入れる袋。
初めて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の献立。

クリックすると元のサイズで表示します

前菜 旬菜取り合わせ と
お造り盛り合わせ

クリックすると元のサイズで表示します

温菜 赤烏賊の網焼き
椀物 海老真薯と蕪の清汁仕立て

クリックすると元のサイズで表示します

焼物 旬魚(カマス)と帆立貝の柚庵焼き

クリックすると元のサイズで表示します

馳走 食通の静岡牛“葵”フィレ肉の網焼き秋の味覚添え

クリックすると元のサイズで表示します

食事 落花生と薩摩芋の炊き込み御飯
味噌汁香の物

クリックすると元のサイズで表示します

甘味 栗のヴィシュ、無花果のコンポート 季節の氷菓
珈琲・紅茶

クリックすると元のサイズで表示します

料理代16,500円が宿泊費に込みですから安い。
どの料理も真心がこもっており、
無上の美味しさ。
その上、食器が素晴らしい。
堪能しました。

更に、食後の楽しみは、
一番奥にある建物「梅殿」に。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、素晴らしいオーディオセットがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

持ち込んだCDを自由に鳴らすことが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

家では不可能な大音声で鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

設置機材は、もちろんYAMAHA製で、
スピーカー NS-5000
プリアンプ C-5000
パワーアンプ M-5000
CDプレーヤー CD-S3000
レコードプレーヤー GT-2000L 

クリックすると元のサイズで表示します

ワーグナーやモーツァルト、
山口百恵や「KA」の音楽、
それに、羽生選手のスケートの曲、キム・ジュンスなどを聴きました。

クリックすると元のサイズで表示します

これもまた、至上の体験でした。


GO TO トラベル@ 掛川  旅行関係

2日ブログを休んでしまいましたが、
その間、何をしていたかというと、
GO TO トラベルキャンペーンを利用して、
旅行していたのです。

GO TO トラベルで予約したのは、
↓の超高級ホテル、葛城(かつらぎ)北の丸

クリックすると元のサイズで表示します

最寄りの駅は、掛川駅なので、新幹線で西へ。

クリックすると元のサイズで表示します

3分の1ほどの席が埋まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

例のごとく、我が家のテーブルの上は、飲み物、食べ物で一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら、富士山には雲がかかっています。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間39分で、掛川に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

北口に出て、タクシーで、

クリックすると元のサイズで表示します

予約した料亭・江戸菊へ。

クリックすると元のサイズで表示します

中はこんなで、

クリックすると元のサイズで表示します

木を残して料亭を建てたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

奥は意外と広い。

クリックすると元のサイズで表示します

私たちの個室は、向かい合わせが
ビニールで遮断されています。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチを予約していました。

クリックすると元のサイズで表示します

栗は焼いたのが一番美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

出て来る料理が、手がこんで、ことごとく美味。
食器も素敵。

クリックすると元のサイズで表示します

小鉢が三種類出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートは、いちじくや巨峰、シャインマスカットをゼリーで。

クリックすると元のサイズで表示します

全部美味しく、東京でも通用する味でした。

通り道にあった、この店に寄ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

道の駅風のお店です。

クリックすると元のサイズで表示します

掛川は、月曜休みのお店が多い。
どういうことでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩で、掛川城を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

この天守閣、どこからも絵になります。

クリックすると元のサイズで表示します

まず二の丸御殿へ。

クリックすると元のサイズで表示します

かなり広いです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここからの天守閣も素敵。

クリックすると元のサイズで表示します

掛川城の歴史は古く、
室町時代中期の文明(1469〜1487)に築城したと伝えられています。

クリックすると元のサイズで表示します

今の城の東500mほどのところに建てられた古城は、
やがて16世紀初頭に現在の位置に移されました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

二の丸御殿は1854年に地震で倒壊、
1861年に再建。

クリックすると元のサイズで表示します

1980年に国の重要文化財に指定されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

それでは、天守閣へ。

クリックすると元のサイズで表示します

この階段を登ります。

クリックすると元のサイズで表示します

二度の地震で倒壊後、再建されていなかった天守閣は、
1994年(平成4年)再建。

クリックすると元のサイズで表示します

日本初の木造復元天守

クリックすると元のサイズで表示します

高さ16.18メートル。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

急な階段をよじ登ります。

クリックすると元のサイズで表示します

カミさんは、下で待っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

更に上へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが最上階。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

窓から見下ろすと。、

クリックすると元のサイズで表示します

掛川の町がこんな風に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先程の二の丸御殿も見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

戦の時の石落とし。

クリックすると元のサイズで表示します

修復作業の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな資料も。

クリックすると元のサイズで表示します

織田信長170p、62s、
豊臣秀吉150p、50s、
徳川家康160p、80s。

どうやって調べたんでしょうね。

上から見たところ。
右側にあるのは、霧噴きの井戸。
井戸が城内にあるのは、強い。

クリックすると元のサイズで表示します

下にある広場。

クリックすると元のサイズで表示します

花が満載。

クリックすると元のサイズで表示します

この花は、我が家のベランダ菜園でも咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

掛川城、なかなかのものでした。

クリックすると元のサイズで表示します

駅南口に移動して、ホテルへの送迎バスを待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ、葛城北の丸へ。






AutoPage最新お知らせ