葵かを里さんで演歌漬け  

受け入れ幅の広い事務局長ですが、
ハードロックと現代音楽はダメ。
演歌は「ど演歌」以外は守備範囲に入っています。

で、今日は演歌漬け
事務所を来訪した葵かを里さんから
ディナーショーとコンサートのDVDをいただいたからです。

クリックすると元のサイズで表示します


チケットもそうですが、
いただくと、律儀に観てしまうのが事務局長。

クリックすると元のサイズで表示します

それで、マッサージ機に座って
肩や腰をほぐしながら、
かを里演歌の世界に浸りました。

プロに対してそう言うのは失礼ですが、
本当にこの人はうまい。
特に、下のようなカバー曲を聞くと、よくわかります。

クリックすると元のサイズで表示します

コンサートの方では
「雪椿」「夫婦坂」「悲しい酒」
「舟歌」「津軽海峡冬景色」「空港」「汽笛」
などを歌った後、
雰囲気を変えて、
「コーヒールンバ」「亜麻色の髪の乙女」「秋桜(コスモス)」
もカバーしていますが、
どの歌手が歌った歌も全て葵演歌に変換
やはりプロの根性です。

今回はずっと習ってきた日本舞踊の成果を活かして、
藤娘に挑戦。
これは大変だったでしょう。
歌舞伎でも大御所やスターがやるものですし、
第一、長い。
これも葵かを里舞踊に変換。
可愛らしさを生かしたものになっていました。

1月6日の新年賀詞懇親会では、
どんな歌声を聞かせてくれるか、楽しみです。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ